【IELTS】スピーキングで「わからないけど…」と言いたい場合、どう言えばいい?

IELTSのスピーキングセクションでは、「I’m not sure(よくわからないけれど…)」という単語が非常に便利です。自分の考えをまとめながら使うことができます。しかし、2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢(単語)を知らないのではと思われ、スコアが下がる可能性があります。「I’m not sure」の代わりに使える単語をこちらの記事で紹介します。IELTSを受験される際は、ぜひご活用ください。

1. I dare say… (あえて言うなら)

2. Perhaps… (おそらく)

3. Apparently… (どうやら)

4. It/ That depends… (それは場合によって)

5. I guess… (どうやら)

6. As far as I know… (私が知ってる限りでは)

7. Probably… (おそらく)

8. I suppose… (おそらく)

9. It appears… (どうやら) 

10. Presumably… (おそらく)

出典:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【IELTS】スピーキングで「わからないけど…」と言いたい場合、どう言えばいい?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next