【速報】パスポートの発給申請手続き一部オンライン化

以下の情報は在バンクーバー総領事館からの情報です。最新情報は外務省等にお問い合わせください。

2023年3月27日より、パスポート発給申請手続きの一部がオンライン化されます。日本国外居住者の申請者はオンライン在留届(ORRネット)へ登録の上、在留邦人用旅券申請スマホアプリを通じてオンライン申請が可能となりました。このシステムの導入により、パスポート更新申請の際に在外公館の窓口に行く必要が無くなりました。

発行されたパスポートを受け取るためには、以前と同様に窓口へ行く必要があります。

また、新規申請には、戸籍謄本の提出が必要になります。窓口提出、または、日本国内の書留郵便に準ずる送付方法であれば郵送で提出することもできます。

詳しくは、こちらから。

 

申請手続きの変更

戸籍謄本は必要?

新しくパスポートに申請する場合や、現在お持ちのパスポートの記載事項に変更がある場合は、戸籍謄本の提出が必要です。戸籍抄本では受付不可。有効期間内の切替更新の場合、戸籍謄本の提出は原則不要です。

査証欄が少なくなったら

パスポートのスタンプやビザが添付されるページを追加することができる増補制度が廃止になりました。余白がなくなったら、新たなパスポートに申請する必要があります。

6か月以内に受け取りを

新しいパスポートの発行日から6か月以内に受け取りに行かなかった場合、パスポートは失効となります。失効後5年以内に次のパスポートを申請する際には、通常より高い手数料となりますので注意しましょう。

新しい申請書

2023年3月27日より、パスポート発給等のための申請書の様式が変更となります。古い様式の申請書は使用できません。申請書のダウンロードはこちらから。

 

参照:https://www.vancouver.ca.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_passport.html

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【速報】パスポートの発給申請手続き一部オンライン化

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    プラチナ・スポンサー