インターンやCo-opとは?違いは?留学生もできる?

留学中のインターンシップやCo-op以上にカナダでの仕事経験を積める方法はないでしょう。インターンシップとは何でしょうか?どんな準備が必要なのでしょうか?

インターンシップとは?

意外かもしれませんが、インターンシップはCo-opプログラムとは異なります。多くの学生や新卒者が、特に夏場にインターンシップの機会を探します。インターンシップの機会はほとんどが短期で、数ヶ月から1年ほどです。また、雇用主によってもスタイルが異なることがあります。インターンシップには、フルタイムまたはパートタイム、有給または無給のものがあります。どのような種類のインターンシップにしても、期間中の経験はとても貴重なものになります。多くの人、特に学生は、履歴書の内容を膨らますためにインターンシップを行います。

Co-opとは?

Co-opとは、Cooperative Educationの略です。インターンシップとは異なり、Co-opは学校と提携して行われます。基本的に、常にフルタイムで、給料も支払われます。インターンシップは通常、夏に行われますが、Co-opは学年中いつでも行うことができ、通常は学期が始まった時点で開始されます。プログラムによっては、卒業するために、Co-opを完了することが必要な場合もあります。Co-opは、プロとしての経験を積み、雇用者とつながるための素晴らしい方法でもあります。

留学生はCo-opやインターンを行うことができるのでしょうか?

留学生がCo-opやインターンを行うことは可能ですが、Co-opやインターンビザが必要です。

Co-opやインターンがあるプログラムについてや、ビザ等に関してはお問い合わせください。また、過去記事もご覧ください。

Co-op vs Internship vs Practicum:コープ、インターン、プラクティカムの違い

カナダでは、留学生が利用できる様々な体験学習の機会が用意されています。一般的には、Co-op(コープ)、Internship(インターンシップ)、Practicum(プラクティカム)などの機会があります。どのような職業体験プログラムに参加するかは、所属するプログラムによって大きく異なります。

Read More »

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

インターンやCo-opとは?違いは?留学生もできる?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください