カナダ国籍の取得方法
以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。

申請方法

このページでは

申請用パッケージの入手

申請用パッケージはインストラクションガイドと記載用の全ての書類が含まれています。インストラクションガイドと書類チェックリストを使用して書類の漏れがないように確認すること。

あなたの状況により申請パッケージを選べる:

2017年10月以降の申請書を使用することを確認すること。バージョンの日付はフォームの左下の角に記載があります。例、“CIT 0002 (01-2019)” この場合の日付は2019年の1月となります。フォームの郵送とサインの日付はバージョンの日付と無関ありません。

もし旧式のフォームで申請書を提出した場合には(2017年より以前のもの)返送して最新のバージョンでの再度の申請を求めます。

もし承認されたフォーム(201710月以降のもの)で申請後、完成されていなく返送された場合には足りない情報または書類を同じフォームを使って申請すること。最新のフォームを使って再提出する必要はない

申請料の支払い

申請料は成人(18歳以上)または未成年(18歳未満)かで変わる。料金に含まれているもの:

  • プロセス料
  • 市民権の権利料

もし同時期に一つ以上の申請書を提出する場合には、申請料は合わせて支払うことが可能。

料金はオンラインにて支払う必要がある。申請書提出の用意ができた時点での支払いが可能。申請書に料金支払いのレシートを含めることを確認すること。

どの料金の支払いが必要か確認.

申請書の提出

申請書にサインをする日付またはそれより早い段階に市民権を申請するのに資格が必要である。

全ての書類チェックリストと共に完成された申請書を郵送または宅急便にて送る。

一つ以上の申請を送る場合

もし一人以上、そして同時のプロセスを希望の場合には全てのフォームと書類を同じ封筒に入れて申請すること。もし一つの申請書に何等かの問題点があった場合でも残りのプロセスを続けて行う。.If別の封筒で送られた申請書は、それぞれでプロセスを行う。

通常郵送での宛先

Case Processing Centre—Sydney

Citizenship Grants

P.O. Box 7000

Sydney, Nova Scotia  B1P 6V6

Canada

宅急便での宛先

Case Processing Centre—Sydney

Citizenship Grants

47–49 Dorchester Street

Sydney, Nova Scotia  B1P 5Z2

緊急での市民権申請

プロセスタイムは市民権申請のプロセスの期間が示される。特別なケースは早くプロセスが行われる。 

緊急での申請方法

申請後

このページでは、

プロセス期間

12か月

プロセス期間は申請書受け取りから判断までに通常どのくらいかかるかの期間である。

プロセスについて

申請書のプロセス

市民権申請書を受け取った時点で、以下を審査、確認する:

  • 申請書の全ての質問に答えているか
  • 全ての必要書類を送っているか
  • 申請料金が支払われているか

完了しているのであれば、承認のレシート(AOR)を送る。受け取った場合には申請書はプロセスの準備が出来ていることとなる。クライアントを識別する(UCI)がAOR レターに記載されている。

申請書に不足な情報があった場合には書類、または申請料レシートと申請自体を受け付けず返送される。不足情報を補足することができた段階で改めて申請をすること。

申請書提出後にカナダを離れる場合

以下の条件を満たせば申請書の受け取りを確認後にカナダを離れることが可能:

  • 永住権(PR) のステータスを保持している
  • 申請書提出後でレター、宅急便、またはEメールが受け取れること
  • レターまたはEメールへの返信が特定の期間可能であること 通常30日以内
  • カナダでの市民権テスト18歳から54歳の間の場合)、面接、式典に本人が参加できること

継続して2週間以上カナダを離れる場合には通知すること 

 必要な場合の指紋提出方法

市民権のために指紋提出要請があった場合には指紋採取の為の全ての費用を負担する必要がある。

指紋は電子仕様にて取る必要がある。以下で手配が可能

  • 地域の警察署
  • カナダ連邦警察(RCMP)
  • RCMP 認定指紋機関

RCMP 認定指紋機関はオンラインにて探すことが可能。 指紋採取機関がRCMP認定レターの提供が可能かを確認すること。

指紋認定機関の提供するサービスについて

申請ステータスのチェック

申請書がどの段階であるかオンラインにてチェックできる。

サイトに記載されているものより長く申請期間がかかるものもある。例えば、not routineのケースの場合にはさらなる情報または他の書類の提出で連絡をすることがある。

申請ステータスのチェック

連絡の時期

申請書のプロセス中に以下の項目での変更がある場合には連絡すること:

プライバシー法により、書面での同意書がない限り申請書の情報は他者に渡すことは出来ない。例、もし英語またはフランス語でのコミュニケーションが難しい場合に家族が連絡出来るがあなたの同意が必要である。

C問い合わせ

市民権テスト、面接、審問

資格があり、申請書のサイン時に18歳から54歳までの間であれば市民権テストの招待を受ける。承認のレシート郵送後、数週間以内に市民権テスト受験の招待を受ける テストは通常招待の通知を受け取ってから4週間以内に受けること。

テストを受けた後に市民権オフィサーとの面接がある。 テストと面接は通常同じ日に行われる。

テストを受けない成人(54歳以上)はインタビューの招待を受ける。通常未成年(18歳以下)で両親と共に申請した者はインタビューを受ける必要はない。14歳から17歳の未成年で単独での申請者はインタビューの招待を受ける。

1度目でテストに受からない場合は、2度目のテストを受ける。2度目のテストは1度目から4から8週間後となる。ただしそれより長くなる可能性もある。

もし2度目のテストに受からなかった場合には、市民権オフィサーとの審問を予定する。 審問は口頭でのテストとなる。

決定

市民権オフィサーはテスト、面接、審問後に決断する。決断した場合には申請書のステータスを”決断完了”に変更する。これは申請書が承認されたか拒否されたかを意味する。

申請書が承認された場合には、必要条件を満たしカナダ市民への最終段階へ移動可能。宣誓をすること。市民権宣誓セレモニーの招待が送られる。emailアドレスがあればemailにて、emailアドレスがない場合にはレターにて連絡する。宣誓をするためには全ての必要条件を満たすことが必要である。状況が変わり、条件が満たされなくなった場合には決断は変更となる。

市民権申請が拒否された場合、市民権の条件を満たさない場合はレジスターメールにて理由説明のレターが送られる。

市民権宣誓

市民権セレモニーで宣誓することはカナダ市民になる為の最終ステップとなる。セレモニーは通常申請書の決断完了後3か月以内に行われる。セレモニー招待状はおよそ4週間に送られてくる。

宣誓までに条件を満たしていること

宣誓をするためには全ての必要条件を満たしていることが必要である。状況が変わり、条件が満たされなくなった場合には決断は変更となる。以下の場合などで:

  • 永住権(PR)ステータスを紛失した場合
  • カナダのオフィサーにより国外退去を言い渡された場合

編集日:2019-04-16 by IRCC

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

カナダ国籍の取得方法

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next