Search Results for: IELTS

CISM Japan article

【IELTS:英熟語】「Add insult to injury」「Break the ice」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオムを使うことは、あなたの語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムとは、一般的に使用される表現で、使用されている個々の単語からすぐにはわからない特定の意味を伝えるものです。そのため、イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう!   Add insult to injury さらに追い打ちをかける 例:My car broke down in the middle of nowhere, then, to add insult to injury, it started to rain.   Break the ice 堅苦しい雰囲気をほぐす 例:Alice suggested playing a party game to break the the ice.    出典:CISM

カナダで英語を学んで、進学・就職・移民で重要となるIELTS英語検定試験に備えよう!

カナダで英語を学ぶことで、語学力を高め、IELTS試験に備えることができます。カナダ国内で多くの可能性を引き出し、学業やキャリアのチャンスを広げることができます。ここでは、カナダでの英語学習がIELTS試験対策にどのように役立つのか、またカナダが留学生にとって特別な選択肢である理由をご紹介します。 カナダでの英語学習がIELTS試験に役立つ理由として、まず挙げられるのが、カナダが留学生にとって人気の留学先であるということです。カナダには以下のような良い面があります: 質の高い教育システム 手頃な授業料 勉強しながら働くチャンス 英語力を伸ばす方法 英語はマスターするのに時間がかかる言語です。何かを上達させるのと同じように、練習と決意、そして継続が、スキルや知識を向上させる鍵なのです。カナダで生活する場合、もちろん新しい国で生活し、全く新しい文化を学び、故郷を離れるのはとても怖いことです。それでも、これらの心配を脇に投げ捨て自分のスキルを向上させるためにこれらのメソッドを使用する方法はたくさんあります。 英語環境の中で学習し、先生や友達などと話すことで練習になる ヒントをくれる経験豊富な先生への相談 将来のIELTS試験に備えるための英語プログラムを利用する 継続的な練習、熱心な取り組み、忍耐力が英語力上達の鍵であることを忘れないでください。目標を設定し、上達を記録し、その過程で達成したことを祝いましょう。 IELTSテストの準備に役立つヒント IELTSテストの準備に関しては、戦略的なアプローチで高得点の可能性を高めることができます。この重要なテストの間、多くの学生がストレスを感じるかもしれませんが、自分を際立たせるために役立つヒントや戦略がたくさんあります。学習プランの作成からサンプルテストでの練習まで、以下のヒントをよく考え、必要であれば自分の学習習慣に当てはめてみるとよいでしょう。 IELTSのテスト形式を復習し、慣れる: リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング ボキャブラリーを増やし、幅を広げる 自分の弱点を見直し、理解する 時間を計ってプレッシャーに慣れる 文法力を高める ポッドキャストやテレビ番組など、リスニングに役立つメディアを聞く 友人や家族など、他の人と英語で話す 質の良い睡眠、食生活、運動など、セルフケアを実践する ポジティブな考え方を持つ そして何よりも……練習すること! IELTSで成功するためには、徹底した準備が不可欠です。上に挙げた役立つヒントや戦略を活用することで、自信を持って試験に臨み、最大限のパフォーマンスを発揮することができます。多くの人があなたと同じような状況にいることを忘れないでください。テストをどうこなすか心配になったら、他の人にアドバイスやヒントを求めることを決して恐れないでください! できる限りの準備をし、勉強してください。これらのテストが終わった後は、幸運を祈ります!そして、冷静さを忘れないでください。 引用:Prepare for IELTS by learning English in Canada 参考:CISM

【IELTS:英熟語】「Young Guess is as Good as Mine」「Wrap Your Head Around Something」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオムを使うことは、あなたの語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムとは、一般的に使用される表現で、使用されている個々の単語からすぐにはわからない特定の意味を伝えるものです。そのため、イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう!   Young Guess is as Good as Mine 見当がつかないとき 例:I’m unsure where he went. Your guess is as good as mine.   Wrap Your Head Around Something 複雑なことを理解する 例:I can’t believe we won the lottery. My head is still trying to wrap around this!   Get Something Out of Your System やりたいと思っていたことをする、言う 例:I had

【IELTS:英熟語】「Miss the boat」「Best of both worlds」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオムを使うことは、あなたの語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムとは、一般的に使用される表現で、使用されている個々の単語からすぐにはわからない特定の意味を伝えるものです。そのため、イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! Miss the boat 後の祭り 例:My friends are off to ski. I missed the boat this time, but I will join them next season. Best of both worlds 理想的な状況 例:Not only does Don have the freedom a student enjoys, his fellowship at the university means he also gets paid. It’s the best of both worlds! 

【IELTS:英熟語】「Off the hook」「So far so good」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオムを使うことは、あなたの語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムとは、一般的に使用される表現で、使用されている個々の単語からすぐにはわからない特定の意味を伝えるものです。そのため、イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! off the hook 誰かがトラブルから脱するとき 例:Listen, I’ll let you off the hook this time, but please do not do this again.  so far so good 順調なとき 例:There’s a lot more work to do, but so far, so good. That’s the last straw 堪忍袋の緒が切れた時 例:You haven’t been following the rules. This is the last straw.  under

【IELTS:英熟語】「Not Rocket Science」「Long Story Short」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオムを使うことは、あなたの語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムとは、一般的に使用される表現で、使用されている個々の単語からすぐにはわからない特定の意味を伝えるものです。そのため、イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! Not Rocket Science 複雑でないこと 例:We learned about this topic last year. It’s not rocket science. Long Story Short 簡潔に何かを伝える 例:Long story short, we missed the flight and have to reschedule. On The Ball いい仕事をする、あるいは素早く反応する 例:You’re totally on the ball with today’s tasks! Pulling Your Leg 誰かと冗談を言い合う 例:There was never any spider on you. I

【IELTS:英熟語】「A dime a dozen」「Hang in there」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオム(熟語)を使うことは、語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! A dime a dozen 一般的なものであること 例:Those antique dishes are pretty, but they’re a dime a doze.   Get your act together 自分を整理するか、離れるか 例:You need to get your act together and behave like an adult.   Back to the drawing board やり直しをする 例:This wasn’t the correct formula to complete the math homework. Back to the

【IELTS:英熟語】「Ignorance is bliss」「Cut me some slack」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオム(熟語)を使うことは、語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! Ignorance is bliss 知らないことが一番いいことだと思うこと 例:My family never keeps up with the news because they believe that ignorance is bliss.   Cut me some slack ある仕事を完了させる方法について、あまりにも批判的であったり、こだわりが強かったりすること 例:You’re so picky with how you want things done. Cut me some slack!   Cutting corners 速くても下手なものを完成させること 例:You can’t just cut corners during your shift at work!   Getting

【IELTS:英熟語】「Once in a blue moon」「Bite the bullet」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオム(熟語)を使うことは、語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! Once in a blue moon 非常に珍しいもの 例:   Actions speak louder than words 行いは言葉よりも雄弁である 例:She keeps saying she loves me, but actions speak louder than words.   Bite the bullet  困難なことを決断する 例:He decided to bite the bullet and tell his mom about the math test results. 

【IELTS:英熟語】「Break a leg」「Hit the sack」ってどういう意味?

IELTSの試験でイディオム(熟語)を使うことは、語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! Break a leg 誰かの幸運を祈る 例:Break a leg out there! You will do great!   Raining cats and dogs  どしゃ降り 例:I wish we could go outside, but it’s raining cats and dogs!   Call it a dog 手を休める 例:The sun is starting to set. Let’s call it a day for now.    Hit the sack

【IELTS】スピーキングで使える英熟語

IELTSの試験でイディオム(熟語)を使うことは、語学力を高め、より自然に、流暢に、正確に英語を使う能力を証明するのに役立ちます。イディオムを間違って使ったり、不適切に使ったりすると、スコアを下げたり、英語をしっかり理解していないと思われたりすることがあります。ここでは、正しい文脈でイディオムを使うために、イディオムとは何かをお教えします。文章やスピーキングで正しい用語を使えるように、しっかり調べておきましょう! Beat around the bush 本題に入るまで時間がかかること 例:Don’t beat around the bush. Just tell me what happened A blessing in disguise 最初は悪く見えるが、結果的に良い結果をもたらすもの。 例:Missing the train was a blessing in disguise, for if I hadn’t, I wouldn’t have met my future wife On cloud nine  非常に幸せであること、または明るいこと 例:Taylor has been on Cloud 9 ever since she got engaged.

【IELTS】「Do」の代わりに使える英単語は?

「Do」という単語は、IELTSのライティングとスピーキングのセクションで非常に役立ちます。しかし、その単語を複数回使うと、採点者に他の選択肢となる単語を知らないと思われ、スコアが下がる可能性があります。以下、「Do」の代わりに使える選択肢をご紹介します。この語彙を使うことで、目標スコアに到達することができるでしょう。IELTSの試験を受けるときは、これらを使うことを習慣にしてくださいね。 carry out execute perform implement complete accomplish achieve produce fulfil create 出典:CISM

【IELTS】「Fun」の代わりに使える英単語は?

「Fun」という単語は、IELTSのライティングとスピーキングのセクションで非常に役立ちます。しかし、その単語を複数回使うと、採点者に他の選択肢となる単語を知らないと思われ、スコアが下がる可能性があります。以下、「Fun」の代わりに使える選択肢をご紹介します。この語彙を使うことで、目標スコアに到達することができるでしょう。IELTSの試験を受けるときは、これらを使うことを習慣にしてくださいね。 amusement entertaining lively enjoyable excitement merrymaking enthusiasm relaxation leisure jolly 出典:CISM

【IELTS】「Love」の代わりに使える英単語は?

「Love」という単語は、IELTSのライティングとスピーキングのセクションで非常に役立ちます。しかし、その単語を複数回使うと、採点者に他の選択肢となる単語を知らないと思われ、スコアが下がる可能性があります。以下、「Love」の代わりに使える選択肢をご紹介します。この語彙を使うことで、目標スコアに到達することができるでしょう。IELTSの試験を受けるときは、これらを使うことを習慣にしてくださいね。 admire fancy care for adore cherish relish appreciation fondness attached devotion 出典:CISM

【IELTS】「Look」の代わりに使える英単語は?

「Look」という単語は、IELTSのライティングとスピーキングのセクションで非常に役立ちます。しかし、その単語を複数回使うと、採点者に他の選択肢となる単語を知らないと思われ、スコアが下がる可能性があります。以下、「Look」の代わりに使える選択肢をご紹介します。この語彙を使うことで、目標スコアに到達することができるでしょう。IELTSの試験を受けるときは、これらを使うことを習慣にしてくださいね。 leer gaze examine glance inspect peek survey glimpse judge stare 出典:CISM

make-IELTS

【IELTS】「Make」の代わりに使える英単語は?

「Make」という単語は、IELTSのライティングとスピーキングのセクションで非常に役立ちます。しかし、その単語を複数回使うと、採点者に他の選択肢となる単語を知らないと思われ、スコアが下がる可能性があります。以下、「Make」の代わりに使える選択肢をご紹介します。この語彙を使うことで、目標スコアに到達することができるでしょう。IELTSの試験を受けるときは、これらを使うことを習慣にしてくださいね。  Assemble Mold Fabricate  Compose  Produce Manufacture Construct Invent Originate Create 出典:CISM

リスニング

IELTSリスニングを攻略!5つのコツをご紹介

カナダで学校に入学したり永住権を申請したりするには英語能力の試験は避けて通れない壁です。カナダの大学入学に必要なスコアはIELTSアカデミック6.5以上(overall)が推奨されています。そこで今回はIELTSのリスニングのスコアを上げる5つのコツを紹介します。   1: イギリス英語に慣れる イギリスのアクセントに慣れていればすぐにリスニングで高得点が取れるはずです。IELTSのリスニングでは様々なアクセントが使われていますが、その中でもイギリスのアクセントは最も登場率が高いと言えます。そこで役立つのがBBCニュース、TEDトーク、ポッドキャストYoutubeなどのプラットフォームです。これらのプラットフォームでは様々なアクセントのスピーカーを視聴することが可能なのでイギリスや各国のアクセントに慣れ、実際の試験に備えることができます。   2:セクション1、2に集中する  アカデミックとジェネラル・トレーニングのどちらも、リスニングは4セクション、40問で構成されています。6.5以上を獲得するには、少なくとも29問の正解が必要で、11問のミスしか許されません。セクション1と2は比較的簡単なので、単語数の制限などに注意しながら全問正解を目指しましょう。   3:落ち着く リスニングはIELTSテストの最初のセクションなので、落ち着いて集中することが大切です。 リスニングセクションを終えて自信がなくても、気持ちを切り替えて次のセクションに進みましょう。落ち着いて試験に臨むためには模擬試験を受けることをお勧めします。本番の試験への準備や自信の向上につながります。また、試験前は十分な睡眠をとり、充分な朝食をとることで、よりリラックスして試験に臨むことができるでしょう。   4: 名詞、形容詞、副詞、動詞のどれか予測する スピーカーが話し始める前の短い時間で質問と答えを確認することができます。この時間を利用して品詞を予測し、可能な限り問題用紙に印をつけましょう。リスニングセクション中にメモを取ることは、ペーパーベースでもコンピューターベースでも認められています。注意点としては、スピーカーが選択肢と同じ単語を使うとは限らないので、同義語やボキャブラリーを増やしておくことです。質問の文脈をより理解し、正解率を高めることに繋がります。   5:10分間のボーナスを利用する リスニングが苦手な方には、ペーパーベースのテストの受験をお勧めします。コンピュータベースとペーパーベースのどちらが有利か、判断が難しいところですが、リスニングに関しては、ペーパーベースの方が大きなメリットがあります。ペーパーテストでは、リスニングセクションの後に、解答を解答用紙に移すための時間が10分ほど設けられています。つまり、テスト中はリスニングに集中することができるのです。10分と聞くと短いように聞こえるかもしれませんが、IELTSのテストでは大きな意味を持ちます。解答を移し終えてもまだ時間が残っている場合は、見直しをしましょう。 当サイトではIELTSテストのコツや英語の勉強方法を紹介しております。ぜひ参考にしてみてください! IELTSリーディングの攻略法はこちらから!   出典:CISM

【IELTS】「Neat」の代わりに使える英単語は?

「Neat」という単語は、IELTSのライティングとスピーキングのセクションで非常に役立ちます。しかし、その単語を複数回使うと、採点者に他の選択肢となる単語を知らないと思われ、スコアが下がる可能性があります。以下、「Neat」の代わりに使える選択肢をご紹介します。この語彙を使うことで、目標スコアに到達することができるでしょう。IELTSの試験を受けるときは、これらを使うことを習慣にしてくださいね。 immaculate orderly elegant stylish accurate adept smart tidy natty precise 出典:CISM

プラチナ・スポンサー