カレッジからユニバーシティに編入:1年次からユニバーシティに行くのとの違いは?

カナダの大学システムは、日本と似ているところもありますが、違うところも多くあります。違いの一つは、カレッジからユニバーシティへの編入が比較的多く行われていることです。

カレッジとユニバーシティとは?

カレッジは、日本の短期大学のように基本的には2年制の学校ですが、中には学士号プログラム(4年間のプログラム)や専門的な短期プログラムを提供していることがあります。ユニバーシティは、日本の大学のように学士号プログラムを提供している場合が多く、中には2年間以下の短期プログラムを提供している場合もあります。カレッジとユニバーシティでは、同じようなプログラムを提供していることもあるので、学校選択の際には、最終的に必要な学位を考えることも1つ重要なポイントです。

学位とは?

高校卒業後に進学する学校をカナダでは総称してPostsecondary(ポストセカンダリー)と呼びます。ポストセカンダリーでは、以下のような学位を得ることができます:

  • Bachelor Degree(学士号):基本的には4年間のプログラムを完了後に得られる学位であり、日本の大学卒業レベルと同等です。
  • Associate Degree(準学士号):基本的には2年間のプログラムであり、日本の短期大学卒業レベルと同等です。
  • Diploma(ディプロマ):基本的には2年間以下のプログラムであり、専門的な分野のプログラムであることが多いです。
  • Certificate(サーティフィケート):上記のプログラムよりは短く1年前後であることがほとんどです。特定の分野のプログラムを完了した証明となります。

また、上記以外にもGraduateと呼ばれるプログラムやMaster’s Degree(修士号)、PhD(博士号)などのプログラムもありますが、これらは大学レベルの学位を履修していないと申請できないプログラムです。

カレッジからユニバーシティへの編入とは?

Transfer(トランスファー)と呼ばれるカレッジからユニバーシティへの編入は、カナダでは多く行われています。カレッジで1年~2年ほど学習し、その単位をユニバーシティへ移行して、ユニバーシティで卒業し学士号を得るというシステムです。

カレッジからユニバーシティへ編入するメリットとは?

  • 授業料を節約できる:一般的にカレッジの方がユニバーシティより授業料が安い傾向にあるため、同じ単位を履修しなければならないのであれば、カレッジで履修してから移行する方が授業料の節約となります。
  • 入学条件が比較的容易である:一般的にカレッジの方がユニバーシティより英語条件などの入学時の条件が低く入学しやすい傾向にあります。
  • サポートを受けやすく、大学の勉強に慣れやすい:一般的にカレッジの方がユニバーシティよりも、少人数のクラスを多く提供しています。有名大学(ユニバーシティ)の1年次のクラスの多くは100~200人を超える講義であることが多いですが、カレッジでは1年次でも20~30人以下のクラスが多くあります。

逆に、編入を選択した際に注意するべき点は?

  • 履修単位が移行可能かどうか:カレッジで履修した単位すべてが移行可能でない場合もあります。履修する際には、どの単位が移行可能かを考えて履修することが重要です。州を越えて編入を行う場合は特に移行できない場合もあるので要注意です。また、もともと履修した単位が4単位であったのに編入後には3単位になっていた、などの単位の変更もありえるので、移行後にどのような単位として認められるかの確認も必要です。
  • 成績:編入を行うことを希望する場合、ある一定の成績を得ていることを必要とする場合がほとんどです。プログラムによってはより高い成績がないと編入できない場合もあります。編入を希望する学校の入学条件(編入条件)を確認することが重要です。

カナダでは、カレッジからユニバーシティへの編入が多く行われます。編入や大学留学に関してのご質問はぜひお問い合わせください。学校を比較したい方は、学校検索をぜひご活用ください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

カレッジからユニバーシティに編入:1年次からユニバーシティに行くのとの違いは?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください