最新のカナダ学生ビザに関する更新:2月5日段階での更新情報のまとめが公開されました

最新のカナダ学生ビザに関する更新:2月5日段階での更新情報のまとめが公開されました

昨年末からカナダ留学の為の学生ビザに関する情報が次々と更新されており、毎月のように目まぐるしく状況が変化しています。それに関連して、2月5日に政府から昨今の更新を踏まえた情報のまとめが公開されました。 1. 定員と州認定書 PALの詳細はこちらをご覧ください。 2. 修士課程卒業生の卒業後就労許可(PGWP)の更新 2024年2月15日から、2年未満の修士課程を修了者でも、他のすべてのPGWPの資格基準を満たしていれば、3年のPGWPを申請する機会があります。 修士号以外のプログラムについては、PGWPの期間は引き続き学習プログラムの期間に結び付けられ、最大3年の制限があります。 3. Public-private partnership college programsのPGWP資格 一部の州では、公立カレッジがパートナーの私立カレッジでカリキュラムをライセンス供与することが許可されています。学生は私立カレッジに通いながら、公立機関からのディプロマを取得することができます。 現状では教育の質の低さや不十分な学生へのサポートに対し懸念があります。これを受けてIRCCは、PGWPの資格がない機関への留学生の入学が減少することを見越して、これらの教育機関のPGWPを制限しました。 4. 配偶者の就労許可(オープンワークパーミット)資格の変更 今後数週間で、留学生の配偶者や事実婚パートナーのオープンワークパーミットの資格基準に更新が加えられます。 出典:カナダ政府, CISM

ピアソン英語テストが、カナダ移民局(IRCC)の承認済み英語テストのリストに追加されました。
|

ピアソン英語テストが、カナダ移民局(IRCC)の承認済み英語テストのリストに追加されました。

2024年2月2日現在、IELTSとCELPIPと共に、移民、労働、または市民権のビザのための英語テストとして、ピアソン英語テストが利用可能です。PTE Coreオプションを選択する必要があります。 PTE Coreについて PTE Coreはコンピュータ上で実施される英語能力テストで、スピーキング、ライティング、リーディング、リスニングの全般的な能力を単一の試験で評価します。テストはフレンドリーでコンパクトなテストセンターで行われ、通常2時間程度かかり、結果は約2日で提供されます。 テスト形式 所要時間 パート1:スピーキング&ライティング – 約50分  パート2:リーディング – 約30分  パート3:リスニング – 約30分 無料オンラインコース  2〜3時間でテストの自信を高めましょう。PTE Coreのすべての側面をカバーする専門家による実践的なガイダンスを無料で受け取るには、無料で登録してください。各問題タイプの貴重な洞察、ステップバイステップのチュートリアル、およびサンプル回答にアクセスできます。 料金 340カナダドル(2024年2月2日段階) 関連記事: 参考:Pearson PTE, IRCC 引用:CISM

2024年「新規留学生学生ビザの発行数を約36万人に減少させる」予定

2024年「新規留学生学生ビザの発行数を約36万人に減少させる」予定

最終更新:2024年2月3日 移民局によりますと、カナダ政府は2年間、留学生数の増加を安定させるため、留学生学生ビザ申請数に上限を設ける予定と発表しました。 この上限により、2024年に承認される学生ビザ件数は2023年比で35%減の約36万件になると予想されています。 公正を期すため、ビザ件数の上限は各州および準州の人口で決められ、留学生数が最も持続不可能な増加を示している州では、より大幅な減少となります。 学生ビザの延長申請に影響はありません。修士号・博士号プログラム履修者、エレメンタリー・セカンダリー教育はこの上限には含まれません。現在の学生ビザ保持者は影響を受けません。 カナダ移民局は、各州・準州に上限数の一部を割り当て、各州・準州はその割り当て分を各DLI教育機関に分配します。 この上限を導入するため、2024年1月22日以降、カナダ移民局に提出されるすべての学生ビザ申請書には、州または準州からの証明書も必要となります。州および準州は、遅くとも2024年3月31日までに、学生に証明書を発行するプロセスを確立することが予定されます。 これらの暫定措置は2年間実施され、2025年に新たに受理される学生ビザ申請の数は、今年末に再評価されます。この期間中、カナダ政府は、州および準州、DLI機関、国の教育関係者と協力し、認定教育機関の枠組みの最終決定、長期的に持続可能な留学生数の決定、ポストセカンダリー教育機関が適切なレベルの学生の滞在先を提供できるようにすることなど、留学生のための持続可能な方法の構築に取り組んでいきます。 ポストグラデュエート就労ビザプログラムの調整を図るため、申請資格を変更します: 2024年9月1日以降、カリキュラムライセンスアグリーメントの一部である就学プログラムを開始する留学生は、卒業時に卒業後の就労ビザを取得する資格がなくなります。カリキュラムライセンスアグリーメントとは、学生が、関連する公立カレッジのカリキュラムを提供するライセンスを受けた私立カレッジに通うことです。これらのプログラムは、公立カレッジよりも監視の目が行き届かず、卒業後の就労ビザの取得資格に関して抜け穴のような役割を果たしますが、近年、これらのプログラムを行う留学生の数に大きな伸びを見せています。 修士課程およびその他の短期大学院課程を卒業した者は、まもなく3年間の就労ビザを申請できるようになります。現在の基準では、卒業後の就労ビザの有効期間は個人の就学期間のみに基づいているため、修士課程を修了した者が就労経験を積み、永住権に移行できる可能性がある期間が制限され、就労の妨げとなっている。 今後数週間は、修士課程および博士課程に在籍する留学生の配偶者のみがオープン就労ビザを取得できます。学士課程やカレッジプログラムを含む他のレベルの留学生の配偶者は対象外となります。 本日発表された重要な措置は、最近発表された留学生プログラムの改革を補完するものであります。これらを組み合わせることで、留学生がカナダで充実した留学生活を送るために必要なサポートを受け、必要なリソースを確保できるようにすると同時に、カナダに到着する学生全体の数を安定させ、カナダでの住居、医療、その他のサービスに対する圧力を緩和することを目的としています。 今後数ヶ月間、カナダ移民局は、需要のあるスキルを持つ学生に永住権取得への明確な進路を提供し、留学生を労働力としてよりよく移行させるための新たな方策を模索し続けます。 移民局は最近、留学生プログラムが到着予定の学生だけでなく、カナダ全体のために機能するよう、以下のようないくつかの施策を導入しました: 2024年1月1日、学生ビザ申請者の生活費条件は、カナダでの真の生活費をよりよく反映し、学生の脆弱性や搾取を防ぐために更新されました。 2023年12月1日以降、ポストセカンダリーのDLI教育機関は、カナダ国外の申請者が提出したすべての入学許可書をカナダ移民局に直接確認することが義務づけられました。この強化された確認プロセスにより、留学希望者を不正行為から守り、真正な入学許可書のみに基づいて学生ビザが発行されるようにしています。 2024年には、カナダで勉学に励む留学生を支援することを目的とした、的を絞ったパイロットプログラムを実施する予定です。 留学予定の州または準州からの証明書(Attestation letter) ほとんどの学生は、留学予定の州または準州からの証明書を提出する必要があります。 証明(attestation letter)を受け取る方法 各州・準州は、証明を取得するための手続きを整備している途中です。これらの手続きは2024年3月31日までに完了する予定です。各州・準州から情報が入り次第、移民局の学生ビザ申請ページが更新されます。 2024年1月22日以降に受理された学生ビザ申請で証明(attestation letter)がないすべての申請は、以下の免除に該当しない限り、申請を返却します。 証明(attestation letter)が免除される場合 以下に該当する場合、就学許可証の申請にprovincial attestation letter(PAL)は必要ありません。   プリスクール、小学校、中等学校(12年生まで)への申請 修士課程または博士課程プログラムへの申請 カナダに滞在中且つ以下のいずれかに該当する場合: 学生ビザの延長の申請 ワークビザ保持者 一時滞在者で、指定教育機関(DLI)で学ぶvisiting studentまたは交換留学生 DLIに入学するための前提条件となるコースやプログラムを修了した一時滞在者 退去命令を受けているが、現時点ではカナダから退去することができない 少なくとも6ヶ月間有効な一時滞在許可証を持っている。 家族がカナダ在住で、以下のいずれかに該当する方: 学生ビザ保持者 ワークビザ証保持者 少なくとも6ヶ月間有効な一時滞在許可証保持者 Visiting Forces Actに基づく他国の軍関係者 公認の外国政府代表者 特定のスポーツ活動やイベントの参加者 カナダで就労する外国の報道会社の社員 宗教関係者 PALについての詳細はこちらをご覧ください。 出典:https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/news/2024/01/canada-to-stabilize-growth-and-decrease-number-of-new-international-student-permits-issued-to-approximately-360000-for-2024.html,…

2024年のInternational Experience Canada(IEC)ワーキングホリデーカテゴリーの申請状況(2024年1月5日段階)
| |

2024年のInternational Experience Canada(IEC)ワーキングホリデーカテゴリーの申請状況(2024年1月5日段階)

ワーキングホリデーカテゴリーを中心に2024 International Experience Canada(IEC)の最初の招待が待ち遠しくなります。現時点で希望者のプールがほぼ1か月間開かれた中、2024年1月5日現在の最新データを用いて、当カテゴリーで狙われている地域・国の数についての洞察を提供しています。 ワーキングホリデーカテゴリーの統計:  以下は、現在申請中のプール内の候補者と各参加国/地域の許容数(定員)の分析です: 国/地域 定員 現在申請中の人数 Andorra(アンドラ) 25 3 Australia(オーストラリア) 無制限 731 Austria(オーストリア) 100 62 Belgium(ベルギー) 750 341 Chile(チリ) 725 4,748 Costa Rica(コスタリカ) 80 1,071 Croatia(クロアチア) 275 18 Czech Republic(チェコ) 1,000 135 Denmark(デンマーク) 350 49 Estonia(エストニア) 110 13 France(フランス) 7,000 13,737 Germany(ドイツ) 4,490 650 Greece(ギリシャ) 180 24 Hong Kong(香港) 200 51 Iceland(アイスランド)…

学生の就労・新規ビザ取得に大きな進展:カナダ留学生へのIRCCの重要な改革に関する詳細ガイド
| |

学生の就労・新規ビザ取得に大きな進展:カナダ留学生へのIRCCの重要な改革に関する詳細ガイド

カナダで働きながら留学する学生の皆さんに向けて重要な進展がありました。12月8日、IRCCはカナダの留学生の現在と将来の経験に直接影響を与える重要な発表を行いました。カナダでの教育を希望する学生やすでに学業を進めている学生は、これらの変更についてよく理解し、カナダでの学業を成功裏に進めるために複雑な状況を乗り越える必要があります。この記事は、主要な変更を詳しく説明し、特に財政要件の調整とオフキャンパスの労働制限の延長に焦点を当てます。 留学時の財政要件の調整  Marc Miller氏は、2024年1月1日から、留学ビザ申請者の生活費要件が引き上げられ、留学生がカナダでの生活によりよく備えられるようになると発表しました。  生活費要件の背景 現在の留学時生活費要件は2000年代初頭から変わっておらず、現在は個々の申請者に対して10,000ドルに設定されています。  2024年からの財政要件 2024年から、申請者は財政要件として次を示さなければなりません: 20,635ドル以上の貯金 加えて、 最初の年の授業料および旅行費用  今回の変更はいつから適用されるか?  財政要件の変更は、2024年1月1日以降に受け付けられた新しい留学ビザの申請に適用されます。 オフキャンパス(課外)の労働制限の延長  授業が行われている間の留学生のオフキャンパスの週20時間の制限に対する免除が延長されます。  延長期間 この延長は2024年4月30日まで有効です。  労働時間の増加 指定された期間中、対象となる学生は通常の週20時間を超えて授業時間外で働くことが許可されます。  現行および審査中の学生に適用  特定の条件を満たす留学ビザ保持者と、2023年12月7日までに留学ビザの申請を提出した学生は、今回の労働制限の延長許可を得ることになります。 将来の方針検討  将来に向けて、留学生が授業が行われている間に週30時間までオフキャンパスで働く可能性など、さまざまなオプションが検討されています。 IRCCがこれらの変革的な変更に関する詳細を提供するために追加の発表を行う可能性があるため、留学生や将来の応募者には最新情報に注意を払い、追加の更新を見逃さないようにすることをお勧めします。  参考資料: 出典: Government of Canada 引用:CISM

