【体験談】英論文を書くのにGrammarlyを使ったら人生が変わった話

(この記事は体験談であり、Grammarlyの宣伝ではありません)

英語が第一言語でない留学生にとって、英語で文章を書くのはとても大変ですよね。ましてや論文などの長文になると、本当に至難の業です。こちらの記事では、私がカナダの大学で論文を書いていた時のお話をお届けします。

大学での論文

カナダの4年制大学で社会系の科目を専攻・副専攻していたため、履修していたほとんどのクラスで論文(Research Paper)の提出がありました。特に3年次や4年次になると、5000単語以上20ページの論文なども多くあり、計画性のない私は何度も徹夜した思い出があります。

そんな大学時代に、使用していたツールがGrammarlyというものでした。これは、ライティングなどをアップロードすると自動的に文法やスペルミス、読みやすさなどを指摘してくれるツールです。論文ぐらいの長さになると、文法やスペルを確認するのは非常に厄介なので、自動で間違いを指摘してくれるツールは本当に役立ちます。

(私が在学中に書いた論文です。Grammarlyは変えたほうが良い単語なども指摘してくれます。)

英語が第一言語ではないと、文章を書くのに時間がかかったり、文法のミスが多かったりするかもしれません。より効率よくしっかりと文章を書くために、このようなライティングツールなどを利用していくと、留学生活がより良いものになるかもしれませんね!

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【体験談】英論文を書くのにGrammarlyを使ったら人生が変わった話

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    プラチナ・スポンサー