プラスチック製品の利用が禁止されている地域がカナダにはある?

環境問題に対して積極的に様々な取り組みをしているカナダでは、プラスチックごみももちろん問題になっています。どのような対策を行っているのでしょうか?

2020年10月に発表された方針

プラスチックは川や湖、海を汚染し、野生生物に害を与え、私たちが使ったり飲んだりする水にマイクロプラスチックを発生させています。毎年、カナダ人は300万トンのプラスチックごみを捨てていますが、そのうち9%しかリサイクルされていません。つまり、プラスチックの大部分は埋め立てられ、約29,000トンが自然環境に紛れ込んでいるのです。カナダの人々は、政府が環境を保護し、国中のプラスチック汚染を減らすために行動を起こすことを期待しています。

環境気候変動大臣であるジョナサン・ウィルキンソン閣下は、2030年までにプラスチック廃棄物をゼロにするというカナダ政府の計画を発表しました。この計画は、野生生物と水域を保護し、温室効果ガスの排出を削減し、雇用を創出するものです。

この計画の重要な部分は、有害な使い捨てプラスチック製品を禁止することです。これらの製品は、環境中に存在し、しばしばリサイクルされず、容易に入手できる代替品があります。これらの基準に基づき、政府が禁止を提案しているのは、リサイクルが困難なプラスチック製のレジ袋、ストロー、マドラー、6本パックリング、家庭用刃物類、食品用食器の6品目です。

出典:カナダ政府

実際に禁止している/禁止予定の地域例

ブリティッシュコロンビア州サレー市

2021年10月19日より、ブリティッシュコロンビア州サレー市では、レジ袋や使い捨てプラスチックの利用を禁止しています。規則は以下の通りです

  • プラスチック製レジ袋の利用禁止(堆肥化可能なもの、生分解性のものを含む)
  • 紙製レジ袋1枚につき0.25ドル、再利用可能なレジ袋1枚につき2.00ドルの料金
  • 発泡ポリスチレン製のカップ、テイクアウト容器、皿、ボウルの使用を禁止

出典:サレー市政府

ブリティッシュコロンビア州リッチモンド市

リッチモンドの規則は、2022年3月27日に施行予定です。内容は以下の通りです:

  • プラスチック製レジ袋(生分解性および堆肥化可能なプラスチックを含む)
  • プラスチック製ストロー(生分解性および堆肥化可能なプラスチックを含む)
  • 調理済み食品用の発泡性フードサービスウェア(発泡皿、クラムシェル容器、ボウル、カップなど)

出典:リッチモンド市政府

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

プラスチック製品の利用が禁止されている地域がカナダにはある?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください