【速報】カナダ出発の国内線・国際線にてワクチン証明が不要に
| | |

【速報】カナダ出発の国内線・国際線にてワクチン証明が不要に

下記情報は2022年6月14日付の情報です。最新情報はお問い合わせください。 カナダ政府及び総領事館によりますと、「6月20日午前0時1分(東部時間帯)より、航空機等の乗客に対するワクチン接種義務を停止する」そうです。「これにより、同20日以降、カナダ国内を出発する国内線、米国線、国際線の航空機、VIA鉄道及びロッキー・マウンテニア鉄道を利用する乗客は、ワクチン接種証明書を提示することなく、これらの交通機関を利用することが可能となります。」 ワクチン未接種者の入国 「国境措置に関するワクチン接種要件は変更されません。このため、カナダ市民権者及び永住権者でワクチン接種を完了していない者がカナダへ帰国する場合には、入国前検査、入国時及び入国8日目の分子検査及び14日間の自己隔離が必要となります。またワクチン接種を完了(※ブースター接種を含まない従来の定義)していない外国人の入国は、引き続き禁止となります。」 マスク着用義務 「航空機又は鉄道を利用する乗客に対するマスク着用義務は維持されます。クルーズ船の乗客は、引き続きマスク着用に加え、クルーにより指示される他の公衆衛生措置にも従う必要があります。」 出典:カナダ政府、総領事館メール

留学生が学校外で働くには?
|

留学生が学校外で働くには?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 誰が学校外で働けるか 雇用主は、学生が働き始める前に、就労ビザなしで学校外で働くことができるかどうかを確認する必要があります。学校外で働き始めても条件を満たしていない場合は、カナダを出国しなければならない場合があります。 カナダで働くことができるのは、学校のプログラムを開始してからです。プログラム開始前に働くことはできません。 学生ビザに「キャンパス内またはキャンパス外での就労が許可されている」という条件が記載されていれば、カナダで留学生として働くことができます。 以下の条件をすべて満たしていれば、就労ビザがなくても学校外で働くことができます: 学校外で働くことができるという条件が含まれている有効な学生ビザを持っている場合 DLI番号のある学校でフルタイムの学生である場合 以下のプログラムを履修している: ポストセカンダリーでのアカデミック、職業訓練、専門トレーニングプログラム、または セカンダリーレベルの職業訓練トレーニングプログラム(ケベックのみ) プログラムをすでに開始している プログラムが以下を満たす: 6か月以上、そして、 ディグリー、ディプロマ、またはサーティフィケートプログラムである ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバーがある) パートタイムの学生は、上記の条件をすべて満たし、かつ、フルタイムでなくパートタイムである理由が以下すべてを満たす場合のみ、学校外で働くことができます: プログラムの最後の学期である 一つ前の学期までカナダでフルタイムの学生であった プログラムを完了するのにフルタイムである必要が無い 許可されて学校を休んでいる場合や、学校を変更しており、就学していない場合は: 学校外で働くことはできません 就学を再び開始した場合のみ、働くことができます カナダ働くためにソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)を手に入れる ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)はカナダ政府が提供する9桁の番号です。この番号はカナダで働くのに必要です。 学校外で働くのにSINナンバーに申請する場合、学生ビザに以下の条件のうちの1つが明記してある必要があります: 移民・難民保護規則第186条(v)に記載されている基準を満たしている場合は、週20時間の学校外勤務、または決められた休暇時にフルタイムで勤務することができます。 R186(f)、(v)または(w)の資格基準を満たしている場合は、学校内または学校外での雇用を行うことができ、これらの基準を満たさなくなった場合は就労を中止しなければならない。 学校外で働く資格があるが、学生ビザにこれらの条件のいずれかが記載されていない場合は、これらの条件を追加してもらうことができます。これらの条件をビザに追加するための費用は無料です。 サービスカナダからSINナンバーを申請する前に、学生ビザの修正申請をする必要があるかもしれません。 学校外でどれぐらい働くことができますか? カナダで働くことができるのは、留学プログラムを開始してからです。プログラムが始まる前に働くことはできません。 通常の学期間: 最大20時間まで働くことができます 学校の決められた休暇時(冬休みや夏休みなど): フルタイムで働くことができます 一番最初の学期を始める前の休暇には働くことができません プログラム中に決められた休暇がない場合、週に20時間以上の勤務はできません。 学校外で働けない人 以下の状況のいずれかに当てはまる場合は、就労ビザがなければ学校外で働くことはできません: 学生ビザに、就学中に学校外で働くことはできないと書かれている場合 第二言語としての英語またはフランス語(ESL/FSL)プログラムにしか在籍していない場合 一般的な興味のために授業を受けている場合 フルタイムのプログラムに受け入れられるためにいくつかのクラスを取っている場合 状況が変わり、学校外で働くための条件を満たさなくなってしまった場合 これらの状況のいずれかが当てはまるが、カナダで勉強しながら働きたい場合は、就労ビザを申請する必要があります。 就学の状況が変わった場合 学校外で働く資格がなかったが、学業状況が変わった場合、学生ビザの条件を変更できる可能性があります。 以下の場合は、学生ビザの条件の変更に申請できます: 学校外で働くことができるプログラムに変更し、かつ、学生ビザに「このビザは、保有者がカナダで学校外での雇用に従事することを許可するものではありません」と書かれている場合、または、 もう当てはまらない条件が学生ビザに明記されている場合 学生ビザの条件を変更するには申請が必要です。この変更には手数料がかかります。SIN番号を申請する前に行う必要があります。 プログラム完了後に就労する場合 学習プログラムを修了した後、フルタイムで働くには2つの方法があります: 学生ビザが切れる前に、就労ビザに申請した場合…

