Search Results for: 就労ビザ

【最新】ポスグラ(PGWP)保持者が就労ビザに申請できるかも

以下の情報はカナダ政府のウェブサイト等を引用しています。詳細は、そちらをご確認ください。 以下の記事は、2021年9月20日から2022年12月31日の間にポスグラ(PGWP)の有効期限が切れる方に関係するものです。通常、PGWPは1回限りしか申請できません。しかし、今回の措置により、対象となるPGWP保持者は、さらに18ヶ月間、ビザを延長するか、新たにビザを申請することができるようになります。カナダ移民局によると、このビザは空港などで申請することはできないそうです。このビザの申請はすべて、2022年12月31日までにオンラインで提出する必要があります。現在カナダに滞在している人も、ビザの延長や新しいビザの発行が行われている間は、暫定的に働くことができるようになります。 1. PGWPの有効期限が2022年10月2日から2022年12月31日まで、住所が正しく、パスポートの有効期限は2024年4月までの場合 何もする必要はありません。カナダ移民局から郵送先住所の確認メールが届いても、返信しないでください。最新のビザが発行され、10月中旬までに自宅住所に送られます。 2. PGWPの有効期限は2022年10月2日から2022年12月31日までだが、住所やパスポートの有効期限を更新する必要がある方。 カナダ移民局から郵送先住所確認のためのメールが届きます。メールの指示に従って、郵送先住所の更新が必要であることを移民局に知らせてください。 パスポートの有効期限によって、ビザの18ヶ月延長の条件を満たせない場合、この最初のメールは届きませんが、9月に別のメールが届きます。 郵送先住所やパスポート情報を更新する必要がある場合は、オンラインアカウントで郵送先住所やパスポートの有効期限を更新する方法を9月にEメールでお知らせします。更新のための期間は2週間です。この情報を更新すると、11月中旬までに更新されたビザが郵送で届きます。 パスポートの有効期限を確認し、2024年4月2日以前に有効期限が切れる場合は、延長申請をしてください。PGWPを紙の申請書で申請した場合は、申請書をオンラインアカウントにリンクしていることを確認してください。 3. PGWPの有効期限は2022年10月2日から2022年12月31日までだが、住所やパスポートの有効期限を更新することができない方。 ビザの延長は、オンラインで申請する必要があります。パスポートの有効期限まで延長されたビザを受け取ることもできますし、パスポートを更新するまで申請するのを待つこともできます。 4. PGWPの有効期限は2022年10月2日から2022年12月31日までだが、移民局からの連絡がない場合 9月中旬までに移民局からメッセージが届かない場合は、さらなる審査が必要になるなど、別の理由でこのビザ延長の資格がないものと思われます。この場合でも、オンラインでビザの延長を申請することは可能です。 5. PGWPの有効期限が2021年9月20日から2022年10月1日までの場合。 移民局によると、ビザのオンライン申請が必要になるそうです。申請開始は2022年8月2日です。カナダにいて、一時的なステータスも失効している場合は、同時にステータスの回復を申請する必要があります。この特別措置では、90日以上前に失効した場合でも、資格の回復が認められます。 カナダを出国し、許可が下りてから帰国する場合は、海外から申請することが可能です。 詳細は下記リンクからもご確認いただけます(すべて英語): 元記事 移民局ページ 該当するかチェックするページ

【最新】2022年にポスグラ就労ビザが切れる人も延長可能に?

こちらは2022年6月28日現在の情報です。最新情報はお問い合わせください。 カナダ移民局大臣Sean Fraser氏によりますと、2021年9月20日から2022年12月31日までに切れてしまうポストグラデュエート就労ビザの延長申請が可能となりました。これは以前と同様で特別措置であり、18か月有効な就労ビザに申請が可能だそうです。 通常であれば、ポストグラデュエート就労ビザの延長申請は行うことができません。ポスグラに関しての過去記事はこちらをご覧ください。 出典:Sean Fraser

ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP/ポスグラ)保持者増加中

カナダで留学をする学生は年々増えていますが、カレッジやユニバーシティ卒業後にポスグラビザ(PGWP)に申請し、カナダに残る方も増えています。 ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP)は、カナダのユニバーシティ・カレッジ卒業後に申請することができる最大3年間分の就労ビザです。ポスグラに関しては、過去記事もご覧ください↓ どれぐらい人数が増えてるの? スタティスティックスカナダ(カナダ統計局)によりますと、2008年から2018年の間にポスグラビザ保持者は10,300人から64,700人と6倍に増えているそうです。 どんな人がポスグラビザを持っているの? 2018年のデータによりますと、ポスグラ保持者の56%は男性・44%は女性です。年齢別にみていくと、25歳未満は49%、25~34歳は46%、35歳以上は5%です。ポスグラ保持者の国籍はトップ10のみが発表されており(トップ3はインド・中国・フランス)、日本国籍者はそちらに含まれておらず、1%以下です。滞在する州に関しては、オンタリオ州が一番多く全体の56%、続いてBC州の16%、さらにケベック州の11%と続きます。 ポスグラビザの詳細や最新情報に関してはお問い合わせください。 出典:カナダ政府、CICNEWS

新型コロナ対策として、ポスグラ就労ビザPGWPが延長可能かもしれません

2021年1月8日付のカナダ政府の発表によりますと、新型コロナウイルスによってポスグラ就労ビザ(PGWP)の期限が切れる/切れそうな人は、オープン就労ビザに申請できるかもしれません。このオープン就労ビザは18か月有効だそうです。 以下の条件のすべてを満たす必要があります: 2020年1月30日以降に期限が切れるポスグラを持っている、または、申請日から4か月以内に期限が切れる 現在カナダに滞在できるステータスがある、または、レストレーションに申請する 現在カナダ国内にいる 申請は2021年1月27日にスタートし、締め切りは7月27日だそうです。申請方法の詳細は1月27日に発表されるそうです。

ポスト・グラデュエーション・就労ビザ(PGWP)とは何ですか?どのように取得できますか?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 目次 DLI番号のある学校から卒業し、カナダで一時的に滞在したい場合、ポストグラデュエーション就労ビザ(PGWP)へ申請することが可能かもしれません。 DLI番号のある学校の全てがポストグラデュエーション就労ビザへの申請を許可するとは限りません。どの学校がこのパーミットに申請できるプログラムを提供しているかは、DLI番号のある学校リストをご確認ください。 費用 ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP):255カナダドル 許可が下りるまでにかかる日数 こちらをご覧ください ポストグラデュエーション就労ビザの有効期間はどれぐらいですか? ポストグラデュエーション就労ビザの有効期間は履修プログラムの期間により異なります。もしプログラム期間が: 8か月未満場合 PGWPに申請することはできません 8か月以上2年未満の場合 PGWPの期間は履修プログラムの期間と同じ長さになると思われます(9か月のプログラムを完了したら、9か月の就労ビザが下りるでしょう) 2年以上の場合 PGWPの期間は3年となると思われます 1つより多くのプログラムを完了している場合は、それぞれのプログラムの長さを合わせることが可能かもしれません。これには、それぞれのプログラムが: PGWP要件を満たしている、さらに 8か月以上のプログラムである必要があります。 すでに過去に学校のプログラムを修了しPGWPを得ている場合は、新規でPGWPを得ることはできません。 もしPGWPの前にパスポートの期限が切れる場合 PGWPの有効期間中にパスポートの期限が切れないようにしてください。もしパスポートの期限が切れる場合は: カナダ移民局は、パスポートの期限までのPGWPしか発行することができません 完全な有効性を得るためにそれを延長するべきかどうかはカナダ移民局より連絡が届きます PGWPはカナダ移民局の連絡がない限り延長することはできません。延長の場合、書類上で延長することにより、もともとあるべき期間有効にすることができます。 申請条件 ポストグラデュエーション就労ビザ(PGWP)を申請するのに、学校が最終成績を発行してから180日間あります。 申請資格を得るためには、その180日間のどこかまでは学生ビザが有効である必要があります。 また、以下の条件も必要です; プログラムの履修を完了している DLI番号のある学校にて 8か月以上、さらに ディグリー、ディプロマ、サーティフィケートなどの学位を受け取っている カナダで学生でいる間、それぞれの学期でフルタイムの学生であった(最終セメスターはパートタイム可能、または休暇を取った場合) 以下の学校から卒業している: 公立のポストセカンダリー、例えば、カレッジや職業訓練/専門学校、ユニバーシティ、またはCEGEP(ケベックにて)、または、 私立のポストセカンダリー(ケベックにて)であり、ケベックの公立の学校と同じ規則の元運営されている場合、または、 私立のセカンダリーまたはポストセカンダリー(ケベックにて)であり、900時間以上の該当プログラムを提供しており、diplôme d’études professionnelles (DEP) または attestation de spécialisation professionnelle (ASP)を得ることのできるプログラムである場合、または、 カナダの私立の学校であり、州の法律に沿った学位を得ることができ(例えば、準学士号、学士号、修士号、博士号)、州によって認可されているプログラムを履修している場合 もしPGWPの前にパスポートの期限が切れる場合 PGWPの有効期間中にパスポートの期限が切れないようにしてください。もしパスポートの期限が切れる場合は: カナダ移民局は、パスポートの期限までのPGWPしか発行することができません 完全な有効性を得るためにそれを延長するべきかどうかはカナダ移民局より連絡が届きます PGWPはカナダ移民局の連絡がない限り延長することはできません。延長の場合、書類上で延長することにより、もともとあるべき期間有効にすることができます。 以下に当てはまる場合はPGWPに申請することができません: すでに過去にポストグラデュエーション就労ビザを受け取ったことがある

カナダの高校・大学「コロンビアカレッジ」のキャンパスツアー

1936年に創立されたコロンビア・カレッジは、カナダで最も歴史のある私立のインターナショナル・カレッジです。 Main Street-Science World駅から徒歩5分のところに、高等学校キャンパスと、大学編入プログラムなどが提供されている大学キャンパスが2つあります。 高等学校キャンパス 教室 教室からは、山やバンクーバーダウンタウンの景色が見渡せます。少人数で授業が受けられるので先生に質問しやすい環境です。   卓球部屋 学生が気軽に卓球をしたり、卓球王を決めるトーナメントが開催される部屋がありました。 コンピューター室   ロッカー   カフェテリア・ラウンジ ポイント! 大学進学に強い 短期間で高校課程を修了させることが可能 入学時期が年に3回 校内にホームステイコーディネーターが常にいるため、ホームステイについての相談がすぐにできます。また、校内にはたくさんのイベントやアクティビティの写真が飾られていました。アクティビティやイベントを担当するコーディネータの方もいらっしゃるため、勉強だけでなくカナダの生活を存分に楽しめる学校です。   大学キャンパス サポートセンター ピアチューターや、パソコン教室など様々な学習のサポートが受けられるセンターがあります。 図書館 本を借りられるだけでなく、課題のリサーチなどを手伝ってもらえるサポートも充実しています。 バルコニー サイエンスワールドが見渡せる場所でランチを食べたり休憩したりできます。   ポイント! 学費を抑えられる 名門大学への高い編入率 ポストグラジュエート就労ビザに申請できるプログラム有り キャンパスツアーでは、ホームスティコーディネーターやアクティビティコーディネーターの方などたくさんの学校スタッフの方にお会いしました。みなさんとてもフレンドリーで留学生が安心して通学できるという印象を強く受けました。 コロンビアカレッジについての詳しい情報は、お気軽にお問い合わせください。 コロンビアカレッジについての詳しい情報:https://www.columbiacollege.ca/wp-content/uploads/2022/06/JP-ver-brochure.pdf コロンビアカレッジのホームページ: https://www.columbiacollege.ca/

留学生としてカナダに渡航する前に知っておくべきこと

下記情報は、8月26日現在の情報です。 カナダに渡航するには? 他の国と同じように、カナダに入国する際には、自分に入国資格があるかどうかを確認し、必要な書類を揃えておいてください。さらに、留学生が満たすべき条件が3つあります: 学生は、18歳未満でない限り、新型コロナウイルスのワクチン接種が完全に完了している必要があります。さらに、学生はArriveCANの提出を完了する必要があります。 学生は、有効な学生ビザ、または学生ビザの取得資格を示す招待状を持っていなければなりません(学生ビザが不要な場合を除く)。 学生は、指定された学習機関に通う必要があります。 書類が交付されたら、できるだけ早くカナダに渡航することをお勧めします。8月下旬から9月上旬の渡航は、混雑する可能性があります。 書類の義務 学生ビザ(就労ビザの可能性もあり)を申請し、紹介状を受け取っていない学生は、これらの書類が揃うまでカナダへ渡航しないでください。渡航前にすべての書類を見直し、情報が正しいことを確認してください。必要であれば、カナダ移民局に連絡し、書類の誤った情報を訂正してください。渡航中、預け入れ荷物の中に書類を入れないようにしてください。 カナダ入国の条件 カナダ入国には、以下の条件を満たす必要があります: 有効なパスポート(または同等の渡航書類)を所持していること。 学生ビザが発給された際の入国地の紹介状(ビザオフィスから渡される)を手元に用意してください。また、有効な学生証が発行されている場合は、それを持参することも可能です。 教育機関からの有効な入学許可証があること。 有効な電子渡航認証(eTA)、有効なビザ、有効なグリーンカード(または米国での地位を証明する同等の公式文書)、または同等の(ただし有効な)渡航文書を所持していること。 カナダでの滞在を支えることができる資金を有していること。 犯罪歴(または移民関連)がないこと(恩赦を受けたり、更生したとみなされた場合はこの限りではありません)。 健康状態が良好で、必要であれば有効な移民局の健康診断の結果を持っていること。必要な場合は、こちらでご確認ください。 必要な書類をお持ちでない場合、入国審査に時間がかかったり、入国を拒否されることがあります。 到着後に予想されること 到着後、国境での手続きには通常より時間がかかります。従って、学生は乗り継ぎ便の間に国境手続きのための十分な時間を確保する必要があります。また、入国管理局への移動は珍しいことではありません。学生ビザの手続きは入国管理局で行います。空港によっては、留学生用に特別な場所が設けられていることがありますので、指定された手続き場所を示す標識に注意してください。学生ビザを受け取ったら、すべての情報が正しいことを確認してください。 コロナによる影響 完全な予防接種を受けている渡航者(または特定のカテゴリーに属する渡航者)は、到着後の隔離は必要ありません(特に明記されていない場合)。カナダ政府関係者によって検疫または隔離が命じられた場合、学生は適切な検疫または隔離計画があることを証明する必要があります。 ワクチン接種の有無にかかわらず、カナダに来る渡航者は新型コロナウイルスの分子検査を行う必要があるかもしれません。 これらの情報は、カナダ政府から直接入手したもので、可能な限り正確に説明されています。しかし、変更される可能性があり、その正確性を保証するものではありません。最新の情報については、公式ウェブサイトやデジタルチャンネルをご確認いただくか、政府にお問い合わせください。 出典:CISM

卒業後の永住権申請:エクスプレスエントリーが約1年ぶりに再開?

下記情報はカナダ政府からの引用です。詳細等はカナダ政府のウェブサイトをご確認ください。 エクスプレスエントリーといえば、カナダの大学卒業後に就労している方なども使用する永住権申請システムです。定期的に抽選が行われ、選ばれた人(ある一定点数より上の人)から招待状が届くシステムとなっています。しばらくの間、PNPと呼ばれる特別プログラム以外のエクスプレスエントリー抽選が行われていませんでしたが、本日約1年ぶりに行われました。結果は以下の通りでした。 抽選日:2022年7月6日 招待状発行数:1,500 招待状を受け取った人のCRS最低点:557 参考までに過去の数や点数などは以下の通りです。 2022年7月6日 1,500人 557点(今回:プログラム指定なし) 2021年9月14日 2,000人 462点(CEC) 2021年8月19日 3,000人 403点(CEC) 2021年8月5日 3,000人 404点(CEC) 2021年7月22日 4,500人 357点(CEC) ・・・ しばらく抽選が行われなかったこともあり、今回は高めの点数となっています。 出典:カナダ政府 現在ポストグラデュエート就労ビザでカナダ滞在中の方はこちらの記事もご覧ください。

留学生が学校外で働くには?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 誰が学校外で働けるか 雇用主は、学生が働き始める前に、就労ビザなしで学校外で働くことができるかどうかを確認する必要があります。学校外で働き始めても条件を満たしていない場合は、カナダを出国しなければならない場合があります。 カナダで働くことができるのは、学校のプログラムを開始してからです。プログラム開始前に働くことはできません。 学生ビザに「キャンパス内またはキャンパス外での就労が許可されている」という条件が記載されていれば、カナダで留学生として働くことができます。 以下の条件をすべて満たしていれば、就労ビザがなくても学校外で働くことができます: 学校外で働くことができるという条件が含まれている有効な学生ビザを持っている場合 DLI番号のある学校でフルタイムの学生である場合 以下のプログラムを履修している: ポストセカンダリーでのアカデミック、職業訓練、専門トレーニングプログラム、または セカンダリーレベルの職業訓練トレーニングプログラム(ケベックのみ) プログラムをすでに開始している プログラムが以下を満たす: 6か月以上、そして、 ディグリー、ディプロマ、またはサーティフィケートプログラムである ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバーがある) パートタイムの学生は、上記の条件をすべて満たし、かつ、フルタイムでなくパートタイムである理由が以下すべてを満たす場合のみ、学校外で働くことができます: プログラムの最後の学期である 一つ前の学期までカナダでフルタイムの学生であった プログラムを完了するのにフルタイムである必要が無い 許可されて学校を休んでいる場合や、学校を変更しており、就学していない場合は: 学校外で働くことはできません 就学を再び開始した場合のみ、働くことができます カナダ働くためにソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)を手に入れる ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)はカナダ政府が提供する9桁の番号です。この番号はカナダで働くのに必要です。 学校外で働くのにSINナンバーに申請する場合、学生ビザに以下の条件のうちの1つが明記してある必要があります: 移民・難民保護規則第186条(v)に記載されている基準を満たしている場合は、週20時間の学校外勤務、または決められた休暇時にフルタイムで勤務することができます。 R186(f)、(v)または(w)の資格基準を満たしている場合は、学校内または学校外での雇用を行うことができ、これらの基準を満たさなくなった場合は就労を中止しなければならない。 学校外で働く資格があるが、学生ビザにこれらの条件のいずれかが記載されていない場合は、これらの条件を追加してもらうことができます。これらの条件をビザに追加するための費用は無料です。 サービスカナダからSINナンバーを申請する前に、学生ビザの修正申請をする必要があるかもしれません。 学校外でどれぐらい働くことができますか? カナダで働くことができるのは、留学プログラムを開始してからです。プログラムが始まる前に働くことはできません。 通常の学期間: 最大20時間まで働くことができます 学校の決められた休暇時(冬休みや夏休みなど): フルタイムで働くことができます 一番最初の学期を始める前の休暇には働くことができません プログラム中に決められた休暇がない場合、週に20時間以上の勤務はできません。 学校外で働けない人 以下の状況のいずれかに当てはまる場合は、就労ビザがなければ学校外で働くことはできません: 学生ビザに、就学中に学校外で働くことはできないと書かれている場合 第二言語としての英語またはフランス語(ESL/FSL)プログラムにしか在籍していない場合 一般的な興味のために授業を受けている場合 フルタイムのプログラムに受け入れられるためにいくつかのクラスを取っている場合 状況が変わり、学校外で働くための条件を満たさなくなってしまった場合 これらの状況のいずれかが当てはまるが、カナダで勉強しながら働きたい場合は、就労ビザを申請する必要があります。 就学の状況が変わった場合 学校外で働く資格がなかったが、学業状況が変わった場合、学生ビザの条件を変更できる可能性があります。 以下の場合は、学生ビザの条件の変更に申請できます: 学校外で働くことができるプログラムに変更し、かつ、学生ビザに「このビザは、保有者がカナダで学校外での雇用に従事することを許可するものではありません」と書かれている場合、または、 もう当てはまらない条件が学生ビザに明記されている場合 学生ビザの条件を変更するには申請が必要です。この変更には手数料がかかります。SIN番号を申請する前に行う必要があります。 プログラム完了後に就労する場合 学習プログラムを修了した後、フルタイムで働くには2つの方法があります: 学生ビザが切れる前に、就労ビザに申請した場合

Home

CISM – カナダ留学情報誌 Play Play Play Play Play Play Play Play Previous Next (広告) トロント大学 インターナショナルプログラム 学校検索 自分に合った学校を探しませんか? 学校検索へ 奨学金  奨学金・キャンペーン情報はこちら 一覧へ 【CISM協賛】 カナダ留学セミナー&個別相談会 2022 In 東京(10/26)・長野(10/29) ・福岡(11/04, 11/05) 開催決定! 事前登録受付中 ▷ 最新情報​​ VIEW MORE CISMニュース https://youtu.be/IZYR3mp9Nf4 更新日:2022/11/28 (PT) 詳細はこちら どの学部にするか迷ってますか? カナダで履修できる学部・学科情報が一覧になっています。どの学部を専攻しようか迷われている方はぜひご覧ください。 学部・学科情報一覧 人気の記事 VIEW MORE おすすめの記事 カナダで仕事を探そう 求人情報や就労関係のニュースはこちらから😁 カナダで仕事 カナダの天気・時間 Toronto Toronto WEATHER Vancouver

【更新】ポスグラ申請中に、学生ビザでカナダ国外に出て戻ってこれる?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 記事最終更新日:2022年03月09日、元記事発行日:2019年8月7日 ポスグラ(ポストグラデュエーション就労ビザ:PGWP)申請後に、カナダ国外に学生ビザで渡航して、戻ってくることはできるのでしょうか? A:ビザやeTAが有効である限り、カナダ国外に出た後に戻ることができます。但し、ビザ(学生ビザまたは就労ビザ)は、カナダに戻ってきたときの入国を保証するものではありません。ビザまたはeTAが有効でない場合はカナダに戻る前に新しいものを取得する必要があります。 カナダに戻る際の注意事項: 学生ビザの期限が有効であれば学生としての入国が可能 カナダ国外にいるときにポスグラ就労ビザが承認された場合には、就労ビザとしての入国が許可される可能性がある ポスグラビザが審査中の場合には、ビジターとしての入国が許可される可能性があり、申請書の審査の決定がおりるまで就労ビザなしでの就労が可能です カナダへ戻った入国時に、国境でオフィサーから質問を受けます。ポスグラビザへの申請証明の提示をオフィサーから要求される可能性があります(申請書のコピー、申請料支払いのレシートなど) オフィサーが再入国を拒否する理由があると判断した場合には、カナダへの入国が許可されません。 IRCC編集日:2021-09-29

カナダ留学:大学・カレッジの選び方は?

カナダにも数多くの大学やカレッジ、専門学校などがあります。学校を選ぶ際に注意するべきことは何でしょうか? 学校選択のコツ 学生によって必要としているものが異なるため、「この学校が一番良い」などはありません。下記のコツを読み、自分に適した学校を選択してみましょう。 どのようなプログラムが提供されているか 学校によっては提供されているプログラムや専門学科が異なります。例えば、看護学部や芸術学部、航空学部などの専門学科はすべての学校で提供されているわけではありません。 その学校が何に優れているか 学校によっては、大学ランキングの上位に位置していたり、芸術系で表彰を受けていたり、スポーツを専門にしていたりします。 学校にDLI番号があるかどうか DLI番号のある学校は留学生を受け入れることができます。 学校がポストグラデュエート就労ビザ(PGWP)を提供しているかどうか 卒業後にカナダに残る予定がある場合、PGWPが提供される学校をお勧めします 学校がどこにあるか 文化や地形、気候やサイズ、留学生の数など、州や都市により住環境などが大幅に異なります。 費用がどれぐらいかかるか 学校により金額が大幅に異なります。また、住む場所により生活費も異なります。 入学条件は何か 学校やプログラムにより入学条件が異なります。場合によっては、留学生を受け入れていない場合もあります。 奨学金を受け取れるか 学校によっては留学生用の奨学金がある場合もあります。   学校やプログラムを調べるには、以下のツールをご利用ください。 学校検索 学科検索 英語の元記事はこちら

カナダで働くのに必要?オンラインでSINナンバーに申請する方法は?