カナダの移民レベル計画2024-2026:多様で安定した未来への道筋を描く
| |

カナダの移民レベル計画2024-2026:多様で安定した未来への道筋を描く

先日発表されたカナダの移民レベル計画 2024 ~ 2026 では、カナダが今後数年間に受け入れる予定の人の数を大まかに解説しています。 この計画は、経済成長、家族の再会、各困難者への支援のバランスを調整を行います。 これは、すべての人にとって移民プロセスをより良くするためのより大きな計画の一部です。 この記事では、カナダの計画の主要なポイントを分析し、それがなぜ重要なのか、その重要点を説明します。  カナダの移民レベル計画 2024 ~ 2026 年の主要ポイントのリスト:  カナダの移民水準は現在の目標から変更されない。  カナダは2024年に48万5,000人の新規移民を受け入れることを目指している。  2025年と2026年には毎年50万人の新規移民を増やす目標が設定されている。  これらの目標は、2023~2025 年の移民レベル計画と一致しています。 この計画には、さまざまなクラスやプログラムにわたる移民の配分に関する更新も含まれています。  移民対象者の階級別内訳:  経済階級: 2024 年には移民 281,135 人 (58%)、2026 年には移民 301,250 人 (60%) に増加の見込み。  ファミリー層: 2024 年に移民は 114,000 人 (24%)、2026 年には 118,000 人 (24%) に増加の見込み。  人道的入国目標:2024年には移民89,865人(19%)、2026年には移民80,832人(16%)に減少の見込み。 エクスプレス・エントリーの目標: 2024 年に 110,700 人の永住者入国者を受け入れ、2025 年と 2026 年の両方で 117,500 人の移民に増加の見込み。  州候補者プログラム (PNP)…

重要な更新:カナダ永住権申請におけるバイオメトリクス要件とプロセスが変更されました

重要な更新:カナダ永住権申請におけるバイオメトリクス要件とプロセスが変更されました

先日、カナダ移民、難民、市民権省(IRCC)は、永住権(PR)申請者に対するバイオメトリクスの提出に関する重要な変更を実施しました。この更新は今後カナダで永住権を申請する予定の留学生にも影響を及ぼします。今回は最新のバイオメトリクス要件と、移民プロセスする際の影響についてお伝えしていきます。 永住権申請者のバイオメトリクス要件 2023年6月14日から、カナダで永住権を申請するすべての個人は、以前に一時的な居住許可の申請と共にバイオメトリクスを提出したかどうかに関係なく、新たにバイオメトリクスを提出する必要があります。コロナ禍においてIRCCは一時的に一時的な居住許可の申請と一緒に過去10年間にバイオメトリクスを提供した永住権申請者が再度提出することを免除する措置をグローバルケースマネジメントシステム(GCMS)に導入していました。今回のポリシーの更新は、コロナ禍において簡略化された永住権申請のための手続きを以前と同様に戻すためのものです。 バイオメトリクスとは バイオメトリクスとは、指紋や顔の特徴など、個人を特定するための身体的特徴の情報を指します。これらの詳細は、デジタル指紋と顔写真によって収集されます。バイオメトリクスの収集により、カナダ政府は永住権申請者の身元を確認し、移民システムの信頼性とセキュリティを向上させることができます。 留学生への影響 今回の最新のポリシー更新は、カナダへ留学予定、もしくは現在留学している学生にも影響を与えます。一時的な居住許可の申請にバイオメトリクスをすでに提供した場合でも、永住権申請時に再度提供する必要があります。この変更を理解し、適切に申請計画をすることが重要です。最新の規則に適合するために適切な知識を持ち、適切な指導を受けることが重要です。 カナダの留学生のための重要なポイント カナダの一部の留学生として、永住権を取得することは将来の重要な目標かもしれません。永住権申請者にバイオメトリクスの提出が義務付けられるという最新の更新についてよく理解し、準備が必要です。最新の移民政策について常に情報を把握し、バイオメトリクスのプロセスを理解し、必要な場合には指導を受けることで、新しい要件をうまく乗り越え、カナダでの移民の目標を達成するチャンスを高めることができます。 詳細については、こちらをご覧ください。 Source: Government of Canada, CIC NEWS

熟練技術者のエクスプレスエントリーによる移民の可能性が広がります!

熟練技術者のエクスプレスエントリーによる移民の可能性が広がります!

カナダで大工、配管、溶接などの職人の専門知識を持つ留学生の皆さんに素晴らしいニュースです。2023年8月1日、カナダ政府は専門分野の経験を持つ熟練した新規移民を歓迎する初めてエクスプレスエントリーを発表しました。カナダでは人材の需要の増加に対応し、国の経済成長と発展に貢献する重要なポジションを埋めるために、このような様々な動きを行っているのです。 職人・技術者のためのシンプル化された移民パスウェイ 永住権のためのカナダのフラッグシップ申請管理システムであるエクスプレスエントリーは、高い需要のある特定分野の職人や技術者に対して効率的で簡素化されたパスウェイ(経路)を提供するように改良されました。熟練した技術保有者の招待を優先することで、カナダ政府は国内の労働力不足に対処し、経済的な課題を解消することを目指しています。 永住権のためのカテゴリベースの選別 エクスプレスエントリー・システムへの最初の変更は2023年5月31日に、以前の移民、難民、市民権相であるショーン・フレーザー氏によって導入されました。これらの変更は、特定の職務経験またはフランス語能力を持つ候補者を優先して永住権申請に招待することに焦点を当てています。この新しいプロセスは、労働力不足への対応とカナダへの優秀な国際人材の集めることを目的としています。 熟練技術者した候補者向けの最初のラウンド 先日、移民、難民、市民権相のマーク・ミラー氏は、カテゴリベースの選択のための最初の職人ラウンドの開始を発表しました。このカテゴリは特に大工、配管工、溶接工などの専門知識を持つ候補者に焦点を当てています。この取り組みは、カナダの建設業界をサポートするために、国内外から熟練した人材を呼び込むことを目的としています。 熟練技術者の重要な役割 ミラー氏は、カナダ国内の熟練した職人の不足に対処することの重要性を強調しました。このカテゴリベースの選択プロセスでは、熟練した職人がカナダの経済に果たす重要な役割を認識しており、もしあなたのような専門分野の経験を持つ留学生ではれば、この機会は素晴らしいものとなることでしょう。 カナダの労働力と経済にとって熟練技術者は貴重な資産です 留学生として、熟練技術者の経験と専門知識はカナダの労働力と経済にとって貴重な資産となります。エクスプレスエントリーを通じて熟練の新規移民を歓迎することで、カナダは優秀な国際人材を受け入れると同時に、国の経済ニーズに対応し続けることとなります。 移民のチャンスを掴み取ろう カナダ移民申請に興味のある方は、近日中にカテゴリベースの選択ラウンドの開始に注目してください。熟練技術者の経験を持つ留学生にとって、カナダで明るい未来を確保し、国の成長と繁栄に貢献する絶好の機会です。 参照:Government of Canada 出典:CISM

カナダ永住権を取得できる新たな技能移民方法が導入されます!
|

カナダ永住権を取得できる新たな技能移民方法が導入されます!

※以下の情報はカナダ政府の情報を引用しています。詳細はカナダ政府へお問い合わせください。 新たなエクスプレス・エントリーのシステムが今夏に開始予定 2023年5月31日 – カナダ全体でより多くの熟練技能所持者の必要性が叫ばれている問題に対して、カナダ政府は技能所持者による移民が問題の対処に対して極めて重要な役割を果たすだろうという認識を示しました。これによりカナダは経済と社会の繁栄による成長を促す移民制度を確立することで、企業に力を与え、労働需要を満たし、フランスコミュニティの強化をするとのことです。 これによりショーン・フレーザー移民・難民・市民権大臣は、カナダを代表する経済移民管理システムであるエクスプレス・エントリーに、新しいカテゴリーベースの選考プロセスを導入することを発表しました。この新しい方法では、特定の技能、訓練、言語能力を持つ移民希望者に永住権申請のためのインビテーション(申請許可)を発行することを可能にします。各カテゴリーの募集時期や申請方法などの詳細については、今後数週間以内に開示される予定とのことです。 カナダ、カテゴリー別選考エクスプレス・エントリーでフランス語能力と優先職種の優先順位を決定 カテゴリー別選考エクスプレスエントリーの初年度は、ヘルスケア、科学、技術、工学、数学(STEM)専門家、大工、配管工、請負業者などの職業、輸送、農業・農産物の分野で、フランス語の高い能力または実務経験を持つ候補者を中心に招待されます。これらの分野でより多くの熟練労働者を受け入れることで、カナダは、高い人気を誇る専門家を全国のコミュニティに迎え入れる事による彼らの献身を期待をされています。さらに、政府はフランス語圏の移民を重視しており、フランス語圏のコミュニティがカナダで繁栄し続け、彼らが好む公用語で生活し働く自由を享受できるようにします。 カテゴリーベースの選考は、エクスプレス・エントリーによりカナダの進化する経済および労働市場のニーズに対応させるために設計されています。この戦略的なアプローチは、カナダの経済移民制度の成功に基づくもので、長年にわたりカナダに溶け込んで国家の未来に貢献できる高度な技能を持つ人材の獲得に重点を置いてきました。 ショーン・フレーザー大臣は、「カナダ全土の雇用主は、熟練労働者を緊急に必要としており、今回のエクスプレス・エントリー制度の変更により、雇用主の繁栄と成長に必要な人材の確保が可能になります。労働力不足に対処することで、経済成長を促すことができる一方、フランス語圏のコミュニティの活力を維持するために、フランス語に堪能な候補者を優先的に受け入れることができます。つまり、カナダの移民制度は、国の社会的・経済的ニーズにこれほどまでに合致したものはないのです。」と述べました。 基本情報 エクスプレス・エントリーは、連邦熟練労働者プログラム、連邦熟練技能者プログラム、カナダ経験者クラス、および州指名者プログラムの一部を通じて永住権を取得するための、今日ではカナダでのメジャーな永住権申請管理システムです。 2022年6月に特定の職務経験やフランス語能力など、経済的優先順位に沿った主要な属性に基づく移民の選定を容易にするための移民・難民保護法の改正が行われました。 これらの新しい権限の活用により、新しいカテゴリーを設ける前に、大臣が州、準州、産業界、組合、雇用者、労働者、労働者擁護団体、移住先提供者、移民研究者や実務家を巻き込んだ公開協議に参加する必要があります。さらに、IRCC(カナダ移民・難民・市民権省)は、前年度に選ばれたカテゴリー、選考プロセス、選考の根拠について、毎年議会に報告することが義務付けられています。 対象職種は、州・準州のパートナー、関係者、一般市民との幅広い協議と、労働市場のニーズの徹底的な検証を経て決定されました。新カテゴリーの対象となる職業の包括的なリストは、公式ウェブサイトでご覧いただけます。 カテゴリー別選考による最初のインビテーション(永住権申請許可)は、今夏に発行される予定です。 移民はカナダの労働力増加のほぼ100%を占め、重要な分野の労働力不足に効果的に対処しています。 カナダ雇用社会開発省の報告によると、不足に直面している職業の数は、2019年から2021年にかけて倍増したそうです。 カナダ・ケベック協定に基づき、ケベック州は独自の移民レベルを定めています。 2023年に選ばれたカテゴリー フランス語の能力 ヘルスケア関連職種 科学、技術、工学、数学(STEM)に関連する職業 貿易の職業 輸送の職業 農業・農産物の職業 詳しくはこちらをご覧ください。 参照:CISM 出典:Government of Canada, Express Entry rounds of invitations: Category-based selection

