本日2022年2月28日より、カナダへの入国制限変更
最終更新日:2022年2月28日

本日2月28日より、新しい入国制限が施行となります。概要はこちら:

  • 入国前のPCR検査の代わりに、Rapid Antigen testでも可能
  • ワクチン接種していない12歳以下の子どもも、接種している親が付き添う場合、隔離は不要(陰性の場合はすぐに学校に通うことができる)
  • カナダ国内全ての空港での国際線再開

詳細は以下の記事をご覧ください。

以下は2022年2月15日現在の情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。

カナダでは、新型コロナウイルスの感染者が減少してきており、ピークを過ぎたと考えられています。そのため、2022年2月15日付でカナダ政府が入国制限の変更を発表しました。以下が変更内容です。

2022年2月28日午前12時01分(EST)より施行

  • 到着時のPCR検査に関して:ワクチン接種が完全に完了している渡航者の中から、ランダムに検査対象の方が選択されます。検査結果を待つ間、隔離を行う必要がなくなりました。また、12歳以下の渡航者がワクチン接種を完全完了している大人と渡航する場合、隔離は不要であり、学校・デイケア・キャンプなどに参加するまでの14日間の隔離も不要となりました。ワクチン接種を行っていない渡航者は、到着時・8日目にPCR検査及び14日間の隔離が必要であり、基本的には入国が認められていません。
  • 入国前のPCR検査に関して:新型コロナウイルス迅速抗原検出キット(COVID-19 rapid antigen test:出発の前日または陸路・海路での国境への到着時)または分子検査(molecular test:出発の72時間以内に受けたもの、または、陸路・海路での国境への到着時)のどちらも入国前の検査条件を満たします。新型コロナウイルス迅速抗原検出キットに関してですが、購入した国で認可されており、実験室・ヘルスケア組織・遠隔医療サービスにて監視されている必要があります。
  • カナダ政府は旅行健康情報(Travel Health Notice)をレベル3からレベル2に変更しました。これにより、カナダ政府が必要不可欠でない渡航の停止を推奨することを終始することとなります。しかし、オミクロン株に関しては注意する必要があります。また、2022年2月28日16:00(EST)より、今までコロナにより国際便を受け入れていなかった国際空港でも、国際便の受け入れが再開となります。

出典:カナダ政府

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ

お問い合わせの記事

本日2022年2月28日より、カナダへの入国制限変更

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next