【5月26日発表】完全版:カナダから日本に帰国の際に注意すべき措置
| | |

【5月26日発表】完全版:カナダから日本に帰国の際に注意すべき措置

こちらの記事は日本時間5月27日付の情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。 5月26日付で、外務省より水際措置の詳細が発表されました。前回の記事の内容も含め、こちらの記事で詳細をまとめています。尚、こちらの記事はカナダから直行便で帰国の場合の規則に関してを取り扱っているため、他国を経由する場合は、外務省のホームページをご確認ください。 2022年6月1日以降の規則 外務省は、コロナの状況等を踏まえ、国や地域を3つのカテゴリー「赤」「黄」「青」に分けています。カナダは「青」のカテゴリーに入っているため、以下の規則が該当します。 有効なワクチン接種証明書の有無にかかわらず(3回目接種の有無によらず)、 出国前72時間以内の検査必要 入国時の検査不要 隔離・待機不要 公共交通機関等の使用可能(待機無しであるため、そもそも外出が可能)となっています。 5月末までの規則 外国人の入国は就労目的か長期の場合可能(入国者健康確認システムの申請必須) ワクチン接種3回終わっている場合、待機無し。終わっていない場合、「3日間自宅等待機+自主検査陰性」(検査を受けない場合は7日間待機)。また、入国時検査から24時間以内に自宅等待機のために移動が完了する場合に限り、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用が可能。 上記情報は、コロナの状況の変化等により、変更となる場合がございます。渡航前に必ず最新情報をご確認ください。 出典:外務省

【速報】2022年4月25日よりカナダ入国制限変更
| | |

【速報】2022年4月25日よりカナダ入国制限変更

下記情報はカナダ政府の情報です。最新情報及び詳細はお問い合わせください。 (下記文章は日本国総領事館からのメールを引用しています。) カナダ政府は、2022年4月25日午前0時1分(東部標準時間)より入国制限の緩和を実施することを発表しました。 ワクチン接種を完了した(ファイザーやモデルナなどは2回完了)旅行者に同伴する5〜11歳のワクチン未接種または一部接種の子どもは、カナダ入国の際に入国前検査を受ける必要はない。カナダへの渡航資格がある12歳以上の部分接種者または未接種者については、引き続き入国前検査が必要。5歳未満の子供は、検査結果を提出する必要はない。 ワクチン接種を完了したすべての旅行者は、入国時に隔離計画の提出は必要ない。ワクチン接種が完了した大人に同伴する5〜11歳の子ども及びワクチンに対する医学的禁忌を持つ旅行者についても、隔離は必要ない。 2022年4月25日以降にカナダに到着するワクチン接種が完了した旅行者は、到着後14日間、(1)公共の場にいる間はマスクをすること、(2)症状や徴候が現れないか監視し報告すること、(3)同じ旅行グループの他の旅行者が症状や徴候を示したり、陽性と判定されたりした場合、自己隔離すること、(4)濃厚接触者と訪問先のリストを保持すること、について連邦政府から要求されない。ただし、(1)については、旅行者が旅行を終えた後にのみ適用され、旅行中(飛行機や船に搭乗時)にはマスクを着用し続けなければならない。 渡航者はArriveCANの提出がまだ必要です。 出典:カナダ政府

