Search Results for: 就労ビザ

【最新】ポスグラ(PGWP)保持者が就労ビザに申請できるかも

以下の情報はカナダ政府のウェブサイト等を引用しています。詳細は、そちらをご確認ください。 以下の記事は、2021年9月20日から2022年12月31日の間にポスグラ(PGWP)の有効期限が切れる方に関係するものです。通常、PGWPは1回限りしか申請できません。しかし、今回の措置により、対象となるPGWP保持者は、さらに18ヶ月間、ビザを延長するか、新たにビザを申請することができるようになります。カナダ移民局によると、このビザは空港などで申請することはできないそうです。このビザの申請はすべて、2022年12月31日までにオンラインで提出する必要があります。現在カナダに滞在している人も、ビザの延長や新しいビザの発行が行われている間は、暫定的に働くことができるようになります。 1. PGWPの有効期限が2022年10月2日から2022年12月31日まで、住所が正しく、パスポートの有効期限は2024年4月までの場合 何もする必要はありません。カナダ移民局から郵送先住所の確認メールが届いても、返信しないでください。最新のビザが発行され、10月中旬までに自宅住所に送られます。 2. PGWPの有効期限は2022年10月2日から2022年12月31日までだが、住所やパスポートの有効期限を更新する必要がある方。 カナダ移民局から郵送先住所確認のためのメールが届きます。メールの指示に従って、郵送先住所の更新が必要であることを移民局に知らせてください。 パスポートの有効期限によって、ビザの18ヶ月延長の条件を満たせない場合、この最初のメールは届きませんが、9月に別のメールが届きます。 郵送先住所やパスポート情報を更新する必要がある場合は、オンラインアカウントで郵送先住所やパスポートの有効期限を更新する方法を9月にEメールでお知らせします。更新のための期間は2週間です。この情報を更新すると、11月中旬までに更新されたビザが郵送で届きます。 パスポートの有効期限を確認し、2024年4月2日以前に有効期限が切れる場合は、延長申請をしてください。PGWPを紙の申請書で申請した場合は、申請書をオンラインアカウントにリンクしていることを確認してください。 3. PGWPの有効期限は2022年10月2日から2022年12月31日までだが、住所やパスポートの有効期限を更新することができない方。 ビザの延長は、オンラインで申請する必要があります。パスポートの有効期限まで延長されたビザを受け取ることもできますし、パスポートを更新するまで申請するのを待つこともできます。 4. PGWPの有効期限は2022年10月2日から2022年12月31日までだが、移民局からの連絡がない場合 9月中旬までに移民局からメッセージが届かない場合は、さらなる審査が必要になるなど、別の理由でこのビザ延長の資格がないものと思われます。この場合でも、オンラインでビザの延長を申請することは可能です。 5. PGWPの有効期限が2021年9月20日から2022年10月1日までの場合。 移民局によると、ビザのオンライン申請が必要になるそうです。申請開始は2022年8月2日です。カナダにいて、一時的なステータスも失効している場合は、同時にステータスの回復を申請する必要があります。この特別措置では、90日以上前に失効した場合でも、資格の回復が認められます。 カナダを出国し、許可が下りてから帰国する場合は、海外から申請することが可能です。 詳細は下記リンクからもご確認いただけます(すべて英語): 元記事 移民局ページ 該当するかチェックするページ

【最新】2022年にポスグラ就労ビザが切れる人も延長可能に?

こちらは2022年6月28日現在の情報です。最新情報はお問い合わせください。 カナダ移民局大臣Sean Fraser氏によりますと、2021年9月20日から2022年12月31日までに切れてしまうポストグラデュエート就労ビザの延長申請が可能となりました。これは以前と同様で特別措置であり、18か月有効な就労ビザに申請が可能だそうです。 通常であれば、ポストグラデュエート就労ビザの延長申請は行うことができません。ポスグラに関しての過去記事はこちらをご覧ください。 出典:Sean Fraser

ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP/ポスグラ)保持者増加中

カナダで留学をする学生は年々増えていますが、カレッジやユニバーシティ卒業後にポスグラビザ(PGWP)に申請し、カナダに残る方も増えています。 ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP)は、カナダのユニバーシティ・カレッジ卒業後に申請することができる最大3年間分の就労ビザです。ポスグラに関しては、過去記事もご覧ください↓ どれぐらい人数が増えてるの? スタティスティックスカナダ(カナダ統計局)によりますと、2008年から2018年の間にポスグラビザ保持者は10,300人から64,700人と6倍に増えているそうです。 どんな人がポスグラビザを持っているの? 2018年のデータによりますと、ポスグラ保持者の56%は男性・44%は女性です。年齢別にみていくと、25歳未満は49%、25~34歳は46%、35歳以上は5%です。ポスグラ保持者の国籍はトップ10のみが発表されており(トップ3はインド・中国・フランス)、日本国籍者はそちらに含まれておらず、1%以下です。滞在する州に関しては、オンタリオ州が一番多く全体の56%、続いてBC州の16%、さらにケベック州の11%と続きます。 ポスグラビザの詳細や最新情報に関してはお問い合わせください。 出典:カナダ政府、CICNEWS

新型コロナ対策として、ポスグラ就労ビザPGWPが延長可能かもしれません

2021年1月8日付のカナダ政府の発表によりますと、新型コロナウイルスによってポスグラ就労ビザ(PGWP)の期限が切れる/切れそうな人は、オープン就労ビザに申請できるかもしれません。このオープン就労ビザは18か月有効だそうです。 以下の条件のすべてを満たす必要があります: 2020年1月30日以降に期限が切れるポスグラを持っている、または、申請日から4か月以内に期限が切れる 現在カナダに滞在できるステータスがある、または、レストレーションに申請する 現在カナダ国内にいる 申請は2021年1月27日にスタートし、締め切りは7月27日だそうです。申請方法の詳細は1月27日に発表されるそうです。

ポスト・グラデュエーション・就労ビザ(PGWP)とは何ですか?どのように取得できますか?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 目次 DLI番号のある学校から卒業し、カナダで一時的に滞在したい場合、ポストグラデュエーション就労ビザ(PGWP)へ申請することが可能かもしれません。 DLI番号のある学校の全てがポストグラデュエーション就労ビザへの申請を許可するとは限りません。どの学校がこのパーミットに申請できるプログラムを提供しているかは、DLI番号のある学校リストをご確認ください。 費用 ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP):255カナダドル 許可が下りるまでにかかる日数 こちらをご覧ください ポストグラデュエーション就労ビザの有効期間はどれぐらいですか? ポストグラデュエーション就労ビザの有効期間は履修プログラムの期間により異なります。もしプログラム期間が: 8か月未満場合 PGWPに申請することはできません 8か月以上2年未満の場合 PGWPの期間は履修プログラムの期間と同じ長さになると思われます(9か月のプログラムを完了したら、9か月の就労ビザが下りるでしょう) 2年以上の場合 PGWPの期間は3年となると思われます 1つより多くのプログラムを完了している場合は、それぞれのプログラムの長さを合わせることが可能かもしれません。これには、それぞれのプログラムが: PGWP要件を満たしている、さらに 8か月以上のプログラムである必要があります。 すでに過去に学校のプログラムを修了しPGWPを得ている場合は、新規でPGWPを得ることはできません。 もしPGWPの前にパスポートの期限が切れる場合 PGWPの有効期間中にパスポートの期限が切れないようにしてください。もしパスポートの期限が切れる場合は: カナダ移民局は、パスポートの期限までのPGWPしか発行することができません 完全な有効性を得るためにそれを延長するべきかどうかはカナダ移民局より連絡が届きます PGWPはカナダ移民局の連絡がない限り延長することはできません。延長の場合、書類上で延長することにより、もともとあるべき期間有効にすることができます。 申請条件 ポストグラデュエーション就労ビザ(PGWP)を申請するのに、学校が最終成績を発行してから180日間あります。 申請資格を得るためには、その180日間のどこかまでは学生ビザが有効である必要があります。 また、以下の条件も必要です; プログラムの履修を完了している DLI番号のある学校にて 8か月以上、さらに ディグリー、ディプロマ、サーティフィケートなどの学位を受け取っている カナダで学生でいる間、それぞれの学期でフルタイムの学生であった(最終セメスターはパートタイム可能、または休暇を取った場合) 以下の学校から卒業している: 公立のポストセカンダリー、例えば、カレッジや職業訓練/専門学校、ユニバーシティ、またはCEGEP(ケベックにて)、または、 私立のポストセカンダリー(ケベックにて)であり、ケベックの公立の学校と同じ規則の元運営されている場合、または、 私立のセカンダリーまたはポストセカンダリー(ケベックにて)であり、900時間以上の該当プログラムを提供しており、diplôme d’études professionnelles (DEP) または attestation de spécialisation professionnelle (ASP)を得ることのできるプログラムである場合、または、 カナダの私立の学校であり、州の法律に沿った学位を得ることができ(例えば、準学士号、学士号、修士号、博士号)、州によって認可されているプログラムを履修している場合 もしPGWPの前にパスポートの期限が切れる場合 PGWPの有効期間中にパスポートの期限が切れないようにしてください。もしパスポートの期限が切れる場合は: カナダ移民局は、パスポートの期限までのPGWPしか発行することができません 完全な有効性を得るためにそれを延長するべきかどうかはカナダ移民局より連絡が届きます PGWPはカナダ移民局の連絡がない限り延長することはできません。延長の場合、書類上で延長することにより、もともとあるべき期間有効にすることができます。 以下に当てはまる場合はPGWPに申請することができません: すでに過去にポストグラデュエーション就労ビザを受け取ったことがある

2024年「新規留学生学生ビザの発行数を約36万人に減少させる」予定

最終更新:2024年2月3日 移民局によりますと、カナダ政府は2年間、留学生数の増加を安定させるため、留学生学生ビザ申請数に上限を設ける予定と発表しました。 この上限により、2024年に承認される学生ビザ件数は2023年比で35%減の約36万件になると予想されています。 公正を期すため、ビザ件数の上限は各州および準州の人口で決められ、留学生数が最も持続不可能な増加を示している州では、より大幅な減少となります。 学生ビザの延長申請に影響はありません。修士号・博士号プログラム履修者、エレメンタリー・セカンダリー教育はこの上限には含まれません。現在の学生ビザ保持者は影響を受けません。 カナダ移民局は、各州・準州に上限数の一部を割り当て、各州・準州はその割り当て分を各DLI教育機関に分配します。 この上限を導入するため、2024年1月22日以降、カナダ移民局に提出されるすべての学生ビザ申請書には、州または準州からの証明書も必要となります。州および準州は、遅くとも2024年3月31日までに、学生に証明書を発行するプロセスを確立することが予定されます。 これらの暫定措置は2年間実施され、2025年に新たに受理される学生ビザ申請の数は、今年末に再評価されます。この期間中、カナダ政府は、州および準州、DLI機関、国の教育関係者と協力し、認定教育機関の枠組みの最終決定、長期的に持続可能な留学生数の決定、ポストセカンダリー教育機関が適切なレベルの学生の滞在先を提供できるようにすることなど、留学生のための持続可能な方法の構築に取り組んでいきます。 ポストグラデュエート就労ビザプログラムの調整を図るため、申請資格を変更します: 2024年9月1日以降、カリキュラムライセンスアグリーメントの一部である就学プログラムを開始する留学生は、卒業時に卒業後の就労ビザを取得する資格がなくなります。カリキュラムライセンスアグリーメントとは、学生が、関連する公立カレッジのカリキュラムを提供するライセンスを受けた私立カレッジに通うことです。これらのプログラムは、公立カレッジよりも監視の目が行き届かず、卒業後の就労ビザの取得資格に関して抜け穴のような役割を果たしますが、近年、これらのプログラムを行う留学生の数に大きな伸びを見せています。 修士課程およびその他の短期大学院課程を卒業した者は、まもなく3年間の就労ビザを申請できるようになります。現在の基準では、卒業後の就労ビザの有効期間は個人の就学期間のみに基づいているため、修士課程を修了した者が就労経験を積み、永住権に移行できる可能性がある期間が制限され、就労の妨げとなっている。 今後数週間は、修士課程および博士課程に在籍する留学生の配偶者のみがオープン就労ビザを取得できます。学士課程やカレッジプログラムを含む他のレベルの留学生の配偶者は対象外となります。 本日発表された重要な措置は、最近発表された留学生プログラムの改革を補完するものであります。これらを組み合わせることで、留学生がカナダで充実した留学生活を送るために必要なサポートを受け、必要なリソースを確保できるようにすると同時に、カナダに到着する学生全体の数を安定させ、カナダでの住居、医療、その他のサービスに対する圧力を緩和することを目的としています。 今後数ヶ月間、カナダ移民局は、需要のあるスキルを持つ学生に永住権取得への明確な進路を提供し、留学生を労働力としてよりよく移行させるための新たな方策を模索し続けます。 移民局は最近、留学生プログラムが到着予定の学生だけでなく、カナダ全体のために機能するよう、以下のようないくつかの施策を導入しました: 2024年1月1日、学生ビザ申請者の生活費条件は、カナダでの真の生活費をよりよく反映し、学生の脆弱性や搾取を防ぐために更新されました。 2023年12月1日以降、ポストセカンダリーのDLI教育機関は、カナダ国外の申請者が提出したすべての入学許可書をカナダ移民局に直接確認することが義務づけられました。この強化された確認プロセスにより、留学希望者を不正行為から守り、真正な入学許可書のみに基づいて学生ビザが発行されるようにしています。 2024年には、カナダで勉学に励む留学生を支援することを目的とした、的を絞ったパイロットプログラムを実施する予定です。 留学予定の州または準州からの証明書(Attestation letter) ほとんどの学生は、留学予定の州または準州からの証明書を提出する必要があります。 証明(attestation letter)を受け取る方法 各州・準州は、証明を取得するための手続きを整備している途中です。これらの手続きは2024年3月31日までに完了する予定です。各州・準州から情報が入り次第、移民局の学生ビザ申請ページが更新されます。 2024年1月22日以降に受理された学生ビザ申請で証明(attestation letter)がないすべての申請は、以下の免除に該当しない限り、申請を返却します。 証明(attestation letter)が免除される場合 以下に該当する場合、就学許可証の申請にprovincial attestation letter(PAL)は必要ありません。   プリスクール、小学校、中等学校(12年生まで)への申請 修士課程または博士課程プログラムへの申請 カナダに滞在中且つ以下のいずれかに該当する場合: 学生ビザの延長の申請 ワークビザ保持者 一時滞在者で、指定教育機関(DLI)で学ぶvisiting studentまたは交換留学生 DLIに入学するための前提条件となるコースやプログラムを修了した一時滞在者 退去命令を受けているが、現時点ではカナダから退去することができない 少なくとも6ヶ月間有効な一時滞在許可証を持っている。 家族がカナダ在住で、以下のいずれかに該当する方: 学生ビザ保持者 ワークビザ証保持者 少なくとも6ヶ月間有効な一時滞在許可証保持者 Visiting Forces Actに基づく他国の軍関係者 公認の外国政府代表者 特定のスポーツ活動やイベントの参加者 カナダで就労する外国の報道会社の社員 宗教関係者 PALについての詳細はこちらをご覧ください。 出典:https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/news/2024/01/canada-to-stabilize-growth-and-decrease-number-of-new-international-student-permits-issued-to-approximately-360000-for-2024.html,

ワーホリ

2024年ワーキングホリデーの申請受付が始まりました!

2023年12月11日、マーク・ミラー移民・難民・市民権大臣は、International Experience Canada(IEC)プログラムの2024年シーズンの開始を発表しました。 IECプログラムにより、パートナーである国や地域から約9万人がカナダに渡航し、専門スキルを身につけ、カナダのライフスタイルを体験することが可能です。応募資格はこちらをご覧ください。 IECプログラムにはワーキングホリデー、インターナショナル・コーオプ、ヤング・プロフェッショナルの3つのカテゴリーがありますが、日本人はワーキングホリデーのみ参加が可能です。 基本情報 2023年12月11日より2024年シーズンの申請が可能 募集人数:6,500人 第1回抽選:2024年1月8日の週 ※ワーキングホリデーには1回のみ参加できます。 応募条件: 日本国民であること カナダ滞在中有効な日本のパスポートを所持していること カナダでの就労ビザの有効期限がパスポートの有効期限を超えることはできない 申請時に日本居住者であることを証明すること 日本国内に住所または郵送先があること 18歳以上30歳以下 カナダでの滞在費として最低2,500カナダドルを所持していること 滞在期間中有効な健康保険に加入していること カナダ入国時に、保険に加入していることを証明する書類の提示を求められる場合がある カナダへの入国を拒否されないこと 出国前に往復航空券を所持していること。またはカナダ滞在終了時に出国航空券を購入する経済力を証明すること 扶養家族を伴わないこと 手数料を支払う(272カナダドル) IECプログラムの概要 IECは、カナダと海外の青少年(18~35歳)が互いの国で働き、旅行することを認める相互交流プログラムです。 カナダは35以上の国や地域と青少年モビリティ・パートナーシップを結んでいます。 2023年にはフィンランド、アイスランド、ウクライナと新たな取り決めや協定が結ばれ、韓国やイギリスとの既存のパートナーシップは改善されました。 出典:CISM 参照:Government of Canada Newsroom、Government of Canada 免責事項 ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。 また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

重要なお知らせ:カナダ国内で週20時間以上の学外労働を許可する一時方針は2023年12月31日に終了します

2023年12月7日の政府発表により、一定条件下にある方は2024年4月30日まで引き続き週20時間以上の就労が許可されると発表されました。 対象となるのは以下の条件に当てはまる方です。 2023年12月7日までに学生ビザの申請を行った方 加えて、何らかの追加の許可・支援を検討しているとのことです。続報をお待ちください。 参照:Revised requirements to better protect international students 更新日:2024年12月07日 最新情報(2024/12/13) カナダの有資格な留学ビザ保持者に対して、2022年10月に発表された一時的な公共方針により、彼らは学期中に週20時間を超える学外労働が可能となりました。そして、この方針は当初の予定通り、2023年12月31日に終了し、2024年1月1日以降の学生の就労時間上限は従来通りの週20時間までに戻る予定です。 一時的な公共方針の概要 2022年10月7日に発表された一時的な公共方針では、カナダの一部の留学生が学期中に週20時間の制限を超えて学外で働くことが許可されました。この方針は、有資格なフルタイムの留学生が就労ビザを持っていない場合に適用され、2022年11月15日から2023年12月31日までの期間に有効とされ、当初の予定通りに今年いっぱいをもって終了となる予定です。 一時措置の目的 週20時間の制限を撤廃する決定は、有資格な留学生にカナダでの貴重な職務経験の機会を提供することを目的としていました。また、この措置は、カナダのパンデミック後の経済成長を支え、熟練労働者の供給を向上させることを目的としていました。移民、難民、市民権大臣のショーン・フレイザーは、この措置が一時的なものであることを強調し、2023年12月31日に終了することを示唆しました。 学生と経済成長への影響 この措置は、学生が学びながら実践的な職務経験を積む機会を提供することを目的として実施されました。ただし、2024年に週20時間労働制限に戻ることにより、一部の学生は変更に対処するのに苦労するかもしれません。移民、難民、市民権カナダによる一時方針の再評価には、増加した労働時間を活用した留学生の数などにその影響が出るとされています。 財政上の考慮事項 すでに留学生は重要な財政的課題に直面しており、2023-24年度において、カナダの平均的なフルタイムの留学生は38,081ドルの学費を支払っています(統計カナダのデータよる)。これに対して、カナダの学生は平均7,076ドルを支払っています。労働機会の増加に頼ってきた留学生にとって、労働時間の政策変更は財政的なプレッシャーをさらに増加させる可能性があります。 カナダの留学生向け学外労働時間の一時的な公共方針が2023年12月31日に終了することにより、影響を受ける学生が注意を払うことが非常に重要でしょう。方針の再評価により、その影響が明らかになり、留学生は2024年に通常の週20時間の制限に戻る準備をする必要があります。事前に十分な計画を立て、財政的なサポートの代替手段を探ることは、一時的な方針を活用してきた学生にとって不可欠となるでしょう。 関係記事: 【速報】一時的に留学生が週20時間以上働くことが可能に!     参考: DailyHive, Government of Canada 引用:CISM

【2023年版】カナダで留学生としてアルバイトをするには?

海外留学先として人気のカナダですが、有名な大学やカナダ独特の環境で学生生活を通して様々な学びを通して、カナダ国内でのキャリアの地盤を作ことが出来るなど、長期定住をする上で現地で教育を受けるの重要性が益々高まってきていると言えます。 カナダで教育を受けることはより広い知見と経験をもたらし、無事卒業できた時の達成感は言葉に表せないものとなるでしょう。しかしながら、そこに至るまでには様々な困難やストレスと対峙することとなります。 その一つが「お金」の問題です。 留学生にとってカナダで教育を受けるのに支払う必要のある学費は皆さんが母国で支払うものと比べて膨大なものとなりますが、それ以外にも教科書、教材費、住居費、食料品、交通費、そして個人的な出費の数々など、学業を続ける上で避けがたい出費は多くあります。 幸いなことに、カナダの指定教育機関(DLI)で学ぶ留学生には、別途労働許可証を取得することなく就労する機会があります。6ヶ月を超え、最終的に専門資格を取得できる教育課程に在籍している限り、就労の資格を得ることができる場合もあります。 在学中にも働けるチャンスがある 通常、一定以上の条件を満たした留学生は学期中に週20時間までのアルバイトが認められています。また、リーディング・ウィーク(カナダ独特の学期中に設けられる1週間程度の休日期間) や夏休みなどの学業休暇中は、その間のみではあるもののフルタイムで働くことが認められています。このように、カナダの留学生は勉強しながら仕事を持つことができることも特筆すべき点といえましょう。 学校内の求人は一般的には学内のジョブボード、キャリアセンター、学生会館、キャリアフェアなど様々なルートで募集されます。学外の場合はLinkedInやIndeedのような人気のあるウェブサイトが活用されるケースが多いです。 特に以下のような求人サイトがカナダでは有名です。 Talent Egg Glassdoor Monster.ca CareerBuilder SimplyHired  Eluta Upwork 卒業後に就労ビザを得られるケースもある 留学生は一定条件下の就学プログラムを修了すると、カナダでフルタイムで働くことができるPGWP(Post-Graduation Work Permit)を取得することができます。PGWPの有効期間は留学生のプログラム期間によって異なり、最長3年間までの就労許可を得られます。PGWPは、留学生にとっては就労経験を積む貴重な機会であり、学生にとっては「永住権取得を目指す」「カナダ国内で実務経験を得る」「各分野における専門知識を習得する」「カナダ経済へ貢献する」などの機会を得ることが出来るメリットがあります。 また、就学許可証の取得は、就学プログラムが終了した後にカナダに居住し就労する資格を得るために必要であり、学生は就学許可証の有効期限が切れる前に就労許可証を取得する必要があります。加えて留学生の就学プログラムが必要な期間と認定基準を満たしている場合、カナダで学生として就労を開始する前に行う追加措置を得ることもできます。 カナダで働くには社会保険番号(SIN)が必要 カナダで留学生として働く為にはまず始めに社会保険番号(SIN)を取得する必要があります。SINとは、Service Canadaが発行する9桁の個別番号で、これによりカナダ政府は以下の内容を管理しています。 雇用記録 銀行口座の開設 適切な所得税の支払い 特定の公共サービスへのアクセス 労働時間の管理 カナダ国民、永住権保持者、一時居住者など、カナダで就労できるステータスは様々ありますが、その全てのケースで就労する場合にはSINの取得が義務付けられています。また留学生は就労資格を得る前に留学プログラムの開始まで待たなければなりません。 例えば、プログラム開始前の夏にカナダに到着した場合、就労を開始するのは9月の最初の授業まで待たなければなりません。この待機期間中には、滞在先を探す、履歴書(CV)を見直す、仕事量や健康状態、アルバイトの効果的な管理方法を検討するなど、学業と就労のバランスを保つための計画を建てるのに充てると良いでしょう。 加えて、履歴書に関してトロント大学のキャリア・センターは、留学生、特に職歴の浅い学生には、自分の長所、スキル、多様な経験を強調することを勧めています。 その方法として、例えば以下のようなものが挙げられます: 有給・無給を問わない就労経験  課外活動への参加 ボランティア活動への参加 自分の強みを強調する スキルについて話す もう一つ重要なことは、カナダの履歴書においては年齢、配偶者の有無、国籍、ビザの有無、社会保険番号、写真などの個人的な情報は必須ではありませんので、履歴書から除外しましょう。   カナダには毎年多くの留学生が訪れ就労するため、留学生向けの求人なども多く、留学生にとっては働きやすい環境であるともいえます。皆さんも働きながらのカナダ留学を楽しみましょう。 出典:Studying in Canada in 2023? How to find part-time work as an

cityU-BAM

1年半で学士号の取得が可能!CityUのBAMとは?

City UのBachelor of Arts in Management (BAM)とは? カナダでビジネスの学位取得に興味はありますか?大学や短大ですでに単位を取得をしていればCity University in Canada、通称CityUにて18~21ヶ月(1年半)で4年制の学位を取得することができます。Bachelor of Arts in Management(BAM)プログラムでは組織と個人の両面からアプローチした幅広いマネジメントの背景を学んだり、プロジェクトマネジメントに必要な専門技術を身につけたりできます。また、生涯学習で役に立つ研究能力も取得できるでしょう。 *単位移行の可否についてはこちらをご確認ください。 City UのBAMが留学生に選ばれる7つの理由 1年半で学士号を取得可能 世界中の認定された大学から、専攻を問わず、編入可能な単位を受け入れ 卒業後、就労ビザであるPGWP(Post Graduate Work Permit)の取得 米国とカナダで通用する証明書 1月、4月、7月、10月の年4回とフレキシブルな入学時期 予習を徹底した教授法、少人数制クラス インターンシップの機会 卒業後の進路は? BAMでは多岐に渡るマネジメント手法を学ぶことができるため、卒業後はプロフェッショナルとしてカナダの以下の業界での活躍が期待されます。  雇用機会の例: マーケティング業界:マーケティングマネージャー、マーケティングアナリスト、マーケティングコーディネーター HR業界:HRマネージャー、 HR管理者 デジタルメディア業界:メディアディレクター、デジタルメディアデザイナー 国際マネジメント業界:国際マネジメントマネージャー、国際マーケティングスペシャリスト など CityUのBAMに入学するには?   入学の条件チェックリスト 入学願書に記入・署名する 履歴書のコピー パスポートのコピー 写真のページ すべての高等教育機関の成績証明書(英文)。 非公式または開封済みの公式成績証明書も可。プログラム開始前に「Official Sealed Transcript」を提示する必要あり。  学生ビザのコピー(該当者のみ) 医療保険を証明するもののコピー MSPまたはその他の有効な民間保険 英語力を証明する書類(該当者のみ) 氏名の変更(該当者のみ) 個人情報取り扱いに関する同意書 詳しくはCityU公式サイトをご確認ください。CityUの他の記事はこちらをご確認ください。   奨学金について

North America

【教育】人気の留学先・カナダとアメリカを比較してみよう!

カナダとアメリカは、質の高い教育を求める留学生にとって、非常に人気のある留学先です。両国ともに世界的に有名な大学やカレッジがありますが、同時にいくつかの顕著な違いがあるため、どちらかは留学先として選択する時には充分に考慮する必要があります。 類似点 質の高い教育 カナダもアメリカも、学部・大学院レベルでさまざまなプログラムを提供していて、ビジネス、工学、人文科学、科学、社会科学などの幅広い分野から選択することができます。また、両国の多くの大学やカレッジでは、研究プログラムが充実しており、自分の研究分野で実践的な経験を積むことができます。 多様性 両国ともに移民・多民族国家であるため、異なる文化や考え方について学ぶ機会が常にあると言えます。また、留学生向けの、言語支援、カルチャーイベント、カウンセリングサービスなどのサポートが充実しているのも共通点です。 高い生活水準 カナダとアメリカは、医療や社会福祉制度が充実しており、高い生活水準を誇っています。OECDのBetter Life Indexによると、両国は所得、仕事、教育、健康、環境の質、社会とのつながり、人生の満足度の6項目において平均を上回っています。そのため、北米は安全で快適な留学生活を送れる場所と言えます。 相違点 学費 カナダとアメリカの大きな違いのひとつは、教育費です。両国ともに学費は高いですが、アメリカの大学の方が高い傾向にあります。カレッジボードによると、2022〜2023年のアメリカの州外からの学生と留学生の公立4年制大学の年間平均授業料は28,240USD(約38,383CAD)、非営利私立4年制大学の年間平均授業料はなんと39,400USD(約53,551CAD)です!一方、カナダの大学の留学生の学部年間平均授業料は、2020〜2021年で32,019CADと、やや低めに収まっています。その差は20,000CAD以上です! ※USDからCADへ変換するレートは3月29日 12:12 a.m. UTC時点のものです。 学資援助 カナダでは、所得に基づいて学資援助が行われ、低所得者層の学生が最も多く支援を受けられる仕組みです。一方、アメリカでは、経済的ニーズと学業成績の組み合わせに基づいて援助が行われます。つまり、成績が優秀な学生は、経済的ニーズが同程度であっても、成績の悪い学生よりも多くの経済援助を受けられる可能性があるということです。 それぞれの国へ留学することのメリット 勉強に打ち込み、キャリア志向で、高収入を得ることを重視するならば、アメリカは良い選択肢かもしれません。一方、生活の質、医療、生活費を優先するのであれば、カナダの方がよいでしょう。いずれにせよ、何を優先させるかをもとに、最終的には自分で選択肢を吟味し、自分にとって何がベストかを考えて決める必要があります。 卒業後のカナダ移住について 多くの留学生にとって、仕事は経済的な安定を得るための手段であるだけでなく、その国の永住権を取得するための手段でもあります。カナダでは、卒業後もカナダに滞在したい場合、Post-Graduate Work Permit (PGWP)という就労ビザを取得することができます。このプログラムでは、対象となる外国人卒業生が卒業後、最長3年間カナダで働くことができ、これにより得た職歴は、永住権申請のポイントとして加算できる可能性があります。 得られるPGWPの期間は留学プログラムの期間によって異なりますが、PGWPが承認されれば、カナダのどんな業種の企業でも働くことができます。フルタイムまたはパートタイムで働くことができ、転職も可能です。また、PGWPを申請するのに、就職の内定を得る必要はありません。 詳しくは公式サイトをご覧ください。 出典: Studying in Canada vs. the United States, Canada & USA: OECD Better Life Index, Trends in College Pricing: Highlights, Tuition fees for degree programs increase in 2020/2021,

【速報】ポスグラビザ(PGWP)が最大18か月延長に。条件は?

下記記事は、カナダ移民局発表の情報をもとに書かれています。最新情報及び詳細はカナダ移民局へお問い合わせください。 本日2023年3月17日カナダ移民局発表の情報によりますと、ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP)の期限がすでに切れてしまっている、または、切れそうな卒業生のために最大18か月PGWPが延長できるそうです。 2023年4月6日より開始予定であり、カナダでの滞在延長を希望するPGWP保持者は、延長申請を行う手続きに同意することが出来ます。 2023年にすでにPGWPの期限が切れてしまっており、2022年のPGWPに関する政策の申請条件を満たしていた卒業生も同様に、18か月の就労ビザ申請を行うことができます。PGWPの期限が切れており90日間のレストレーション(復元)期間を過ぎている場合でも、ステータスを復活させることができ、新しい就労ビザ申請が手続きされている期間の就労許可も受け取ることができます。 出典:カナダ移民局

CityU

City University in Canadaとは?何が勉強できるの?

CityUとは? City University in Canada、通称CityUは、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーのダウンタウンにある私立大学です。1984年に設立されたCityUは、学生が必要なスキルを身につけ、将来成功できるように、豊富な専門知識などの質の高い適切なカリキュラムを提供しています。またCity Uのプログラムは国内外の学生問わず、既に働いている人向けにも設計されており、多忙な生活とのバランスを取りながら学習できるよう、さまざまな学習形式を選択することもできます。 留学生向けのプログラム は? CityUには、教育、福祉、経営など様々な分野のプログラムが存在し、複雑で多様な課題に取り組むために必要な知識とスキルを身につけることを目標としています。 現在提供しているプログラム: 経営学、プロジェクトマネジメント、情報技術などの学士号取得のためのプログラム 教育・リーダーシップ学部での、カウンセリング、教育、リーダーシップのプログラム Canadian Counselling and Psychotherapy Associationの認定を受けたカウンセリングの修士号プログラム 留学生は、Bachelor of Arts in Managementプログラム(学士)またはMaster of Counsellingプログラム(修士)のいずれかへの入学が可能です。 The Bachelor of Arts in Management(BAM)プログラムは、組織と個人に焦点を当てた幅広い経営の背景を学べるよう構成されています。特徴的なのは、2年制大学や専門学校、または2年間の大学学部での教育を受けた学生が、直接3年目に編入し、1年半で4年制大学の学位を取得することです。 留学生向けサービス CityUでは、アカデミック・アドバイジング、キャリア・サービス、ライティング・センターなどのサポート制度を利用できます。また、留学生向けのヘルプセンターであるInternational Student Servicesでは、成績証明書、卒業、個別指導、スケジュール、就職、授業料など、さまざまな情報を提供しています。 入学に必要な英語能力  TOEFL、IELTS(Academic)、Duolingoなどの公式成績証明書を出願時に提出する必要があります。 必要スコア(Undergraduate) TOEFL iBT:76  IELTS Academic:バンド6.0 Duolingo:100 CityUに留学するメリット CityUで学ぶことは、学生にとってさまざまなメリットをもたらします。 世界中で認定されたあらゆる短大や大学からの単位を移行できる。 1年半でマネジメントにおける学士を取得できる。 認定書はカナダとアメリカの両国で認定される。 卒業後、就労ビザであるPost Graduate Work Permit (PGWP)が得られる。 配偶者への就労ビザ、子供の教育費無償化 インターンシップ ダウンタウンに位置し、交通の便が良い

ケアギバーの移民プログラムの申請条件が緩和

カナダの移民プログラムには様々な種類があります。 一般の家庭で、お年寄りの介護や小さな子どものお世話をするケアギバーと呼ばれる職種を対象としたHome Child Care Provider Pilot and Home Support Worker Pilotという特別な移民プログラムがあります。 この移民プログラムに申請できる職種 NOC 44100 – Home child care providers NOC44101 – Home support workers, caregivers and related occupations   申請条件に変更 これまで、この移民プログラムを通してカナダに移民するには、カナダ国内でケアギバーとして24か月の就労経験が必要とされてきました。しかし、カナダ移民局は2月10日、この24か月の就労経験が12か月に引き下げられると発表しました。 この変更は、2023年4月30日より施行されます。すでにこのプログラムに申請しているケアギバーにもこの変更が適用されます。現在、このプログラムの審査待ちのケアギバーの90%が、この変更の恩恵を受けると予想されています。2019年にこのプログラムの応募が開始されてから、両職種を通じて、すでに約1,600人のケアギバーとその家族が永住権を取得しました。さらに、2022年には約1,100人のケアギバーとその家族がすでに永住権取得者となっています。   その他の応募条件 語学力  カナダ言語ベンチマーク(CLB)が5以上であること IELTS General:リーディング4.0、ライティング5.0、リスニング5.0、スピーキング5.0 CELPIP General:リーディング5、ライティング5、リスニング5、スピーキング5 CLBの詳しい情報は、こちらの公式Language test equivalency chartをご確認ください。   学歴 カナダで1年間のポストセカンダリー就学、または カナダ国外でそれに相当する国の教育を受けていること   職歴 NOC 44100 – Home child

カナダの高校・大学「コロンビアカレッジ」のキャンパスツアー

1936年に創立されたコロンビア・カレッジは、カナダで最も歴史のある私立のインターナショナル・カレッジです。 Main Street-Science World駅から徒歩5分のところに、高等学校キャンパスと、大学編入プログラムなどが提供されている大学キャンパスが2つあります。 高等学校キャンパス 教室 教室からは、山やバンクーバーダウンタウンの景色が見渡せます。少人数で授業が受けられるので先生に質問しやすい環境です。   卓球部屋 学生が気軽に卓球をしたり、卓球王を決めるトーナメントが開催される部屋がありました。 コンピューター室   ロッカー   カフェテリア・ラウンジ ポイント! 大学進学に強い 短期間で高校課程を修了させることが可能 入学時期が年に3回 校内にホームステイコーディネーターが常にいるため、ホームステイについての相談がすぐにできます。また、校内にはたくさんのイベントやアクティビティの写真が飾られていました。アクティビティやイベントを担当するコーディネータの方もいらっしゃるため、勉強だけでなくカナダの生活を存分に楽しめる学校です。   大学キャンパス サポートセンター ピアチューターや、パソコン教室など様々な学習のサポートが受けられるセンターがあります。 図書館 本を借りられるだけでなく、課題のリサーチなどを手伝ってもらえるサポートも充実しています。 バルコニー サイエンスワールドが見渡せる場所でランチを食べたり休憩したりできます。   ポイント! 学費を抑えられる 名門大学への高い編入率 ポストグラジュエート就労ビザに申請できるプログラム有り キャンパスツアーでは、ホームスティコーディネーターやアクティビティコーディネーターの方などたくさんの学校スタッフの方にお会いしました。みなさんとてもフレンドリーで留学生が安心して通学できるという印象を強く受けました。 コロンビアカレッジについての詳しい情報は、お気軽にお問い合わせください。 コロンビアカレッジについての詳しい情報:https://www.columbiacollege.ca/wp-content/uploads/2022/06/JP-ver-brochure.pdf コロンビアカレッジのホームページ: https://www.columbiacollege.ca/

留学生としてカナダに渡航する前に知っておくべきこと

下記情報は、8月26日現在の情報です。 カナダに渡航するには? 他の国と同じように、カナダに入国する際には、自分に入国資格があるかどうかを確認し、必要な書類を揃えておいてください。さらに、留学生が満たすべき条件が3つあります: 学生は、18歳未満でない限り、新型コロナウイルスのワクチン接種が完全に完了している必要があります。さらに、学生はArriveCANの提出を完了する必要があります。 学生は、有効な学生ビザ、または学生ビザの取得資格を示す招待状を持っていなければなりません(学生ビザが不要な場合を除く)。 学生は、指定された学習機関に通う必要があります。 書類が交付されたら、できるだけ早くカナダに渡航することをお勧めします。8月下旬から9月上旬の渡航は、混雑する可能性があります。 書類の義務 学生ビザ(就労ビザの可能性もあり)を申請し、紹介状を受け取っていない学生は、これらの書類が揃うまでカナダへ渡航しないでください。渡航前にすべての書類を見直し、情報が正しいことを確認してください。必要であれば、カナダ移民局に連絡し、書類の誤った情報を訂正してください。渡航中、預け入れ荷物の中に書類を入れないようにしてください。 カナダ入国の条件 カナダ入国には、以下の条件を満たす必要があります: 有効なパスポート(または同等の渡航書類)を所持していること。 学生ビザが発給された際の入国地の紹介状(ビザオフィスから渡される)を手元に用意してください。また、有効な学生証が発行されている場合は、それを持参することも可能です。 教育機関からの有効な入学許可証があること。 有効な電子渡航認証(eTA)、有効なビザ、有効なグリーンカード(または米国での地位を証明する同等の公式文書)、または同等の(ただし有効な)渡航文書を所持していること。 カナダでの滞在を支えることができる資金を有していること。 犯罪歴(または移民関連)がないこと(恩赦を受けたり、更生したとみなされた場合はこの限りではありません)。 健康状態が良好で、必要であれば有効な移民局の健康診断の結果を持っていること。必要な場合は、こちらでご確認ください。 必要な書類をお持ちでない場合、入国審査に時間がかかったり、入国を拒否されることがあります。 到着後に予想されること 到着後、国境での手続きには通常より時間がかかります。従って、学生は乗り継ぎ便の間に国境手続きのための十分な時間を確保する必要があります。また、入国管理局への移動は珍しいことではありません。学生ビザの手続きは入国管理局で行います。空港によっては、留学生用に特別な場所が設けられていることがありますので、指定された手続き場所を示す標識に注意してください。学生ビザを受け取ったら、すべての情報が正しいことを確認してください。 コロナによる影響 完全な予防接種を受けている渡航者(または特定のカテゴリーに属する渡航者)は、到着後の隔離は必要ありません(特に明記されていない場合)。カナダ政府関係者によって検疫または隔離が命じられた場合、学生は適切な検疫または隔離計画があることを証明する必要があります。 ワクチン接種の有無にかかわらず、カナダに来る渡航者は新型コロナウイルスの分子検査を行う必要があるかもしれません。 これらの情報は、カナダ政府から直接入手したもので、可能な限り正確に説明されています。しかし、変更される可能性があり、その正確性を保証するものではありません。最新の情報については、公式ウェブサイトやデジタルチャンネルをご確認いただくか、政府にお問い合わせください。 出典:CISM

卒業後の永住権申請:エクスプレスエントリーが約1年ぶりに再開?

下記情報はカナダ政府からの引用です。詳細等はカナダ政府のウェブサイトをご確認ください。 エクスプレスエントリーといえば、カナダの大学卒業後に就労している方なども使用する永住権申請システムです。定期的に抽選が行われ、選ばれた人(ある一定点数より上の人)から招待状が届くシステムとなっています。しばらくの間、PNPと呼ばれる特別プログラム以外のエクスプレスエントリー抽選が行われていませんでしたが、本日約1年ぶりに行われました。結果は以下の通りでした。 抽選日:2022年7月6日 招待状発行数:1,500 招待状を受け取った人のCRS最低点:557 参考までに過去の数や点数などは以下の通りです。 2022年7月6日 1,500人 557点(今回:プログラム指定なし) 2021年9月14日 2,000人 462点(CEC) 2021年8月19日 3,000人 403点(CEC) 2021年8月5日 3,000人 404点(CEC) 2021年7月22日 4,500人 357点(CEC) ・・・ しばらく抽選が行われなかったこともあり、今回は高めの点数となっています。 出典:カナダ政府 現在ポストグラデュエート就労ビザでカナダ滞在中の方はこちらの記事もご覧ください。