こちらの情報は2022年1月18日現在の情報です。最新情報はお問い合わせください。 カナダで働く場合、SINナンバーに申請が必要です。SINナンバーとは、Social Insurance Numberの略であり、社会保険番号という意味があります。SINナンバーに関しては過去の記事もご覧ください↓ オンラインでSINナンバーを申請するには:必要書類 以下の書類をご準備ください: カナダでのステータスを証明する身分証明書:カナダ国籍を証明するもの・PRカード・就労ビザ・学生ビザ(就労を許可する旨が書かれていること)など 身分証明書(パスポート・カナダの運転免許証など) カナダでの滞在先の住所を証明するもの(政府や会社、機関、団体、大家、雇用者などから発行されているもの) 全ての書類をスキャンして、データでアップロードする必要があります。 出典:カナダ政府 オンラインでの申請 申請のページはこちら 申請方法や必要書類は変更となる可能性がございます。最新情報は、カナダ政府のウェブサイトをご確認になるか、お問い合わせください。

2022年にカナダに渡航するのに必要なものリスト

以下のリストは2022年1月12日現在の情報です。渡航情報等は変更となる可能性がありますので、最新情報に関してはお問い合わせください。 2022年用チェックリスト(コロナ対策) フライト72時間前のPCRテスト陰性証明 – ワクチン接種の有無にかかわらず、PCRテストの提出が必要です。迅速抗原検査はカウントされません。 ワクチン接種証明書 – モデルナ、ファイザーなど7種類のワクチンが許可されています。 ArriveCAN アプリ – これはスマホアプリで、渡航者には必ず必要なものです。このアプリを通して、すべての情報と書類を提出する必要があります。これを行うことで、ゲートで待たされず、多くの時間を節約することができます。 マスクと消毒 – フライト中はずっとマスクをしていなければなりません。例外はありません。万が一に備えて、予備のマスクもお持ちください。手指消毒剤は機内でも配布されますが、ご自身でご用意されると便利です。 隔離計画 – 宿泊場所が必要ですが、ホテル、実家、Airbnb、どれでもかまいません。必要なのは隔離するための場所です。食べ物や生活必需品も必要です。 乗り継ぎ先でのPCR検査結果 – 直行便でない場合は、乗り継ぎ空港でPCR検査を受ける必要があるかどうか、再度ご確認ください。また、乗り継ぎ先の都市に規則がある場合は、それに合わせて計画を立てるようにしてください。なお、カナダの各州にはそれぞれ独自の規制があります。 到着時の検査 – さらに安全対策として、空港を出る前にもう一度PCR検査を受けることになっています。これは別のプロセスであり、最初の目的地を離陸する前に事前登録が必要です。 注意:PCR検査結果やIRCCからの重要なメッセージは、常にメールで確認してください。 カナダへの出発準備では、考えることがたくさんあります。上記のリストは、パスポートや学生ビザのような通常時に必要なものに加えられるものです。 他に必要なもの パスポート – これは渡航先で最も重要な書類でしょう。忘れないように、なくさないようにしましょう。 学生ビザの許可証 – カナダに上陸する際、IRCCからのレターを入国審査官に提示する必要があります。係官がその書類を確認した後、正式な学生/就労ビザを発行します。 入学許可証 – カナダに留学することを証明するために、学校からの入学許可証を提示する必要があります。さらに、学校やビザの申請時に提出したもの(学校の卒業証書、成績証明書、残高証明書など)のコピーなど、補助書類なども用意するようにしてください。 補助身分証明書 – 運転免許証をお持ちの方は、ご持参ください。後でカナダの運転免許証に変換するに使えますし、何か公的な証明の補助書類になります。 厚手の服 – 地域にもよりますが、夏でも夜型は冷え込みます。 常備薬 – ここカナダでは、病院の予約を取るのも簡単ではありません。特にコロナ禍にカナダに来たばかりの人は、必要な薬やビタミン剤、処方箋を準備をしておいてください。天候や時間の変化もさることながら、医療サービスを受ける資格を得るまでに3ヶ月かかることもあります。 食べ物や個人的に必要なもの – この未曾有の時代には、常に隔離の準備をしておかなければなりません。一人でカナダに来る場合は、少なくとも2週間分の必要なものをすべて持っていた方が無難です。 このチェックリストがあれば、カナダでの新生活があと一歩でスタートできます。ここまで来れば、すべてが承認され、あとはフライトの準備をするだけです。 フライトの準備をきちんとすることが大切です。もし、何か不備があれば、搭乗を拒否されたり、高額な罰金を支払わなければならないこともあります。

【PGWP】カナダ国外でオンラインで履修した期間もポスグラ申請に含められる?

以下の情報は変更となる可能性があります。最新情報はお問い合わせください。 ポストグラデュエート就労ビザ(ポスグラビザ/PGWP)に関する過去記事もご覧ください↓ PGWPはDLI番号のある学校から卒業後に申請できる就労ビザです。その他の条件に関しては過去の記事をご覧ください↑ 新型コロナウイルスの影響で、PGWPへの申請に、オンラインで海外で履修した期間に関しても含まれることとなっています(オンラインで履修したすべての期間)。 今までは、期間の期限が2021年12月31日までとなっておりましたが、引き続く新型コロナウイルスの影響により、この度期限が延長されました。延長後の期限は2022年8月31日です。 これにより、2020年春学期から2022年夏学期まで、カナダ国外でオンラインにて履修されたプログラムは、PGWPへの申請に利用できることとなります。こちらには、2つのプログラムを履修している場合も含まれます。*その他の条件は変更されていないので、そちらも満たす必要があります。 尚、現時点では、2022年8月31日以降に履修していた期間や学生ビザを申請する前に履修していた期間は含まれませんので、ご注意ください。 (出典:カナダ政府) 最新情報や、ポスグラ申請に関してご質問のある方はお問い合わせください。

【BC州】EducationPlannerBCの使い方:大学やカレッジ申請に必要?

大学受験の季節ですね。特に、出願手続きを始めたばかりの頃は、かなり大変です。たくさんの大学にたくさんのプログラム…選択肢はほぼ無限にあるように思えます。幸いなことに、BC州には出願をサポートしてくれるプログラムがあります。 出願手続きに必要なサイト EducationPlannerBCは、BC州の大学およびカレッジへの申請手続きを向上させることを目的とした公共サービスで、学生が入学手続きについて調べたり学んだりできるようになっています。このサービスは、学生や両親、カウンセラーやBC州の大学のためのリソースとして機能し、EducationPlannerBCを利用する誰もが正確で適切な情報を得ることができます。このサービスは、3つの主要な項目「Plan(計画)」「Search(検索)」「Apply(申請)」で構成されています。「計画」機能では、学生が様々なプログラムや教育機関に関する情報を収集し、今後の計画することができます。「検索」機能では、BC州の様々な大学プログラムなど、多くのプログラムを検索することができます。最後に、「申請」機能では、EducationPlannerBCのアカウントを作成することで、複数の大学に応募することができます。カナダに来たばかりで、大学について情報が必要な学生にとって、EducationPlannerBCは非常に貴重なサービスとなります。ここではまず、サービスの主な機能である「計画」機能についてご紹介します。 「計画」機能について はじめに 「計画」機能の中には、ユーザーがこのサービスの中で探しているものを正確に絞り込めるよう、多くの選択肢が用意されています。「計画」機能タブ内の「Getting Started:はじめに」では、ユーザーが大学への出願を開始するのに役立つ詳細情報を提供しています。 成功への計画 「はじめに」の中の「Plan for Success:成功への計画」では、BC州の大学について詳しく知り、どのようなプログラムを提供しているのか、そして選択肢が絞られた後にどのように申請すればよいのかなどの、詳しい手順が書かれたやるべきことリストが用意されています。大学のに関する情報が非常に多い中で、このようなリストは非常に役に立ちます。 ポストセカンダリーの人々 また、「はじめに」タブでは、「ポストセカンダリーの人々」という機能を使って、自分に関連する情報を見つけることができます。高校を卒業した人、先住民の学生、留学生、成人学習者、編入学生、アカデミックアドバイザー、保護者など、あらゆるタイプの人や学生のための情報が用意されており、すべての人がアクセスできるようになっています。「成功への計画」タブのように、それぞれのタブには『どのようなリソースが利用できるか』『どのように成功への計画を立てればよいか』などの段階的なプロセスが準備されています。例えば、「留学生」タブでは、カナダの大学で必要とされる基本的な情報を提供しています。英語が教育言語であること(つまり、すべての教育機関が何らかの英語能力条件を設けていること)、カナダでの学生ビザ、BC州での健康保険(MSP)、教育機関のアドバイザーなどについて詳しく説明しています。また、留学生が留学計画を立てる際に役立つと思われる外部リソースも提供しています。このように、多くの情報を自由に利用できるプランナーは、どのようなタイプのユーザーにも適しており、出願手続きを大幅に容易にしてくれます。 用語集 「計画」タブ内の「用語集」セクションでは、ユーザーが既に持っている経験や情報に基づいて調べたり、大学への出願プロセスのうち、より詳しく知りたい特定の内容に基づいて調べたりすることができます。例えば、「用語集」には、さまざまな進路、資格、実習、教育機関、プログラム、専攻に関する情報が掲載されています。これらのタブを利用することで、ユーザーは自分に最も適した事柄について学ぶことができます。 申請 「はじめに」のタブで計画を立てた後、次に見るべきタブは「申請」セクションです。ここでは、出願計画、成績証明書、出願後の流れ、教育機関への登録方法(出願手続きがうまくいった場合)などについて詳しく説明しています。EducationPlannerBCのユーザーがストレスや不安を感じないように、出願方法のすべてのステップが考慮されています。 ファイナンス 大学は決して安いものではありません。そのため、「計画」タブの最も重要な機能のひとつが「ファイナンス」セクションです。このセクションでは、教育費(およびそれに付随する費用の種類)、学生の財政援助、奨学金、お金のヒントなど、大学に伴うさまざまな種類の金銭的な情報を網羅しており、学生は様々な情報を知ることができます。 学習 大学での経験のもう一つの重要なことは、勉強です。私たちは結局のところ、学ぶために大学に行くのです。EducationPlannerBCでは、このステップも考慮して、BC州での留学に特化したセクションを設けています。「学習」のセクションでは、学生サービス、勉強のヒント、Co-op教育プログラム、プログラム修了計画、障がい者やアクセシビリティサービス、仕事経験に関する情報を提供しています。前述したように、勉強のプロセスや修了など、大学のすべてのステップが説明されています。 仕事 大学卒業後は、いよいよ就職活動です。EducationPlannerBCは、大学卒業後にやってくる段階、つまり就職のためのリソースも提供しています。「仕事」タブでは、キャリア評価、キャリアセンターと卒業生サービス、就職活動のためのリソース、留学生のためのキャリアの機会などの詳細をユーザーに提供しています。ここでは、留学生が働くために必要なビザやポストグラジュエート就労ビザ(PGWP)についての詳細を知ることができます。また、カナダでの就労について、カナダ政府から直接提供された留学生向けの追加資料も掲載されています。 「検索」機能について 先に述べたように、「検索」機能では、ユーザーが最も興味を持ちそうなプログラムや大学を検索することができます。正しい方向に導くためのキーワードから、特定の大学の特定のプログラムまで、何でも検索することができます。「検索」機能についてもっと知りたい方は、EducationPlannerBCをチェックして、興味のあるものを見つけてみてください。 「入学申請」機能について 申請手順の最後のステップは、実際に教育機関に申請することです。これは、EducationPlannerBCの「申請」タブで行うことができます。EducationPlannerBCのアカウントを持っている人であれば、一度に複数の大学に出願することができ、多くの大学への出願方法が明確に示されています。 最初に「申請」タブを利用する際に、ユーザーはEducationPlannerBCアカウントにサインアップするか、既存のアカウントでログインするように求められます。 プロフィールを完成させるには、個人情報、連絡先、学歴などが必要となります。これらの情報を入力した後、申請手続きを続行することができます。 ここでは、申請したい教育機関を選択し、申請書を記入し、最後に内容を確認して提出します。申請書を提出した後、基本、申請状況を常に確認することができます。 動画はこちら↓ 次のステップは? BC州の大学に出願していなくても、EducationPlannerBCは、さまざまな情報を得ることができる素晴らしいリソースです。すでに通っている大学について詳しく知りたい方や、お金を節約するためのヒントを知りたい方にも、EducationPlannerBCは最高のリソースです。皆さんもご自分で調べて、プランナーがどのように役に立つのか見てみてください。長文となりましたが、お読みいただきありがとうございました。良い留学生活をお過ごしください! サイトはこちら:EducationPlannerBC 英語の元記事はこちら

【最新】カナダの入国制限:2021年11月19日アップデート版

こちらの情報は2021年11月20日現在の情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。 2021年11月19日アップデート:カナダ移民局 本日、カナダ政府は、カナダの国境措置に関する今後の調整について発表します。 2021年11月30日より、カナダへの入国権を保持している、完全にワクチン接種を完了している者が、カナダを出国してから72時間以内に再入国する場合、入国前の分子検査を提示する必要はありません。*但し、この免除は、完全にワクチン接種を完了しているカナダ市民、永住権保持者、またはインド法に基づいて登録された個人が、陸路または空路で出発および再入国し、カナダを離れていた時間が72時間以内であることを証明できる、カナダ発の渡航にのみ適用されます。この免除は、12歳以下の子どもの同伴者や、医学的に予防接種が禁忌とされる人にも適用されます。また、2021年11月30日より、カナダへの渡航に必要なワクチン接種証明用のワクチンのリストを拡大します。このリストには、シノファーム、シノバック、COVAXINが含まれ、これは、世界保健機関のリストと一致します。 また、カナダ政府は、2022年1月15日より、現在入国要件が免除されている特定のグループの渡航者は、カナダへの入国が承認されているワクチンのいずれかを完全に接種している場合に限り、入国が許可されることを発表しています。該当グループは以下の通りです: 家族と再会するために渡航する個人(18歳未満のワクチン未接種の子どもは、カナダ人、永住者、またはインド法に基づいて登録された人である直系または拡大家族と再会するために渡航する場合は免除されます。) 18歳以上の外国人留学生 プロおよびアマチュアのスポーツ選手 一時的な外国人労働者を含む、有効な就労ビザを持つ個人(農業および食品加工業を除く)、および トラック運転手を含む、必要不可欠なサービス提供者 2022年1月15日以降、ワクチンを接種していない外国人やワクチンを一回だけ接種した外国人は、農業・食品加工従事者、船舶乗組員、危篤の家族に会う・葬式に出席するなどの緊急を要する人、新規永住者、再定住難民、18歳未満の一部の子どもなど特定のグループに適用される基準を満たした場合にのみ、カナダへの入国が許可されます。免除されたワクチン未接種の渡航者は、引き続き検査、隔離、その他の入国条件が適用されます。ワクチン未接種または一部接種のその他の外国人は、カナダへの入国が禁止されます。 11月30日より、カナダ国内および国外への渡航にはワクチン接種が必要となります。コロナ分子検査は、渡航者が医学的に予防接種を受けることができないなどの限られた除外事項に該当する場合を除き、予防接種の代替手段として認められなくなります。渡航者は、航空会社または鉄道会社に連絡して必要なフォームを入手し、11月30日時点での各航空会社の承認プロセスに従って提出してください。 出典:https://www.canada.ca/en/public-health/news/2021/11/government-of-canada-announces-adjustments-to-canadas-border-measures.html

ポストバカロレアディプロマ(PDD)を得る利点とは?

PDDとはポストディグリーディプロマ(PDD)またはポストバカロレアディプロマ(PBD)の略です。これはカナダの高等教育の専門分野であり、大学を卒業した人が、就職、専攻の変更、エクスプレスエントリースコア(移民)の向上、カナダへの移民を希望する場合に、PDDを検討することができます。 PDDとは?メリットは? PDDとは、特定の分野で勉強を続けたい学生のために作られたものです。ここでは、その学生を最も惹きつける4つの主なメリットを紹介します。 入学条件が低い。PDDに必要なGPAは、修士課程よりも低くなっています。大学やカレッジで関連する勉強をしていなかったり、関連する仕事の経験がなかったりしても、受け入れてくれる教育機関はおおくあります。PDDは、学生が英語要件に達していない場合、ランゲージセンターでの学習も提供します。 就職率も高い。PDDは基礎知識と専門技術を重視しているため、政府が認めるコースを提供しています。そのため、北米での就職率は非常に高いです。 エクスプレスエントリースコアを稼ぐことができる。学生は、「ポスト学士号」という区分で永住権申請の際に、追加のエクスプレスエントリースコアを稼ぐことができます。 期間が短い。PDDなどは2年以内に修了でき、どちらも就労ビザの申請に利用できます。 多くのカレッジや大学にて、PDDは提供されています。詳しくは、学校検索で「Post degree」「Post graduate」などと検索していただくか、お問い合わせください。 英語の元記事はこちら

カナダの国勢調査(census)も回答しないと罰金?

日本でも行われている国勢調査(census)ですが、カナダにも同様の調査があります。カナダの国勢調査はどのようなものなのでしょうか? そもそも国勢調査(census)って何? カナダの国勢調査も5年に一度行われます。社会経済の主要な動向に関する質の高い情報や、カナダ人が家族や地域、企業に影響を与える重要な意思決定を行う際に役立つ分析などを行います。1971年以降、統計法により、カナダ統計局は5年ごとに1と6で終わる年に人口調査と農業調査を行うことが法的に定められています。国勢調査の間隔を5年にすることで、国や人口に関するより最新で詳細な情報を得ることができます。 次回の国勢調査の締切は2021年5月11日です。 国勢調査は誰が対象? 国勢調査は、カナダ国民、移民、非永住者など、カナダの全人口を集計します。非永住者には、就労ビザや学生ビザを持っている人や、難民認定を受けている人を含みます。また、国勢調査では、国勢調査日に一時的に国外にいるカナダ国民や定住移民もカウントします。 カナダの75%の世帯が、人口調査の短文形式の質問票を受け取っています。また、カナダの25%の世帯が長文の質問票を受け取ります。長文調査票では、短文調査票と同様の人口統計情報に加え、カナダ全土の人々の社会的・経済的状況や居住地に関する情報を収集します。また、カナダのすべての農場経営者は、同じ「農業調査」の質問票を受け取ります。 提出しなかった場合は罰則がある? 国勢調査のアンケートへの回答は、統計法に基づいて義務付けられています。同法では、国勢調査票の記入を拒否した場合、500ドル以下の罰金を科すことができると規定されています。また、裁判所は、国勢調査票の記入を要求することができます。 国勢調査は以下のような書類が届きます。書類上に書かれているアクセスコードを利用し、オンラインで提出を行うことができます。 出典:カナダ政府

Co-op vs Internship vs Practicum:コープ、インターン、プラクティカムの違い

カナダでは、留学生が利用できる様々な体験学習の機会が用意されています。一般的には、Co-op(コープ)、Internship(インターンシップ)、Practicum(プラクティカム)などの機会があります。どのような職業体験プログラムに参加するかは、所属するプログラムによって大きく異なります。 Co-op(コープ)とは Co-opとは、カナダの大学でよく行われているプログラムで、大学生と大学院生が有給で体験学習をする機会を提供するものです。Co-opの期間は通常2〜12ヶ月で、プログラムを修了するには、少なくとも12ヶ月分のCo-opを経験しなければならないことが多いです。尚、Co-opプログラムでは就労ビザを取得しなければならないことをご承知おきください。 Co-opプログラムには多くの利点があります。特に、自分の興味のある分野で経験を積むことができます。例えば、政治学のように複数のキャリアオプションがある一般的なプログラムを受講している場合、Co-opでの経験はキャリアパスを絞り込むのに役立ちます。もうひとつの利点は、Co-opで企業や組織に近づくことができることです。Co-opで採用された企業に後から就職する学生も多く、Co-opは本質的に将来のキャリアを確保するのに最適な方法なのです。最後に、おそらく最も注目すべきメリットは給与です。学生は、Co-opプログラムでどのような仕事に採用されても、時給を受け取ります。一般的には時給18.00〜22.00ドルの範囲ですが、Co-opの仕事内容や採用する企業によって異なります。 Co-opに興味のある学生のために、各教育機関には、学生をサポートするCo-op部門があるでしょう。多くの場合、この部門は学部ごとに組織されています。あなたが工学系であれば、工学系のCo-opを専門とするアドバイザーがいるでしょうし、芸術系であれば同じことが言えます。学生は、Co-opプログラムに関する詳しい情報を集めたり、Co-opプログラムを始めたりするために、Co-op部門の特定のCo-opアドバイザーに連絡する必要があります。 Internship(インターン)とは? インターンシップは、経験学習プログラムの中でも最も分かりにくいものの一つです。カナダの各州が有給または無給のインターンに関する独自の規制を設けていることが、混乱の原因となっています。インターンシップは、その中でも2つのタイプに分けることができます。それは、学習プログラムに関連するものと、学生が卒業後に応募するものです。前者は無給であることが多く、後者は有給ですが期間が短いのが特徴です。 インターンシップは、Co-opやプラクティカムと同様に、自分の専門分野に関連した経験を得ることができ、将来の雇用主となる可能性のある人と知り合う機会にもなるので、素晴らしいものです。履修プログラムに関連したインターンシップは、コースの形で実施されることもあります。多くの場合、ここでは学生がパートタイムで各分野の組織や企業と直接仕事をすることで、専門性の向上に努めています。このインターンシップコースは、学位取得のための単位としてカウントされます。卒業後に行われるインターンシップは、契約ベースの雇用機会であることが多く、つまり仕事の終了日が決まっています。一般的に、この種のインターンシップは、新卒者がその分野での仕事を体験したいと思って探しているものです。このような卒業後の機会は有給であることも利点です。 自分のプログラムに関連したインターンシップに興味のある学生は、特定の学部や学科に問い合わせてみてください。これらのプログラムでは、就労ビザは必要ないと思われますが、必ず再確認してください。一方、卒業後のインターンシップを探している学生は、教育機関のキャリアセンターの掲示物や、LinkedIn、Indeed、Monsterなどの求人検索サイトなど、さまざまな場所で探すことができますが、これらの求人には就労ビザが必要です。 Practicum(プラクティカム) プラクティカムは、特定のプログラムでは義務づけられていることが多く、その分野を専攻している学生は、一定時間のプラクティカムを完了して卒業しなければなりません。これらの経験は、多くの場合、監督者によって直接監督され、無給の場合もあります。カナダのカレッジや大学で提供されている臨床プログラムや教育プログラムでは、ほとんどの場合、プラクティカムが必須となっています。 プラクティカムは、実社会での実践的な学習経験を得るための最良の方法の一つです。コースワークで習得したすべてのスキルを、実際の現場で応用することができるのです。例えば、教師の場合、実際にクラスを教えることになります。この期間は数ヶ月に及ぶこともあり、卒業後に仕事を受け入れる前に、教室の環境やあらゆる形態の教育業務に慣れることができます。プラクティカムのもう一つの大きな利点は、人脈作りの機会となることです。将来、自分を雇ってくれる可能性のある企業や組織で働くことができます。 プラクティカムの詳細については、所属する大学の教員に相談してください。多くの場合、特定のプラクティカムプログラムや、実習を完了するために自分の専攻に加えて履修すべきコースがあります。例えば、教師になることを目指している場合は、教育学部のウェブサイトで、履修しなければならないプラクティカムプログラムについての詳細を確認してください。 体験学習の機会は、実際の環境で行うことで得ることができるため、まさに最高の学習方法のひとつです。Co-op、インターンシップ、プラクティカムなどの機会は、貴重な経験を提供し、教室では簡単に得られないスキルを身につけるのに役立つので、見逃すべきではありません。もしあなたがカナダで実際のキャリアを経験したいのであれば、これら3つの経験学習の機会のうちの1つを選ぶとよいでしょう。

スポンサー
Previous
Next
Previous
Next