Search Results for: IELTS

IELTSスピーキングで7以上を取る方法とは?

英語圏の国のカレッジや大学は、英語能力テストに合格することが入学条件となっています。様々な種類のテストがありますが、最も一般的な試験にIELTSが挙げられます。 カナダでは、大学入学時だけでなく永住権や市民権申請の際にも、英語能力テストの結果が必要となってきます。カナダ留学や永住には必要不可欠なこのIELTS受験について、まずは大まかにご紹介します。 IELTSのテストには、GeneralとAcademicの2種類があります。カレッジや大学入学など、留学の際に必要になるのがAcademicですが、Generalは移民申請などその他の目的のために使用されることが多いです。 出題内容は? テスト形式ですが、紙ベースの試験(paper-based exam)か、テストセンターのコンピュータを使用する(computer-based exam)から選ぶことができます。どちらを選んでもテスト内容は同じです。IELTSの試験では、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4カテゴリが試されます。最初の3カテゴリは午前中に行われ、スピーキングの試験は同日の午後に行われます。AcademicとGeneralの試験の主な違いは、リーディングとライティングの内容です。 リスニングが試験の最初のパートです。このパートには4つのセクションがあり、回答時間は30分です。 リーディングは3つのパートに分かれており、回答時間は60分。Acadmic試験の場合はグラフや図が出題されますが、General試験では職場や日常的な場面で必要となる内容がが出題されます。 ライティングの試験では2つのパートがあり、回答時間は60分です。Academic試験の最初のパートは、表やチャート、図について書くことです。General試験の場合は、手紙を書くことです。 午後に行われるスピーキングの試験は、試験官との11~14分間のテストが行われます。一対一の面接では、短い質問と長い質問の両方が出題されます。 スピーキング試験は、大きく3つのパートで構成されています。 パート1      このパートは、IELTS試験官とあなた自身について4~5分間会話するものです。トピックは以下の通りです。 仕事 家族について 趣味(好きな本や映画など) IELTSでよく出題される質問と回答についてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください。 パート2 特定のトピックが与えられ、そのトピックについて2分間話す形式の試験です。トピックが与えられたら、2分間で話したい事をメモに書き、次の2分間でそのトピックについて話します。 パート3 パート3は、パート2で与えられたトピックについてより詳しくIELTS試験官と会話するものです。パート3の所要時間は約4~5分です。 スピーキングで高得点を取るための9つのコツ スピーキングテストは、その他のカテゴリに比べて比較的簡単です。長い文章を読解したり書いたりする必要がなく、基本的には聞かれた質問に答える形式です。スピーキングで高得点を取るために、以下のコツを実践してみてください。 1.CISMの新機能で練習する:IELTSスピーキングテストによく出る問題と模範解答 IELTSをこれから受験される方々に向け、CISMに新機能が追加されました。よく出題される問題と解答をテキストと音声で確認することができます。正しい発音を確認することもできます。 よく出る問題をチェックする! 自然な会話  このテストは、英語の流暢度を審査することが目的で、プレゼン力を図るための物ではありません。トーンや話すペースに気をつけながら試験官と自然な会話をしましょう。単調でなく、自然に聞こえることが大切です。重要だと思う単語や文章を強調すると、より自然な会話になります。しかし、強調しすぎは禁物です。 はっきり話し、間を取る 特に答えを考えるのに時間が必要な場合は、常に次の言葉を考えるために短い間を取るようにしましょう。次のようなフレーズを使うことで自然な間を取ることが出来ます。 That’s such an interesting question. Well, let me see. That’s interesting. Sounds good to me. That’s a difficult question, but I’ll try and

【IELTS】「people」の代わりに使える単語とは?

IELTSのライティングセクションでは、「people」という単語の利便性が高いです。ライティングセクションだけでなく、スピーキングエリアでも役に立ちます。しかし、この単語を2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢を知らないと判断され、スコアが下がる可能性があります。Peopleの代わりに使える単語はいくつかあります。その語彙力によって、目標スコアに到達することができます。IELTSの試験を受けるときは、ぜひ使ってみてください。 community public society citizen humankind inhabitant  

【IELTS】ライティングで使える「important」の類語とは?