【日本帰国】水際対策の変更に関して(2023年4月28日更新)
| | |

【日本帰国】水際対策の変更に関して(2023年4月28日更新)

以下の情報は外務省の情報です。最新情報は外務省へお問い合わせください。 4月28日、外務省は新たな水際対策の変更を発表しました。4月29日午前0時以降(日本時間)に日本に到着する航空機にて入国される方は、有効なワクチン証明書または出国前検査証明書の掲示は不要になります。この変更は5月8日より実施される予定でしたが、前倒しとなりました。 上記の変更に伴い、中国(香港・マカオを除く)からの直行便で入国される方を対象に臨時で行っていた「サンプル検査」等も、他の国・地域からの入国者と同様の入国時検査に変更されます。 ただし、新型コロナウイルス感染症の症状がある入国者に対しては、入国時検査及び、陽性判明時における施設などでの療養を5月8日午前0時まで継続し、それ以降は感染症ゲノムサーベイランスを開始するとされています。 より詳細な情報については外務省の公式発表をご確認ください。 出典:外務省

カナダ移民局(IRCC)がストライキしたら?影響は?

カナダ移民局(IRCC)がストライキしたら?影響は?

2023年4月17日現在、カナダ連邦政府最大の労働組合であるPSAC(Public Service Alliance of Canada)は、火曜日午後までに合意に至らない場合、ストライキに突入すると発表しました。その結果、2023年4月18日(水)に公務員がストライキに突入する可能性があります。もしそうなれば、カナダ史上、単一の雇用主に対する最大のストライキとなります。これにより、カナダ移民難民市民権省(IRCC)では、申請書の処理に遅れが生じる可能性があります。   IRCC(カナダ移民局)がストライキを行った場合、どのような影響が出る可能性があるの? PSACは、合法的な状況下で60日間のストライキを行うことができます。IRCCは観光ビザ、一時滞在、永住権、市民権の申請を扱っているため、組合によると、約159,000人の公務員がストライキを起こす可能性があります。ストライキが発生した場合、いくつかのIRCCのサービスに遅れが生じる可能性があり、一部または全体が中断されることを意味します。   中断や遅れが予想されるサービス 申請書の処理 市民権授与式などの対面でのイベントやその予約  メール、電話、ソーシャルメディアを通じてのIRCCへの問い合わせ  領事館の市民権・パスポートサービス  カナダでのパスポートサービス   継続されるサービス オンライン申し込み IRCCへの申請書の郵送  オンラインアカウントの利用  一部の緊急サービスの利用    非政府組織は引き続き以下のサービスを提供します。 提携団体による決済サービス  Interim Federal Health Programによる健康管理  カナダ国外にあるビザ申請センター   状況は頻繁に変わる可能性がありますので、最新の正確な情報は公式ウェブサイトやデジタルメディアでご確認ください。 PSAC-AFPCツイッター 査証(ビザ)処理時間チェッカー 政府公式発表 カナダ政府公式サイト IRCC公式ツイッター(英語) 出典:CISM 参照:Government official announcement

【速報】ポスグラビザ(PGWP)が最大18か月延長に。条件は?
| | |

【速報】ポスグラビザ(PGWP)が最大18か月延長に。条件は?

下記記事は、カナダ移民局発表の情報をもとに書かれています。最新情報及び詳細はカナダ移民局へお問い合わせください。 本日2023年3月17日カナダ移民局発表の情報によりますと、ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP)の期限がすでに切れてしまっている、または、切れそうな卒業生のために最大18か月PGWPが延長できるそうです。 2023年4月6日より開始予定であり、カナダでの滞在延長を希望するPGWP保持者は、延長申請を行う手続きに同意することが出来ます。 2023年にすでにPGWPの期限が切れてしまっており、2022年のPGWPに関する政策の申請条件を満たしていた卒業生も同様に、18か月の就労ビザ申請を行うことができます。PGWPの期限が切れており90日間のレストレーション(復元)期間を過ぎている場合でも、ステータスを復活させることができ、新しい就労ビザ申請が手続きされている期間の就労許可も受け取ることができます。 出典:カナダ移民局

【国内申請】新規・延長ビザ申請などに必要なバイオメトリクスが再開
|

【国内申請】新規・延長ビザ申請などに必要なバイオメトリクスが再開

こちらの情報は2023年2月23日現在の情報です。最新情報はカナダ移民局へお問い合わせください。 2023年2月23日発表のカナダ移民局の情報によりますと、ビザ申請(新規・延長)に必要なバイオメトリクスを、カナダ国内からの申請において再開するとのことです。上記には学生ビザやワークビザ等も含まれます。 バイオメトリクスは新型コロナウイルス蔓延の影響で2020年7月15日より一時停止されていました。 詳細はカナダ移民局へお問い合わせください。 出典:カナダ移民局

カナダ移民局が新しく認定したPTE Essentialとは?

カナダ移民局が新しく認定したPTE Essentialとは?

カナダ移民局は、Pearson Test of English (PTE) Essentialを正式に移民局が指定する語学要件を証明するスコアとして認定すると発表しました。これにより移民申請者は、現在既に認定されているCELPIPとIELTS General Traningと合わせて、3つの英語の選択肢と2つのフランス語の選択肢(TEF Canada及びTCF Canada)から語学要件を証明することが可能になります。   カナダ移民局に認定されている英語能力試験 Canadian English Language Proficiency Index Program (CELPIP) 注意: CELPIP には、CELPIP-General (CELPIP-G) と CELPIP-General – Listening and Speaking (CELPIP-G LS) の 2 つのテストがあります。 CELPIP-G テストは、移民および市民権の目的で IRCC によって承認されています。 CELPIP-G LS テストは、市民権の目的でのみ IRCC によって受け入れられます。 International English Language Testing System (IELTS) General Traning (New) The Pearson’s Test…

ケアギバーの移民プログラムの申請条件が緩和
|

ケアギバーの移民プログラムの申請条件が緩和

カナダの移民プログラムには様々な種類があります。 一般の家庭で、お年寄りの介護や小さな子どものお世話をするケアギバーと呼ばれる職種を対象としたHome Child Care Provider Pilot and Home Support Worker Pilotという特別な移民プログラムがあります。 この移民プログラムに申請できる職種 NOC 44100 – Home child care providers NOC44101 – Home support workers, caregivers and related occupations   申請条件に変更 これまで、この移民プログラムを通してカナダに移民するには、カナダ国内でケアギバーとして24か月の就労経験が必要とされてきました。しかし、カナダ移民局は2月10日、この24か月の就労経験が12か月に引き下げられると発表しました。 この変更は、2023年4月30日より施行されます。すでにこのプログラムに申請しているケアギバーにもこの変更が適用されます。現在、このプログラムの審査待ちのケアギバーの90%が、この変更の恩恵を受けると予想されています。2019年にこのプログラムの応募が開始されてから、両職種を通じて、すでに約1,600人のケアギバーとその家族が永住権を取得しました。さらに、2022年には約1,100人のケアギバーとその家族がすでに永住権取得者となっています。   その他の応募条件 語学力  カナダ言語ベンチマーク(CLB)が5以上であること IELTS General:リーディング4.0、ライティング5.0、リスニング5.0、スピーキング5.0 CELPIP General:リーディング5、ライティング5、リスニング5、スピーキング5 CLBの詳しい情報は、こちらの公式Language test equivalency chartをご確認ください。   学歴 カナダで1年間のポストセカンダリー就学、または カナダ国外でそれに相当する国の教育を受けていること   職歴 NOC 44100 – Home child…

