カナダで眼鏡士になるには?需要が高いって本当?

眼鏡士は、眼鏡、コンタクト、その他の目にかかわる技術など、適切なに目のケアをするのを手助けします。カナダで眼鏡士になるためには、2つの方法があります:カナダで眼鏡に関する勉強をするか、または母国での教育と経験をカナダの州と照らし合わせ判断します。どちらでも、カナダで充実したキャリアにつながる可能性があります。

方法1 – カナダで眼鏡士の教育を受ける

おススメプログラム – ダグラスカレッジ・調剤眼鏡科

ダグラスカレッジ は、国内および海外の学生のために、調剤眼鏡に関する2年間のプログラムを提供しています。インターンシップを含む2年間のディプロマコースは、眼鏡、コンタクトレンズ、コンピュータ検眼技術を含む現代の光学業界のすべての分野を含んでいます。この知識は、教室での指導とカレッジのビジョンセンターでの臨床経験の両方を介して取得され、センターでは、学生は患者と対話しながら、技術的なスキルだけでなく、対人スキルの両方を取得します。そのほかにもプログラム内で、職場でのコンタクトレンズと光学技術、調剤眼鏡ラボスキル、および対人スキルの理論も含まれています。

卒業した学生は、卒業後に3年間の就労ビザを申請し、光学業界のプロになるために、登録眼鏡士のライセンス試験に参加することができます。卒業生の多くは、卒業後3ヶ月以内に採用され、光学業界の雇用者から常に歓迎されています。

カナダで眼鏡士の資格を取得 – 光学科学国家試験に合格

眼鏡士プログラムを卒業した後、学生はNACOR光学科学国家試験に合格しなければなりません。 この試験は、ケベック州を除くすべての州の検眼士に必要ですが、ケベック州には代替試験があります。学生がケベック州で眼鏡技師としてのキャリアを追求することを選択する場合は、規制機関に相談する必要があります。

試験が終了すると、州の規制機関(眼鏡士のカレッジ)から資格が付与され、州の法律の完全な範囲で働くことができます。学生はさらに、コンタクトレンズフィッティングの資格を勉強することができ、二重で資格を得ることができます。

方法2 – 母国の資格をカナダで評価してもらう

カナダ眼鏡協会は、カナダの眼鏡士の国家規制機関です。各州には各州ごとに異なる制度と規制があり、外国で研修を受けた眼鏡士の免許を管理しています。外国で訓練を受けた検眼士は、各州の特定の規制機関に相談することをお勧めします。

例えば、ブリティッシュコロンビア州眼鏡士カレッジには、外国人研修を受けた眼鏡士を評価するための特別なシステムがあります。認定されていないプログラムを履修した外国人の申請者または卒業生は、事前学習評価および認定プロセスを通じてライセンス承認を申請しなければなりません。承認のためのプロセスには、申請者の知識、技能、経験、能力の評価が含まれます。その後、申請者は、コンピテンシーギャップ分析を行い、登録している各指定のケースベースの面接を行います。

他の州や準州では評価の方法が異なります。

カナダ全土での眼鏡士のキャリア展望

カナダ政府の発表によると、2019年から2028年の間、カナダの眼鏡士の需要は高いと予想されており、新規求人数は5600人、眼鏡士の新卒者数は4900人と予想されています。カナダ政府が引用したように、需要はアルバータ州、ブリティッシュコロンビア州、ノバスコシア州、ケベック州、サスカチュワン州で最も高く、マニトバ州、ニューブランズウィック州、オンタリオ州では公平であると予想されています。残りの州では、カナダ政府によると、需要は未定のままです。

眼鏡士の給与は州ごとに異なりますが、カナダ政府によると、カナダ全土の給与の平均は1時間あたり24.00ドルです。 

カナダで眼鏡士になるには、カナダで認定された眼鏡プログラムを修了するか、または外国での資格をカナダの眼鏡規制当局によって評価させることによって達成することができます。どちらの方法でも、留学生やカナダへの新たな移民は、カナダの眼鏡店での充実したキャリアにつなげることができます。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

カナダで眼鏡士になるには?需要が高いって本当?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください