Search Results for: IELTS

【IELTS】スペルミスしやすい単語:自然&教科編

言語をより効率的に習得するためには、語彙の幅を広げることが必要です。IELTSリスニングテストで良い成績を収めるには、単語を理解し使用する能力、そして正しい書き方が重要です。聞き取った内容を理解することが試されるため、スペルが間違っていると「答え」は不正解になります。 自然やエネルギーに関して Nuclear:原子核、核兵器 Coal:石炭 Hydro:水力 Natural gas:天然ガス Solar power:太陽電力 Generate:発生させる Electricity:電気、電力 Dam:ダム Windmill:風車 Wind turbine:風タービン Renewable:再生可能な Non-renewable:再生不可な 教科 Mathematics:数学 Science:理科 Physical Education:体育 Geography:地理 Architecture:建築 Philosophy:哲学 Biology:生物 Chemistry:化学 Commerce:商業 Engineering:エンジニア Economics:経済 出典:CISM

【IELTS】スピーキングやライティングの為に知っておくべき類語

IELTSのテストによく出る同義語のリストを覚えておけば、スピーキングやライティングをよりフレキシブルに練習することができます。 importantの類語:crucial, significant, vital commonの類語:universal, ubiquitous, prevalent nearの類語:adjacent, adjoin, neighboring opinionの類語:perspective, standpoint, viewpoint buildの類語:erect, establish, construct primaryの類語:predominant, fundamental, principal showの類語:demonstrate, manifest, display 出典:CISM

【IELTS】7.0以上を目指すために知っておくべき英単語

IELTSで高得点を取るには、高度な語彙が必要です。特に英語を母国語とする国への留学を希望する人は、高度な語彙を使う必要があります。以下のリストは、意味だけでなく、同義語や例文も含めて、高度な単語ばかりですので、何度も繰り返し学習してください。 phenomenal 極めて成功した、または特別な、特に驚くべき方法で 反対語:ordinary 例:The movie was a phenomenal hit.(映画は驚異的なヒットとなった。) shortcoming Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

【IELTS】スピーキング力を上げるためにディスコースマーカーを使おう

IELTS テストで自分の考えを効果的に伝えるために重要なことは、流暢に、そして首尾一貫して話すことです。 アイデアをつなげたり、感情を表現したりすることで、言っていることを整理し、管理するために「ディスコースマーカー」を使うことが重要です。自然な話し方に聞こえるように、フィラーを正しく使って、次に何を話すか考えるようにしましょう。 「ummm…」などの無意味なフィラーや長いポーズの代わりに、これらのディスコースマーカーを使用すれば、流暢かつ自然に話すことができることを示すことができます。 ディスコースマーカーとは アイデアを結びつけ、自分の言っていることについてどう感じているかを表現するために、ディスコースマーカーが使われ、言っていることを整理・管理します。 例:The computer I bought last year is probably already broken, so, unfortunately, I need to buy a new one.(去年買ったパソコンはもう壊れているだろうから、残念だけど新しいのを買わなくちゃね。) ディスコースマーカーの例 情報の追加 Another thing that comes to mind, also, and, besides, additionally, another good example of this is, another reason for this, and one more thing 意見・態度の表明 Unfortunately, however, actually,

【IELTS】6.0を取るために知っておくべき「子ども」に関する単語

特にライティングとスピーキングにおいて、6.0以上を取るために役立つ英単語をご紹介します。今回のトピックは子供に関する単語です。このトピックはIELTSでもよく出題されます。 Mischief 行動、特に子供のもので、少し悪いが深刻な危害や損害を与えることを意図していないもの。 例文:My nephew is a lively little boy, full of mischief. (甥っ子は活発で、いたずら好きな子です。) Drive up the wall 相手を極端に怒らせること。 例文:I was very clumsy during my childhood, so it sometimes drove my father up the wall. (私は幼少の頃、とても不器用だったので、父を困らせることもありました。) Over-protective 誰か、特に子供を守りたいという願いが強すぎること。 例文:In terms of upbringing, we must keep the balance between putting children at risk an being over-protective.(育て方としては、子どもを危険にさらすことと、過保護にすることのバランスをとる必要があります。)

【IELTSライティング】if not を言い換えるなら?

IELTSのライティングセクションでは、”If not “という単語が非常に便利です。文と文をつないだり、文頭で使ったりすることができます。しかし、この単語を2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢を知らないと判断され、スコアが下がる可能性があります。If notの代わりに使える単語はたくさんあります。それらの語彙を使えば、目標スコアに到達することができるでしょう。IELTSを受験する際には、ぜひ活用してください。 1. Although 2. In contrast 3. Otherwise 4. Then again  5. Diversely 6. On the flip side  7. Unless  8. Alternatively  9. In different circumstances  10. Under other conditions  出典:CISM

【IELTS】スピーキングで「わからないけど…」と言いたい場合、どう言えばいい?

IELTSのスピーキングセクションでは、「I’m not sure(よくわからないけれど…)」という単語が非常に便利です。自分の考えをまとめながら使うことができます。しかし、2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢(単語)を知らないのではと思われ、スコアが下がる可能性があります。「I’m not sure」の代わりに使える単語をこちらの記事で紹介します。IELTSを受験される際は、ぜひご活用ください。 1. I dare say… (あえて言うなら) 2. Perhaps… (おそらく) 3. Apparently… (どうやら) 4. It/ That depends… (それは場合によって) 5. I guess… (どうやら) 6. As far as I know… (私が知ってる限りでは) 7. Probably… (おそらく) 8. I suppose… (おそらく) 9. It appears… (どうやら) 10. Presumably… (おそらく) 出典:CISM

【英語学習】IELTS7.0を目指すなら知っておくべき英単語

IELTSで高得点を取るには、高度な語彙が必要です。特にカナダなどの、英語を母国語とする国への留学を希望する人は、高度な語彙を使う必要があります。下記で重要な単語をいくつかご紹介します。 plausible 意味:事実であるかのように見える、または信じることができる 類語:believable, credible 例文:When you write an academic report, you need to be plausible. 学術論文を書くときは、もっともらしいことを言わなければならない。 imminent 意味:近々発生しそう 類語:impending, approaching 例文:Some species in the Amazon have faced an imminent danger of extinction. アマゾンには、絶滅の危機が迫っている種があります。 admittedly 意味:不本意ながら何かが正しいことを同意する 類語:undeniably, certainly 例文:Admittedly, I could have studies harder but I still don’t think this result is fair. 確かに、もっと勉強できたはずだが、それでもこの結果はフェアではないと思う。 posied

【IELTS】スペルミスしやすい「学校」や「政府」に関する単語とは?

IELTSのリスニングテストではスペルミスが命取りになってきます。「学校」や「政府」関連のトピックは頻出トピックですが、どのような単語に気を付けるべきでしょうか? 学校編 presentation プレゼン organization 団体 proofreading 校正 experiment 実験 reference 参考文献 attendance 出席 questionnaire アンケート statistics 統計 laboratory 実験室 forest 森 faculty 学部 specialist 専門家 政府編 politics 政治 leader 指揮官 politician 政治家 senator 上院議員 mayor 市長 regulations 条例 senate 上院 president 大統領 individual 個人 council 議会 laws 法 rules 規則 出典:CISM

【IELTS】高得点を目指すために知っておくべき人に関する熟語

この記事では、ライティングとスピーキングで6.0以上のスコアを目指すために役立つ熟語をご紹介します。今回は、人に関する語彙であり、このトピックはIELTSによく出ます! High maintenance 問題を起こしがちで、かまってほしいこと 例:Sometimes my girlfriend is high maintenance.  時々、私の彼女は”ハイメンテナンス”になることがあります。 Good natured ”Good natued”な人や動物は、人懐っこく、なかなか怒らない 例:All my friends are good natured and caring.  私の友人は皆、人柄が良く、思いやりのある人たちばかりです。 Hit it off すぐに仲良くなれること 例:We like similar music bands, and the two of us hit it off right away. 好きな音楽バンドが似ていて、2人はすぐに意気投合しました。 Break the ice 初対面の人同士が、よりリラックスして対面すること 例:My classmate suggested that we sing the

【IELTS】7.0以上を目指すために知っておくべき単語

IELTSで高得点を取るには、高度な語彙が必要です。特に英語を母国語とする国への留学を希望する人は、高度な語彙を使う必要があります。 Chronic 意味:物事が長いこと続くこと(特に病気) 同意語:persistent, long-term 例文:The man has suffered from chronic diabetes.(この男性は慢性的な糖尿病を患っています。) Outset 意味:はじめ 同意語:start, beginning, inception  例文:I’ve known the result of the exam from the outset.(試験の結果は最初からわかっていた。) Aptitude  意味:持って生まれた才能 同意語:ability, capability, talent 例文:My brother’s aptitude for sport appeared early.(兄のスポーツへの適性は早くから現れていました。) Undermine 意味:自信・力を無くさせたり、成功させにくくしたり、何かを弱くすること 同意語:weaken, erode 例文:Deforestation is undermining the earth’s health.(森林破壊は地球の健康をむしばんでいます。 ) Feat 意味:困難なことで、それを達成するために多くの技術、強さ、勇気を必要とすること 同意語:achivement, accomplishment  例文:The internet

【IELTS】リスニング問題で注意するべきスペルミス

IELTSのリスニング問題はスペルミスなどをすると点数がもらえません。注意すべき単語はどのような単語でしょうか? 健康関連の単語 Exercise 運動 Leisure 余暇 Protein タンパク質 Vegetarian 菜食主義者 Vitamin ビタミン Healthy 健康な Disease 病気  Carbohydrates 炭水化物 Treatment 治療 Obese 肥満の  Vaccination ワクチン接種 Pandemic 流行性の 動物関連の単語 Endangered 絶滅寸前の Mammal 哺乳動物 Predators 捕食者 Reptile 爬虫類 Primates 霊長目の動物 Stream 小川 Prey 獲物 Species 種類 Mountain 山 Forest 森 Ocean 海 Pond 池 出典:CISM

【IELTS】普段の生活からリスニング力を上げるには?

IELTSでは様々な技能をテストされ、リスニングもその1つです。リスニングを上達させるにはどうするべきでしょうか? 毎日慎重にリスニングの練習をする 英語のリスニングスキルを向上させる最も効果的な方法は、より頻繁に、より注意深く聞くことです。他の誰かが話している間、あなたの意識が他へいってしまったことがありませんか?会話をするときは、話し手の言葉に注意を払いましょう。そうすれば、自分の英語の理解が深まり、相手に良い印象を与えることができます。 話し手が言っていることを想像する イマジネーション(想像)は、学習プロセスを上達するための強力なツールです。イマジネーションを活用することにより、言語の焦点、理解、および精神的処理が向上し、リスニングスキルが向上します。 話し手に確認する 話し手が何を言ってるかを理解できない場合は、質問することをためらわないでください。話している内容を確認するのは重要です。 効果的なリスニングは毎日のコミュニケーションの重要な部分です。上記のようなテクニックに挑戦することで、流暢な英語を話す人になるための道筋を歩むことができます。 英語の元記事はこちら

IELTSライティングのコツ:”very”を使いすぎないこと

過去にも数回アイエルツのライティングのコツのお話をしましたが、今回は特に避けたほうがいい単語 “very” についてご紹介します。 そもそも “very” とは、「とっても」という意味のある、物事を強調するための単語です。会話などでもよくつかわれる便利な単語ですが、アイエルツなどのライティングでは、他の単語を使う方がより高得点を狙えるかもしれません。 veryという単語使わずに表現するなら? very simple → basic 基礎的な very shy → timid 臆病な very poor → destitute 貧困な  very quiet → hushed 静まった very colourful → vibrant 鮮やかな very tight → constricting 締め付ける very hungry → starving 餓える very noisy → deafening 耳を聞こえなくするような very cute → adorable かわいらしい  veryの代わりになる単語は? extremely  incredibly

IELTSで間違えやすい単語とは?ライティング編

IELTSのテストでは特に、1点1点が重要なため、ケアレスミスをするのは影響がでます。成績が悪いと、留学やカナダでの永住権申請のチャンスを失ってしまうかもしれません。以下でIELTSのテストを受ける際によくある間違いをご紹介します。IELTSを受験する前に、ぜひチェックしてみてください。 Affect vs Effect “Affect “は行動や条件、経験を表す動詞です。”Effect “は名詞で、物、人、場所、出来事、質などを指す言葉です。 例:Throughout the new marketing campaign, a myriad of audiences were visibly affected and brought a large profit. (新しいマーケティングキャンペーンを通じて、無数の観客に目に見える形で影響を与え、大きな利益をもたらしたのです。 ) 例:Deforestation projected a number of effects to global warming.(森林破壊は、地球温暖化に対してさまざまな影響を与えることが予想されます。) Assure vs Ensure “assure “は、あることが真実であることを自信をもって相手に伝えるという動詞です。ensure “の定義は、何かが起こることを確認することです。 例:The government has assured the public that the minimum wage will increase within two

【IELTS6.0以上を取るために】教育に関する英単語

英単語を勉強するのはIELTSの点数を向上するのに役立ちます。前回の記事では、環境に関する単語を紹介したので、今回は教育(Education)に関する単語を紹介します。   Persevere(辛抱する) 何かをする、または達成するために努力を続けること。 例:If students persevere through their studying, they will eventually pass their exam. (勉強を辛抱強く続ければ、いずれは合格できる。)   Pedagogy(教授法) 教育の方法と活動に関する研究。 例:Some popular colleges and universities have the most progressive pedagogies and a 100% employment rate. (人気のある大学の中には、最も進歩的な教育方法を採用し、就職率100%を誇る大学もあります。)   Vocational(職業訓練の) 特定の職業に就くための知識や技能を提供すること。 例:Most schools offer vocational programs such as computer skills. (ほとんどの学校では、コンピュータースキルなどの職業プログラムを提供しています。)   Procrastinate(ぐずぐずする) 通常行わなければならないことを、退屈や不快のために延期し続けること。 例:I should have

IELTSの成績を上げるには?お勧めの勉強法は?

IELTSに慣れ、自信をつけ、点数を上げるにはどうすべきでしょうか? IELTSは、世界で最も使われている英語力判定試験です。多くの人が、学問や職業のためにIELTSを受験しています。IELTSで高い点数を獲得するためには、テストまでの期間に学習すべき重要な分野があります。何が求められているのか、テストはどのように採点されるのかを理解し、関連するスキルなどを確実に練習することで、大きな違いを生み出すことができるのです。 IELTSの試験で何が求められているのかを知ることは、IELTSで最高の結果を出すために絶対に必要なことです。まず、AcademicとGeneral TrainingのどちらのIELTSが必要なのか、そしていつまでに結果が必要なのかを明確にしておく必要があります。 IELTSは、ペーパー試験とコンピュータ試験のどちらを受験するか選択することができます。試験内容やスコアの価値は同じですので、どちらを選択するかは個人の自由です。コンピュータ試験を選択する場合、コンピュータ試験の模擬試験を何度か受け、システムの機能やキーボードショートカット(例:CTRL+C)に慣れておく必要があります。IELTSでは、コンピューターテストに慣れるために、ビデオをご覧いただけます。 また、自分のスタート地点(現在の語学レベル)を把握し、必要なスコアを得るための語学力向上に必要な学習時間について現実的に考えておく必要があります。 IELTSの形式に慣れることは、タイミング、問題やタスクの種類を知ることも含めて、自信をつけるために不可欠な第一歩です。実際のテストの前に、IELTSの模擬テストをいくつか行っておくと確実です。これらはIELTS.orgで確認することができます。模擬試験を行うことで、必要なスコアを得るために向上させるべきスキルを確認することができます。 リスニング IELTSリスニングテストでは、音声が始まる前に、問題を予習時間が設けられています。この時間を有効に使い、話し手が誰であるか、また文脈を把握するための手がかりを探す必要があります。そうすることで、どんな問題が来るかがわかり、自分の知識を使って、どのような情報が聞こえてくるかを予測することができます。 また、問題文のキーワードに下線を引き、空白部分を見て、情報の種類や必要な単語の種類を予測することもできます。これは、集中力を維持し、試験の緊張を軽減するのに役立ちます。 また、適切なリスニングの練習が必要です。ラジオやテレビの討論番組、ポッドキャスト、テッドトークなどが有効です。IELTSは国際的な英語のテストなので、イギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダなど様々なアクセントに慣れる必要があります。 リーディング IELTSリーディングでは、1時間で約2700語を扱い、40問に答える必要があります。1つの文章を20分というタイミングで解く必要があります。「スキミング」や「スキャニング」など、必要な箇所を素早く探し出すリーディングスキルが重要です。また、問題の種類によって異なるストラテジーを学び、語彙を増やすことも必要です。 ライティング IELTS Academicライティングでは、回答のフォーマットとグラフの変化を説明するための具体的な表現を知っておく必要があります。標準的なエッセイの形式は、明確な序文、トピックセンテンスを含むボディパラグラフ、短い結論を含む必要があります。 スピーキング IELTSのスピーキングでは、形式やタスクの種類に慣れるようにしましょう。特に、パート2の2分間のモノローグを練習し、流暢さと自信を高めることが必要です。また、サイトにあるスピーキングのサンプル課題をダウンロードし、自分の声を録音して聞き返し、改善すべき点を確認するようにしましょう。 出典:CIC News IELTS

【IELTS6.0以上を取るために】ライティングのコツ

大学入学などにIELTSを取らなければならない留学生の方がいらっしゃると思います。今回はIELTSで6.0以上を取るために、頻出トピックスである「Environment:環境」の単語などを紹介します。 Conservation(環境保全) 動物、植物、天然資源を保護すること。 例:A myriad of conservation groups have been working hard to find the right person to adopt wild cats. (野良猫を飼うのにふさわしい人を探すために、無数の保護団体が努力している。) Habitat(生息地) 動物や植物が普段生活している自然環境のこと。 例:Due to deforestation, a large number of wild animals have lost their natural habitat.(森林伐採により、多くの野生動物が本来の生息地を失っています。 ) Deforestation(森林破壊) ある地域から森林を切り離すこと。  例:One of the vital solutions for global warming is to try to halt widespread deforestation

【IELTS】スピーキング(英会話)の点数を向上するには?

流暢さを向上させる IELTSのスピーキングでは、Part1、Part3ともに、思考を必要とする問題が出題されます。英語では、考えながら「う~ん」や「え~」ということは、全く問題ありません。話すときにこのようなことをいうのは普通なので、気にしないでください。さらに、「フィラー」と呼ばれる便利なフレーズもあります。これは、質問に答えるときに、一瞬考える時間を作るために使うことができます。以下のような表現を使うことで、会話の間を短くすることができます。 1. To be honest(正直言って) Q: What do you like to do in your free time?(自由時間に何をするのが好きですか?)A: To be honest I don’t have enough time to enjoy leisure because of busyness.(正直言って、忙しくて余暇を楽しむ時間がないんです。) 2. That’s a tricky question.(それは難しい質問ですね。) Q: Where would you like to live if you had the choice?(選べるとしたらどこに住みたいですか?)A: That’s a tricky question, I’ve always liked

IELTS(アイエルツ)とCELPIP(セルピップ)、どっちを受けるべき?

カナダへの移住や留学を考えている方はご存知かもしれませんが、英語のテストを受験することは、移民や学校入学の条件の一つです。 カナダへの移民や市民権取得に必要な英語力を満たすには、CELPIPまたはIELTS Generalテストのいずれかを受験することができます。カナダへの留学を希望する場合は、IELTS(アイエルツ)Academicや、TOEFL、Duolingoなどの試験を受験する必要がある場合があります。 CELPIPとIELTSとは? The Canadian English Language Proficiency Index ProgramはCELPIPと呼ばれ、IELTSはthe International English Language Testing Systemです。どちらも英語能力をテストするために作られたものです。どちらのテストも、留学や仕事、移住の際によく利用されます。 違いは?   CELPIP IELTS General IELTS Academic カナダの永住権や市民権用 ○ ○ × 学校の英語条件 × × ○ スタイル コンピュータ ペーパー及びコンピュータ ペーパー及びコンピュータ 時間 約3時間 約2時間45分 約2時間45分 費用 CA$280 +税 約CA$315 – 340 約CA$315 – 340 場所 1900以上の会場(カナダ国内)  100以上の会場(カナダ国内) 100以上の会場(カナダ国内) CELPIPの方がIELTSより簡単って本当? CELPIPとIELTSを比較する際に、難易度に明らかな差はありません。どちらの試験も簡単ではないので、高い英語力ときちんとした準備が必要です。 注意すべきこと:

スポンサー
Previous
Next
Previous
Next