【IELTS】スピーキング力を上げるためにディスコースマーカーを使おう

IELTS テストで自分の考えを効果的に伝えるために重要なことは、流暢に、そして首尾一貫して話すことです。

アイデアをつなげたり、感情を表現したりすることで、言っていることを整理し、管理するために「ディスコースマーカー」を使うことが重要です。自然な話し方に聞こえるように、フィラーを正しく使って、次に何を話すか考えるようにしましょう。

「ummm…」などの無意味なフィラーや長いポーズの代わりに、これらのディスコースマーカーを使用すれば、流暢かつ自然に話すことができることを示すことができます。

ディスコースマーカーとは

アイデアを結びつけ、自分の言っていることについてどう感じているかを表現するために、ディスコースマーカーが使われ、言っていることを整理・管理します。

例:The computer I bought last year is probably already broken, so, unfortunately, I need to buy a new one.(去年買ったパソコンはもう壊れているだろうから、残念だけど新しいのを買わなくちゃね。)

ディスコースマーカーの例

情報の追加

Another thing that comes to mind, also, and, besides, additionally, another good example of this is, another reason for this, and one more thing

意見・態度の表明

Unfortunately, however, actually, to be honest, definitely, essentially, frankly, basically, clearly, I’m afraid, if you ask me, sadly, thankfully, in fact, seriously, as a matter of fact

比較

Similarly, in the same way, equally, likewise, in a similar fashion, if I compare it to my country

対比

However, although, instead of, despite, on one hand, on the other hand, in the opposite way, in contrast, whereas

出典:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【IELTS】スピーキング力を上げるためにディスコースマーカーを使おう

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next