【カナダワーキングホリデー】2023年は受け入れ人数増える?申請はいつ開始?
| | | |

【カナダワーキングホリデー】2023年は受け入れ人数増える?申請はいつ開始?

最新情報はカナダ移民局へお問い合わせください。ワーキングホリデーや就学先に関しては弊社へお問い合わせください。 2022年12月1日付のカナダ移民局の発表によりますと、ワーキングホリデーなどを含むプログラムであるIECプログラムにて、2023年の募集人数が20%増加する、とのことです。また、申請開始日は2023年1月9日となっています。 この増加により、世界中から90000人もの方を受け入れることができ、カナダの労働力不足へのヘルプになるとのことです。 *** ワーホリに関しては過去記事もご覧ください: ワーホリなどを含むプログラムIECとはなんですか? カナダのワーキングホリデー先として検討すべき5つの都市   出典:カナダ政府

【速報】一時的に留学生が週20時間以上働くことが可能に!

【速報】一時的に留学生が週20時間以上働くことが可能に!

カナダ政府は本日、2022年10月7日付の発表で、条件を満たすポストセカンダリーの学生がキャンパス外で働ける時間数(週 20 時間)の上限を一時的に解除することを発表しました。 2022 年 11 月 15 日から 2023 年 12 月 31 日までにカナダに滞在し、学生ビザで学校外の就労許可を取得している留学生は、週 20 時間の規則による制限を受けなくなります。本日現在、学生ビザ申請を既に提出しているカナダ国外にいる方も、申請が承認されれば、この一時的な変更の恩恵を受けることができます。 この一時的な措置により、現在カナダにいる 500,000 人を超える留学生は、就学を続けながら、カナダの業界の不足を補う追加の労働時間を許可されます。学校をやめたり、パートタイムに変更した学生はこちらの緩和措置の対象外となりますので、学業と仕事のバランスを保つことが重要です。 その他以前発表されたカナダ政府の取り組みや学生ビザに関する疑問については以下をご覧ください。 【8月25日付】ポスグラ(PGWP)申請に関する条件変更 留学生が学校外で働くには? 出典:カナダ政府

【速報】カナダ入国に制限がなくなる?いつから?
| | | |

【速報】カナダ入国に制限がなくなる?いつから?

以下の情報は2022年9月26日付、カナダ政府の発表です。最新情報や詳細に関してはカナダ政府へお問い合わせください。 カナダ政府は9月26日付の発表で、2022年10月1日よりカナダ入国時の全ての制限(検査、隔離等)を撤廃することとしました。 2022年10月1日より、全ての渡航者(国籍にかかわらず)は以下を行うことが不要となります: ArriveCANの提出 ワクチン証明の提出 渡航前、渡航後の検査 コロナ関連の隔離や自宅待機 渡航前・到着後の健康チェック及びコロナの症状がある場合のレポート マスクの着用 マスク着用義務は解除されますが、すべての渡航者がマスクを着用することが強く推奨されます。 また、クルーズの措置も解除され、搭乗者は搭乗前の検査、ワクチン接種、ArriveCANの利用が不要になります。乗客・乗員を保護するための一連のガイドラインは残され、米国で採用されているアプローチと一致することになります。 上記の変更はありますが、コロナの症状がある場合は、旅行を控えるよう注意してください。旅行者が旅行中に発病し、カナダに到着した時点でも発病している場合は、到着後、客室乗務員、クルーズスタッフ、または国境スタッフに知らせてください。 カナダ政府はまた、カナダ国外への旅行を検討する際には、健康や安全を守るために十分な情報を得た上で決断するよう、旅行者に注意を促しています。安全な旅行に関する詳細については、https://travel.gc.ca/travelling/advisories にある旅行アドバイスをご覧ください。 出典:カナダ政府