カナダにも「ロンドン市」ってあるの?どんなところ?

実は、カナダにも「ロンドン」という都市があるんです。ロンドン市は、オンタリオ州南西部の中心部に位置しています。38万3千人以上の人々が住んでおり、活気ある環境の中で賑やかな雰囲気と、静かで落ち着きのある自然の両方が楽しめます。カナダで11番目に大きな都市であり、最も文化的多様性に富んだ都市の一つであるロンドンは、住むにも働くにも素晴らしい場所であるだけでなく、トロントやオタワといった近隣の都市と比較すると、リーズナブルで住みやすい都市です。ロンドンは特に「大都会の小さな町」という印象でよく知られています。多くのショップ、会場、レストラン、美術館に囲まれながら、公共公園や近隣の静かなエリアにも簡単にアクセスすることができます。

カナダ国内の他の多くの都市と同様、ロンドンも温暖な気候で、一年を通して四季を楽しむことができます。一年を通しての平均気温は0度ですが、夏の平均気温は20度で、とても暖かいです。ロンドンでは、教育が住民にとって最優先事項です。幼稚園から大学などまで、この街の教育制度は、心を育て、成長させることを目的としています。学校を卒業した後は、多くの就職先があります。デジタルマーケティングやビデオゲームから、人事、コミュニティワークやヘルスケアまで幅広く、選択肢は無限大です。

ロンドンへのアクセスは?

  1. 日本からオンタリオ州への直行便はトロント空港への便となります。トロントからオンタリオ州ロンドンへは、VIA Railの列車をご利用になれば、2時間半以内で到着します。4時間おきに、トロント・ユニオン駅からロンドン行きの列車が発車しています。この列車に乗るには、55ドルから110ドルかかります。
  2. または、多くのバスサービスが、トロントからロンドンまで2時間弱の直行便を運行しています。VIA鉄道と同様に、座席を確保するために事前にチケットを購入する必要があります。車でロンドンまで行きたい場合は、高速401号線を利用すると、交通状況にもよりますが、2時間から5時間程度で行くことができます。
  3. 最後に、飛行機を利用する方法もあります。時間がない場合や、ぎりぎりの旅行を計画している場合、こちらは素晴らしい選択肢です。一番安いチケットは、WestJetで通常75ドル前後、数日前に予約すればAir Canadaも同様の金額です。直前でチケットを購入すれば、値段は350ドルまで上がります。

ロンドンで何ができるの?

スプリングバンク公園を散策する

スプリングバンク公園はテムズ川に隣接しており、庭園や原生林の中を走るハイキングコースがあります。

ロンドン博物館でオンタリオ州の歴史を学ぶ

ロンドン博物館は、アートギャラリーと歴史博物館で、ファーストネイションズから現代までのオンタリオ州の文化的、社会的歴史を展示しています。ショップやカフェも近くにあります。

ボーラーマウンテンで冬や夏のアクティビティに参加する

ボーラーマウンテンは、スキー、スノーボード、チュービングなどのウィンターアクティビティを開催しているレクリエーションクラブです。また、ハイキング、ジップライン、トレイルバイキングなどの夏のアクティビティもあります。ボーラーマウンテンでは、何をするにも大自然に囲まれた環境で過ごすことができます。

コベントマーケットでショッピング

コヴェントマーケットは年中無休で、地元で採れた野菜や新鮮な食材が手に入る場所です。また、ギフトや、アート、クラフト、趣味のための道具や用品を探すのにも最適です。冬になると、コベントマーケットの広場はスケートリンクに変わります。

イベント情報

  • Sunfest
  • Expression in Chalk Street Painting Festival
  • Rock the Park
  • The International Food Festival

ロンドンにはどれぐらい学校がある?

ロンドン市内には約40のカレッジと大学があり、総学生数は40万人以上です。この地域で最も大きなカレッジのひとつがファンショーカレッジで、6つのキャンパスで43,000人の学生に200以上のプログラムを提供しています。そのメインキャンパスがロンドンキャンパスで、現在21,000人の学生が在籍しています。特にロンドンキャンパスは、その便利な立地から、地元学生や留学生から支持されています。ダウンタウンから15分の距離にあり、キャンパスとシティライフの両方を同時に体験することができます。

ロンドンでの仕事は?

多様性のある都市であるロンドンでは、様々な仕事の機会と充実したキャリアの選択肢があります。パートタイム、フルタイムを問わず、ロンドンの企業では常に新しい従業員を受け入れる余地があります。Payscale.comによると、ロンドンの個人の平均給与は約57,000ドルです。一般的な職種は、事務職、ソフトウェア開発者、エンジニア、プロジェクトマネージャー、中小企業経営者など多岐にわたります。

出典:Living in London, Ontario: A Definitive Guide

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダにも「ロンドン市」ってあるの?どんなところ?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください