カナダでオーロラをみるならどこがベスト?:イエローナイフとホワイトホースの比較

カナダでオーロラを見るなら、ホワイトホースとイエローナイフが候補に挙がることが多いでしょう。この記事では、どこでオーロラを見るべきかに関してご紹介します。

 

イエローナイフ – ノースウエスト準州

ノースウエスト準州では、年間240夜、オーロラを見ることができ、カナダで、いや、世界で最もオーロラを見ることができる場所となっています。できれば、秋か冬の季節がおすすめです(夏も良いのですが)。

氷に覆われたワンダーランドとドラマチックなオーロラの世界は、1年の中でも冬が特別な季節となります。イエローナイフの郊外にあるオーロラビレッジは、居心地のよいティピーの村です。広々とした薪ストーブのティピー、毛皮を敷いたソファ、暖かい鑑賞カプセルは、オーロラ観測のために特別に設計されたものです。

 

ホワイトホース – ユーコン

一年中活動しているにも関わらず、本当に真っ暗な時にしか見ることができない光景です。夏のユーコンの白夜は太陽が沈まないので、冬に行かなければ見ることができません。夜が長く、暗い11月から3月の間に行くのがベストです。しかし、ユーコンにとって幸運なことに、8月中旬から4月中旬までオーロラを見ることができるのです。夜にはオーロラや、紅葉の時期には木々の赤や金色を見ることができます。

 

ホワイトホースとイエローナイフでどちらが良いかというと、非常に難しいです。設備的には大きな差はありません。もし、山と一緒に写真を撮りたいのであれば、地形的にホワイトホースの方がいいかもしれません。

 

カナダの他の州でのオーロラ鑑賞はどうでしょうか?

カナダには、ホワイトホースやイエローナイフ以外にも、オーロラを見ることができる場所がたくさんあります。アルバータ州、オンタリオ州、マニトバ州、ブリティッシュコロンビア州など、これらの州でもオーロラを垣間見ることができるのです。

アルバータ州

バンフ国立公園では、都市からの光が暗闇を妨げなければ、秋にオーロラを見ることができます。9月〜5月中旬のゴールデンシーズンには、ロッキー山脈でのキャンプなどのアクティビティが加わると、より一層楽しめます。 オーロラ鑑賞は、町から10分もかからないミネワンカ湖でも楽しめるかもしれません。レイクルイーズに向かう途中のキャッスルジャンクション、アクアマリンのペイト湖、人気のハーバート湖などもおすすめです。ウッド・バッファロー国立公園やジャスパー国立公園には、3,000頭のバイソンの群れが放し飼いにされており、その風景は有名です。暖かい寝袋を持参して、キャンプで夜更かししましょう。

オンタリオ州

オンタリオ州といえば、あるいはオンタリオ州に行く予定がある人は、絶対にトロントを思い浮かべると思いますが、実はオンタリオ州でもオーロラを見ることができるのです。

特に9月、10月はベストシーズンなので、オンタリオ州を訪れるなら、ぜひオーロラ観測を楽しんでください。マニトゥーリン島、クリー村エコロッジ、プカスクワ国立公園など、オーロラを見ることができる場所はさまざまです。オーロラを待つ間、オンタリオ州北部で冬期乗馬をしたり、スノーシューで氷の洞窟へ行ったり、凍った滝を登ったりして、数々のアウトドアアドベンチャーを楽しんでください。ほとんどの人に発見されていない自然のエリアですが、探索する価値は十分にあります。

マニトバ州

マニトバ州北部、ハドソン湾に面したチャーチルは、「地球上でベスト3に入るオーロラスポット」と言われるほど、オーロラ観測に適した場所です。オーロラ研究のために世界中から研究者が訪れ、毎年900人近くが住むシロクマに優しい町です。ウィニペグを訪れる最大の魅力は、マニトバ博物館でオーロラの詳細やオーロラ撮影のコツを学ぶことができることです。さらに、少しでも予算が余ったら、シロイルカやホッキョクグマ、ホッキョクギツネなどの野生動物観察も組み合わせると、より忘れられない旅になるはずです。

ブリティッシュコロンビア州

ブリティッシュコロンビア州のドーソンクリーク、ムンチョレイク州立公園、フォートネルソン、プリンスジョージ付近では、素晴らしい景色を楽しむことができます。ピースリバー地方では、バーンズレイクをはじめ、さまざまな選択肢があります。カナディアンロッキーの名所、チェットウィンドも要チェックです。

また、サンシャインコーストやシーシェルト周辺、シー・トゥー・スカイ・ハイウェイ沿いのスコーミッシュやウィスラーなどの低緯度地域では、オーロラが南下する時間帯に、オーロラを見ることができます。メトロバンクーバーのような光の多い都市に近づかないことが重要です。

 

出典: WHERE TO SEE THE NORTHERN LIGHTSBest Places to See the Northern Lights in British Columbia, Canada

参照:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Hide embed-excerpt
Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダでオーロラをみるならどこがベスト?:イエローナイフとホワイトホースの比較

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください