【2023-2024年度版】カナダの小中高生の年齢・学年比較表

カナダの学年制度は日本とは少し異なり、小学校1年生から高校3年生まで連続で「1年生から12年生」という数え方をします。例えば、日本でいう中学校1年生はカナダでは7年生(Grade 7)、高校1年生は10年生(Grade 10)と言われます。

日本では、一貫校や高専などを除き、基本的に小学校6年間、中学校3年間、高校3年間となっていますが、カナダでは州や学区、学校により学年制度が異なります。日本のようにElementary(小学校)+Middle(中学校)+Secondary(高校)で12年間の履修ができる場合もあれば、Elementary(初等教育)+Secondary(中等教育)で12年間となっている場合も多くあります。

また、カナダと日本の学年の考え方の違いの一つとして、「生まれ年と学年」の関係が特徴的かと思います。日本では、4月2日生まれから翌年の4月1日生まれまでが同じ学年となり、1月から4月1日生まれまでの子どもは「早生まれ」と呼ばれることがあるかと思います。日本がこの制度を取っている理由は、新年度が4月に始まるからです。カナダの新年度は9月から始まりますが、学年は生まれた日ではなく「生まれ年」が重要になります。同じ年に生まれた子どもは基本的に全員同じ学年となり、日本のような「早生まれ」などはありません。2023年9月から2024年6月までの年度の学年・生まれ年対比表は以下の通りです。

尚、日本人の学生が留学する場合、生まれ年も重要ですが、日本での学年(及び今まで履修しているもの)も重要となります。最終的に何年生に入ることになるかは、受け入れ先の学校の判断となります。

 

カナダ留学に関してご質問がある方はお問い合わせくださいね。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【2023-2024年度版】カナダの小中高生の年齢・学年比較表

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    プラチナ・スポンサー