カナダ・オンタリオ州は、初期幼児教育者の賃金を引き上げ、保育のアクセシビリティ向上を図っています

労働力不足に対処し、保育のアクセシビリティを向上させるため、オンタリオ州政府は包括的な保育労働力戦略を発表しました。この取り組みの主な目的は、保育を家族にとって手頃なものにしつつ、初期幼児教育者(ECE)の働きやすい環境を創出することです。

ECEの賃金引き上げ: 

2024年1月から、戦略によりカナダ全土の幼児教育・保育システム(CWELCC)内で登録された初期幼児教育者(RECE)の最低賃金が19.3%引き上げられます。時給が23.86ドルになるこの賃金アップは、資格のある教育者を引き付け、維持するための重要なステップであり、オンタリオ州の初任給はカナダ国内で最高水準の一つとなります。

賃金の進行とキャリアサポート: 

2026年までの毎年の賃金の向上により、競争力のある給与が確保され、ECEのキャリア進展を支援します。この取り組みは、この分野に入る人々にとって持続可能で魅力的なキャリアパスを創出することを目指しています。

ECE職業の推進: 

保育労働力戦略には、ECE職業の重要性と影響を知らせるプロモーションキャンペーンが含まれています。これは、2026年までに料金を1日平均10ドルに引き下げるという国家目標に合わせたものです。

オンタリオでECEを学ぶことを検討中ですか? 

オンタリオで初期幼児教育(ECE)のキャリアを考えている場合、多くの機関が留学生向けのECEプログラムを提供しています。代表的な教育機関として、以下のような学校がこの報酬の高い職業に必要なスキルと知識を装備するための包括的なECEコースを提供しています。

労働力不足への対応: 

この戦略は、国の1日10ドルの保育プログラムの成長を妨げてきた労働力不足に対する対応です。スティーブン・レッチ教育大臣の計画は、2026年までにオンタリオ州で8,500人のECEが不足すると予測されており、成長するセクターの需要に応えるための州の積極的な対策を反映しています。

留学生にとってのポジティブな雇用見通し: 

オンタリオ州の保育セクターでの機会を検討している留学生にとって、この戦略はポジティブな雇用見通しを示しています。州は、初期幼児教育者にとって支援的で競争力のある環境を積極的に構築することで、カナダ全体の手頃な価格で高品質な保育の広範な目標に貢献しています。

参考: CIC News, Muskoka411

引用:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダ・オンタリオ州は、初期幼児教育者の賃金を引き上げ、保育のアクセシビリティ向上を図っています

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    プラチナ・スポンサー