IELTSのライティングセクションでは、「important」という言葉が非常に便利です。ライティングセクションだけでなく、スピーキングエリアでも役に立ちます。しかし、この単語を2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢を知らないと判断され、スコアが下がる可能性があります。 vital(肝心な) essential(必要不可欠) critical(クリティカル) crucial(欠かせない) necessary(必然的) valuable(貴重) indispensable(無くてはならない) notable(注目すべき) significant(重大) paramount(主要な) 出典:CISM

【IELTS】7.0以上を取るために知っておくべき英単語

IELTSで高得点を取るには、高度な語彙が必要です。特に英語を母国語とする国への留学を希望する人は、高度な語彙を使う必要があります。 harmonize 複数の活動、システム、アイデアなどを組み合わせること。 類語:coordinate, match 例:The company needs to harmonize the different approaches to attract more customers. (より多くの顧客を獲得するためには、異なるアプローチを調和させる必要があります。) contaminate 毒になるもの、純度の低いものを作ること。 類語:pullute, taint 例:One of the vital reasons for global warming is contaminated air.(地球温暖化の重大な原因のひとつは、汚染された大気です。) viable 意図したとおりに動作する能力を持つこと、または成功すること。 類語:feasible, possible 例:The citizen is worried about the plan that the new Major has announced might not be financially viable.

IELTSに向けた勉強とIELTS受験をオンラインでするメリットとは

IELTSをオンラインで受験するのは、ペーパー(筆記)と比較して違いがあるのでしょうか?この記事では、オンラインで試験準備や受験をすることのメリットを解説します 。 IELTSとは International English Language Testing System、通称IELTSは、英語の習熟度を測る国際的な試験です。IELTSは、英語を母国語としない人が英語圏への移住や就職を目指す場合(General Training IELTS)、または大学などを目指す場合(Academic IELTS)によく受験される試験です。IELTSは、世界で最も広く認知されている試験の一つとして、企業、大学、団体、機関などに広く受け入れられています。 IELTSは、4つのセクションで構成され、受験者の能力をテストします: リスニング – 40分 リーディング – 60分 ライティング – 60分 スピーキング – 11分〜14分 AcademicとGeneralでは、スピーキングとリスニングのテストは同じですが、リーディングとライティングのテストが異なります。 オンラインでの受験 IELTSをパソコンやノートパソコンで受験すると、リスニング、リーディング、ライティングのセクションはオンラインで書き、スピーキングセクションはIELTS試験官と対面してテストを受けることになります。 IELTSの試験方法は、コンピュータ試験とペーパー試験のどちらも同じです。 各セクションの割り当て時間も変わりません。唯一違うのは、リーディングとライティングのセクションで、10分と5分になると、オンラインテストのタイマーが色を変えて警告を発します。 しかし、オンラインでテストを受けることを決める前に、以下の質問を自分に投げかけてみてください: コンピュータやアプリを使いこなすことができるか? タイピングとペン/鉛筆での筆記、どちらが好きか? タイピングは上手に、素早くできるか? 紙よりも画面上の記事/新聞/コンテンツを読む方が簡単だと思うか? 技術的な問題を解決/トラブルシューティングできるか? メリット IELTS公式サイトでは、オンライン受験のメリットとして、以下の4点を挙げています: 受験可能な時間帯が増加 試験日・時間帯の選択肢が増えました。IELTSのコンピュータ受験は、午前・午後・夜間と試験会場が異なるため、ご自身のスケジュールに合わせて受験することができます。 より早い結果 オンラインで受験すると、より早く結果がわかります。ペーパーテストの場合、スコアが出るまでに最大13日かかるのに対し、オンラインテストの場合は3~5日でスコアが出ます。 もう書き損じはしない 鉛筆やペンで書いた文字が汚れてしまうことがあります。また、時間がないときは、字が汚くなったり、読みづらくなったりすることもあります。IELTSのコンピュータ受験なら、そんな心配は無用です。 ペーパーテストでのIELTSと同じ内容 ペーパーテストの教材は、コンピュータテストの教材と同じものです。つまり、問題や指示も同じです。 さらに、試験の設定を好みに合わせて調整することができます。文字の大きさや色はもちろん、画面の解像度も選べるんです! 準備するには IELTS Prepareでは、コンピュータテストの準備のために、オンラインでサンプル問題に挑戦することをおすすめしています。勉強の準備だけでなく、テストでどのような種類の問題が出題されるかを確認することができます。 コンピューターによるリーディングセクションのサンプル問題は、11種類の問題、41問で構成されています。いずれも内容は以下の通りです: 複数選択 情報の特定 メモの補完 見出しのマッチング 文末の一致

【IELTS】Manyの代わりに使える英単語は?

IELTSのライティングセクションでは、「Many」という単語の利便性が高いです。ライティングセクションだけでなく、スピーキングエリアでも役に立ちます。しかし、この単語を2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢を知らないと判断され、スコアが下がる可能性があります。Manyの代わりに使える単語はたくさんあります。その語彙を使えば、目標スコアに到達することができます。 countless numerous myriad divers crowded plentiful various innumerable  abundant a large number of 出典:CISM

【IELTS】スピーキングで役立つ熟語

言語には、物事や考え、あるいは感情を表現する独自の方法があります。英語には、イディオムや句動詞がたくさんあります。日常的なコミュニケーションではこの慣用句を使うので、慣用句を理解することは不可欠です。 pass with flying colours 大成功で何かを達成する 例:I passed the IELTS with flying colours. (IELTSは見事に合格しました。 ) on the ball 理解し、迅速に対応できること 例:I didn’t sleep well last night. It seems I am not on the ball for class today. (昨夜はよく眠れませんでした。今日の授業は調子が悪いようです。 ) learn by heart 徹底的に暗記する;徹底的に学ぶ 例:If you want to speak English as a native, you must learn their vocabulary by

【IELTS】知っておくべき単語と類語

スピーキングやライティングの練習をより柔軟に行うために、IELTSテストでよく使われる同義語のリストを覚えておきましょう。ここでは、IELTSでよく使われる同義語のリストをご紹介します。 nowadays(最近): currently, at the moment famous(有名な): distinguished, honored, well-known only(唯一の): unique, distinctive, hardly, individual result(結果): consequence, outcome, conclusion ability(能力): capacity, skill, qualification complain(不平を言う): grumble, accuse, criticize big(大きい): massive, tremendous, enormous 出典:CISM

【IELTS】ライティングやスピーキングで便利な単語 “I believe” を言い換えるなら?

IELTSのライティングでは、”I believe ” という単語が非常に便利です。ライティングだけでなく、スピーキングでも役に立ちます。しかし、この単語を2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢を知らないと判断され、スコアが下がる可能性があります。I believeの代わりに使える単語はいろいろとあります。IELTSを受験する際は、ぜひ使ってみてください。 In my opinion(私の意見では) I presume(私が思うに) I assume(私はそう思う) Personally(個人的に) In my mind(私の心の中で) It would seem that(~と思われるでしょう) My impression is that(私の印象では) From where I stand (私の立ち位置からは) As far as I know(私が知っている限り) From my standpoint(私の立場から) 出典:CISM

【IELTS】スピーキングやライティングで使える「買い物」に関する単語

ライティングやスピーキングで6.5以上のスコアを取るために役立つ単語があります。今回は買い物に関する単語です。買い物は頻出トピックです。 shopaholic 買い物依存症になっている人。 例:I used to be a shopaholic and loved to buy cheap stuff until I realized the importance of quality over quantity.(以前は買い物依存症で、量より質の大切さに気づくまで、安いものを買うのが大好きでした。) out of fashion 今は存在しない流行でファッショナブルだった人気商品。 例:A long dress with large dots ahs gone out of fashion.(大きなドットのロングドレスはもう古い。) buyer’s remorse 後ろ髪を引かれる思い(後悔) 例:Maybe my friend was expecting buyer’s remorse before I bought second-hand electronics.(もしかしたら、友人は私が中古の家電を買う前に、買い手の後悔を期待していたのかもしれませんね。) lemon

【IELTS】Becauseを言い換えるならばどんな単語を使うべき?