留学生が学校外で働くには?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 誰が学校外で働けるか 雇用主は、学生が働き始める前に、就労ビザなしで学校外で働くことができるかどうかを確認する必要があります。学校外で働き始めても条件を満たしていない場合は、カナダを出国しなければならない場合があります。 カナダで働くことができるのは、学校のプログラムを開始してからです。プログラム開始前に働くことはできません。 学生ビザに「キャンパス内またはキャンパス外での就労が許可されている」という条件が記載されていれば、カナダで留学生として働くことができます。 以下の条件をすべて満たしていれば、就労ビザがなくても学校外で働くことができます: 学校外で働くことができるという条件が含まれている有効な学生ビザを持っている場合 DLI番号のある学校でフルタイムの学生である場合 以下のプログラムを履修している: ポストセカンダリーでのアカデミック、職業訓練、専門トレーニングプログラム、または セカンダリーレベルの職業訓練トレーニングプログラム(ケベックのみ) プログラムをすでに開始している プログラムが以下を満たす: 6か月以上、そして、 ディグリー、ディプロマ、またはサーティフィケートプログラムである ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバーがある) パートタイムの学生は、上記の条件をすべて満たし、かつ、フルタイムでなくパートタイムである理由が以下すべてを満たす場合のみ、学校外で働くことができます: プログラムの最後の学期である 一つ前の学期までカナダでフルタイムの学生であった プログラムを完了するのにフルタイムである必要が無い 許可されて学校を休んでいる場合や、学校を変更しており、就学していない場合は: 学校外で働くことはできません 就学を再び開始した場合のみ、働くことができます カナダ働くためにソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)を手に入れる ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)はカナダ政府が提供する9桁の番号です。この番号はカナダで働くのに必要です。 学校外で働くのにSINナンバーに申請する場合、学生ビザに以下の条件のうちの1つが明記してある必要があります: 移民・難民保護規則第186条(v)に記載されている基準を満たしている場合は、週20時間の学校外勤務、または決められた休暇時にフルタイムで勤務することができます。 R186(f)、(v)または(w)の資格基準を満たしている場合は、学校内または学校外での雇用を行うことができ、これらの基準を満たさなくなった場合は就労を中止しなければならない。 学校外で働く資格があるが、学生ビザにこれらの条件のいずれかが記載されていない場合は、これらの条件を追加してもらうことができます。これらの条件をビザに追加するための費用は無料です。 サービスカナダからSINナンバーを申請する前に、学生ビザの修正申請をする必要があるかもしれません。 学校外でどれぐらい働くことができますか? カナダで働くことができるのは、留学プログラムを開始してからです。プログラムが始まる前に働くことはできません。 通常の学期間: 最大20時間まで働くことができます 学校の決められた休暇時(冬休みや夏休みなど): フルタイムで働くことができます 一番最初の学期を始める前の休暇には働くことができません プログラム中に決められた休暇がない場合、週に20時間以上の勤務はできません。 学校外で働けない人 以下の状況のいずれかに当てはまる場合は、就労ビザがなければ学校外で働くことはできません: 学生ビザに、就学中に学校外で働くことはできないと書かれている場合 第二言語としての英語またはフランス語(ESL/FSL)プログラムにしか在籍していない場合 一般的な興味のために授業を受けている場合 フルタイムのプログラムに受け入れられるためにいくつかのクラスを取っている場合 状況が変わり、学校外で働くための条件を満たさなくなってしまった場合 これらの状況のいずれかが当てはまるが、カナダで勉強しながら働きたい場合は、就労ビザを申請する必要があります。 就学の状況が変わった場合 学校外で働く資格がなかったが、学業状況が変わった場合、学生ビザの条件を変更できる可能性があります。 以下の場合は、学生ビザの条件の変更に申請できます: 学校外で働くことができるプログラムに変更し、かつ、学生ビザに「このビザは、保有者がカナダで学校外での雇用に従事することを許可するものではありません」と書かれている場合、または、 もう当てはまらない条件が学生ビザに明記されている場合 学生ビザの条件を変更するには申請が必要です。この変更には手数料がかかります。SIN番号を申請する前に行う必要があります。 プログラム完了後に就労する場合 学習プログラムを修了した後、フルタイムで働くには2つの方法があります: 学生ビザが切れる前に、就労ビザに申請した場合

Home

CISM – カナダ留学情報誌 Play Play Play Play Play Play Play Play Play Previous Next (広告) トロント大学 インターナショナルプログラム 学校検索 自分に合った学校を探しませんか? 学校検索へ 奨学金  奨学金・キャンペーン情報はこちら 一覧へ 【CISM協賛】 カナダ留学セミナー&個別相談会 2022 In 東京(10/26)・長野(10/29) ・福岡(11/04, 11/05) 開催決定! 事前登録受付中 ▷ 【CISM協賛】カナダ留学 学校個別相談会 2023 In 東京(11/4) 開催決定! 事前登録受付中 最新情報​​ NEW NEW NEW NEW NEW NEW NEW NEW NEW NEW NEW VIEW MORE CISMニュース

【更新】ポスグラ申請中に、学生ビザでカナダ国外に出て戻ってこれる?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 記事最終更新日:2022年03月09日、元記事発行日:2019年8月7日 ポスグラ(ポストグラデュエーション就労ビザ:PGWP)申請後に、カナダ国外に学生ビザで渡航して、戻ってくることはできるのでしょうか? A:ビザやeTAが有効である限り、カナダ国外に出た後に戻ることができます。但し、ビザ(学生ビザまたは就労ビザ)は、カナダに戻ってきたときの入国を保証するものではありません。ビザまたはeTAが有効でない場合はカナダに戻る前に新しいものを取得する必要があります。 カナダに戻る際の注意事項: 学生ビザの期限が有効であれば学生としての入国が可能 カナダ国外にいるときにポスグラ就労ビザが承認された場合には、就労ビザとしての入国が許可される可能性がある ポスグラビザが審査中の場合には、ビジターとしての入国が許可される可能性があり、申請書の審査の決定がおりるまで就労ビザなしでの就労が可能です カナダへ戻った入国時に、国境でオフィサーから質問を受けます。ポスグラビザへの申請証明の提示をオフィサーから要求される可能性があります(申請書のコピー、申請料支払いのレシートなど) オフィサーが再入国を拒否する理由があると判断した場合には、カナダへの入国が許可されません。 IRCC編集日:2021-09-29

プラチナ・スポンサー