IELTSのライティングセクションでは、「because」という単語の利便性が高いです。ライティングセクションだけでなく、スピーキングエリアでも役に立ちます。しかし、この単語を2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢を知らないと判断され、スコアが下がる可能性があります。Becauseの代わりに使える単語はたくさんあります。その語彙を使えば、目標スコアに到達することができるでしょう。 As a result of:~の結果 Inasmuch as:~を考慮して Considering that:~ということを考えると Being as:~というように Thanks to:~のおかげで As long as:~として Now that:そこで In the interest of:~のために For the reason that:~という理由で In view of the fact that:~という事実から見て 出典:CISM

【IELTS】スピーキングで使える熟語集

言語には、物事や考え、あるいは感情を表現する独自の方法があります。英語には、イディオムや句動詞がたくさんあります。日常的なコミュニケーションではこの慣用句を使うので、慣用句を理解することは不可欠です。 Out of the blue 思いがけず起こったこと 例文:Yesterday, out of the blue, Queen Elizabeth 2 passed away. (昨日、突然ですが、エリザベス2世が亡くなりました。) In the red 収入以上のお金を使うこと 例文:My friend has been in the red since the last paycheck, so it’s difficult to ask to join today’s dinner.(友人は前回の給料からずっと赤字なので、今日の食事に参加しようとは言いにくいのです。) Give the green light to something 誰かが何かをすること、または何かが起こることを許可すること。 例文:The prime minister in Canada has given

【IELTS】スピーキングやライティングで使える類語

スピーキングやライティングの練習をより柔軟に行うために、IELTSテストでよく使われる同義語のリストを覚えておきましょう。 accurate(正確な): precise, exact, proper top(一番の): peak, summit, primary, principal competitor(競争者): rival, opponent, challenger difficult(困難な): arduous, tough, laborious avoid(避ける): shun, avert, escape always(いつも): invariably, consistently, regularly forever(いつまでも): perpetual, immutable, eternally 出典:CISM

【IELTS】ライティングで使える”but”の類語は?

IELTSのライティングでは「but」という言葉が非常に便利です。ライティングだけでなく、スピーキングでも役に立ちます。文と文をつないだり、文頭で使ったりすることができます。ただし、2回、3回と使ってしまうと、他の選択肢を知らないと判断され、スコアが下がる可能性があります。「but」の代わりの単語を使えば、目標スコアに到達するかもしれません。IELTSを受験する際には、ぜひ使ってみてください。 However Although Whereas Consequently Otherwise Furthermore Thus Nevertheless Namely On the other hand 出典:CISM

【IELTS】6.0以上を取るために知っておくべき単語:食事編

ライティングとスピーキングで6.0以上のスコアを取るために役立つ英単語があります。今回は食事に関する単語であり、IELTSでこのトピックは良く扱われます。 Wholesome 物理的、道徳的、または感情的に自分にとって有益であること。 例:I’ve started to eat wholesome, organic foods since I had ill. (病気を患ってから、健康的でオーガニックな食品を食べるようになりました。) Picky/fussy eater 好き嫌いの激しい人:自分の好きなものだけを選び、それ以外は好まない。 例:I’m a very picky person because of my eating habit from childhood. (私は子供の頃からの食習慣のせいで、とても偏食家なんです。 ) Staple 必要不可欠なもの、基本的なもの、標準的なもの、規則的なもの。 例:The staple food in my diet is broccoli. (私の食生活の主食はブロッコリーです。 ) Eating disorder 食事に関連した精神疾患で、食事の量が少なすぎたり多すぎたりして、自分の体に不満がある場合。 例:Social media is part of the cause of eating disorders

【IELTS】ライティングで間違えやすい英単語とは?

ミスをすることはよくあることですが、IELTSのテストでは1点1点が重要です。成績が悪いと、留学やカナダでの永住権申請のチャンスを失ってしまうかもしれません。この記事では、IELTSのテストを受ける際によくある間違いをご紹介します。IELTSを受験する前に、ぜひチェックしてみてください。 Advice vs. Advise “Advice “は、従う価値のある意見や提案をする、という意味の名詞です。 例:It is best to get professional advice from a licensed counselor before you apply for a PR. (永住権を申請する前に、ライセンスを持ったカウンセラーから専門的なアドバイスを受けるのがベストです。) 動詞の “advise “は、行動・行為などの指針として意見を述べたり、勧告することを意味します。 例:My friend advised me to stop smoking, as it does more harm than good. (友人からは「タバコは害になるからやめたほうがいい」とアドバイスされました。) Its vs. It’s “its “は、名詞や名詞群をその種類によって定義しています。例:a, the, every 例:The government issued a statement about

【IELTS】スペルミスしやすい単語:自然&教科編

言語をより効率的に習得するためには、語彙の幅を広げることが必要です。IELTSリスニングテストで良い成績を収めるには、単語を理解し使用する能力、そして正しい書き方が重要です。聞き取った内容を理解することが試されるため、スペルが間違っていると「答え」は不正解になります。 自然やエネルギーに関して Nuclear:原子核、核兵器 Coal:石炭 Hydro:水力 Natural gas:天然ガス Solar power:太陽電力 Generate:発生させる Electricity:電気、電力 Dam:ダム Windmill:風車 Wind turbine:風タービン Renewable:再生可能な Non-renewable:再生不可な 教科 Mathematics:数学 Science:理科 Physical Education:体育 Geography:地理 Architecture:建築 Philosophy:哲学 Biology:生物 Chemistry:化学 Commerce:商業 Engineering:エンジニア Economics:経済 出典:CISM

【IELTS】スピーキングやライティングの為に知っておくべき類語

IELTSのテストによく出る同義語のリストを覚えておけば、スピーキングやライティングをよりフレキシブルに練習することができます。 importantの類語:crucial, significant, vital commonの類語:universal, ubiquitous, prevalent nearの類語:adjacent, adjoin, neighboring opinionの類語:perspective, standpoint, viewpoint buildの類語:erect, establish, construct primaryの類語:predominant, fundamental, principal showの類語:demonstrate, manifest, display 出典:CISM

【IELTS】7.0以上を目指すために知っておくべき英単語

IELTSで高得点を取るには、高度な語彙が必要です。特に英語を母国語とする国への留学を希望する人は、高度な語彙を使う必要があります。以下のリストは、意味だけでなく、同義語や例文も含めて、高度な単語ばかりですので、何度も繰り返し学習してください。 phenomenal 極めて成功した、または特別な、特に驚くべき方法で 反対語:ordinary 例:The movie was a phenomenal hit.(映画は驚異的なヒットとなった。) shortcoming Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

【IELTS】スピーキング力を上げるためにディスコースマーカーを使おう

IELTS テストで自分の考えを効果的に伝えるために重要なことは、流暢に、そして首尾一貫して話すことです。 アイデアをつなげたり、感情を表現したりすることで、言っていることを整理し、管理するために「ディスコースマーカー」を使うことが重要です。自然な話し方に聞こえるように、フィラーを正しく使って、次に何を話すか考えるようにしましょう。 「ummm…」などの無意味なフィラーや長いポーズの代わりに、これらのディスコースマーカーを使用すれば、流暢かつ自然に話すことができることを示すことができます。 ディスコースマーカーとは アイデアを結びつけ、自分の言っていることについてどう感じているかを表現するために、ディスコースマーカーが使われ、言っていることを整理・管理します。 例:The computer I bought last year is probably already broken, so, unfortunately, I need to buy a new one.(去年買ったパソコンはもう壊れているだろうから、残念だけど新しいのを買わなくちゃね。) ディスコースマーカーの例 情報の追加 Another thing that comes to mind, also, and, besides, additionally, another good example of this is, another reason for this, and one more thing 意見・態度の表明 Unfortunately, however, actually,

スポンサー
Previous
Next
Previous
Next