【4月1日】本日よりカナダへ渡航時のPCR(または抗原)検査不要
| | |

【4月1日】本日よりカナダへ渡航時のPCR(または抗原)検査不要

こちらの情報は2022年4月1日の情報です。最新情報はお問い合わせください。 渡航前検査 2022年4月1日より、ワクチン接種が完了している人(ファイザーやモデルナなどの場合2回完了している人)で、陸路や空路、水路で渡航する場合、渡航前の検査は不要です。 5歳以上のワクチン未接種者や1回しか接種していない者(且つ、入国が認められている者)は、大人が付き添う場合でも、検査結果を提出する必要があります。 5歳未満の子どもは、ワクチン接種の有無にかかわらず、検査は不要です。 出典:カナダ政府 尚、検査は不要ですが、ArriveCANの提出は必須ですのでご注意ください。

【更新】ポスグラ申請中に、学生ビザでカナダ国外に出て戻ってこれる?
|

【更新】ポスグラ申請中に、学生ビザでカナダ国外に出て戻ってこれる?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 記事最終更新日:2022年03月09日、元記事発行日:2019年8月7日 ポスグラ(ポストグラデュエーション就労ビザ:PGWP)申請後に、カナダ国外に学生ビザで渡航して、戻ってくることはできるのでしょうか? A:ビザやeTAが有効である限り、カナダ国外に出た後に戻ることができます。但し、ビザ(学生ビザまたは就労ビザ)は、カナダに戻ってきたときの入国を保証するものではありません。ビザまたはeTAが有効でない場合はカナダに戻る前に新しいものを取得する必要があります。 カナダに戻る際の注意事項: 学生ビザの期限が有効であれば学生としての入国が可能 カナダ国外にいるときにポスグラ就労ビザが承認された場合には、就労ビザとしての入国が許可される可能性がある ポスグラビザが審査中の場合には、ビジターとしての入国が許可される可能性があり、申請書の審査の決定がおりるまで就労ビザなしでの就労が可能です カナダへ戻った入国時に、国境でオフィサーから質問を受けます。ポスグラビザへの申請証明の提示をオフィサーから要求される可能性があります(申請書のコピー、申請料支払いのレシートなど) オフィサーが再入国を拒否する理由があると判断した場合には、カナダへの入国が許可されません。 IRCC編集日:2021-09-29

【速報】4月1日よりカナダ渡航前のPCR検査不要
| | |

【速報】4月1日よりカナダ渡航前のPCR検査不要

こちらの情報は2022年3月17日の情報です。最新情報はお問い合わせください。 2022年3月17日付のカナダ政府の発表によりますと、2022年4月1日午前12時01分より、ワクチン接種が完全に終了している渡航者(2回接種が必要なワクチンの2回接種が完了している者)は空路・陸路・水路の全てにおいて、渡航前のPCR検査陰性証明書が不要となりました。 空港到着時の無作為抽出で行われるPCR検査は継続されるため、抽出された場合は空港での指示に従って検査を行う必要があります。 (渡航が許可されている)ワクチン接種が完了していない渡航者に関しては、今までと変わりはないため、渡航前のPCR検査または監視下に置いて行われたAntigen Testの陰性証明の提出が必要です。 渡航時のArriveCANの利用は現在も引き続き必須です。ご渡航予定の方はお忘れないようにしてください。 出典:カナダ政府

コロナ禍に一時帰国:日本入国検疫手続きの事前登録「ファストトラック」
| | |

コロナ禍に一時帰国:日本入国検疫手続きの事前登録「ファストトラック」

こちらの情報は、2022年3月9日の現在の情報です。最新情報はお問い合わせください。 外務省によりますと、試行運用が行われていたファストトラックが3月9日より成田国際空港でも利用と可能となったそうです。ファストトラックの試行運用は羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港で行われており、このシステムの利用により、入国時の一部検疫手続きを事前に済ませることができるそうです。 ファストトラックとは? 入国時の検疫手続の一部の事前登録をオンラインで行うことができます。日本に入国する前にアプリ上で書類等の提出を行います(*到着予定日時の16時間前までに提出完了する必要があります。) 必要なもの MySOSというアプリがダウンロードされたデバイス パスポート番号 ワクチン証明書(任意) PCRなどの検査証明書 手順 アプリをダウンロードする 検疫手続事前登録ボタンをクリックする 必要書類の提出 質問票 誓約書 ワクチン証明書 PCRなどの検査証明書 詳しいステップはこちら アプリ上で審査が行われます。完全に完了している場合は画面が緑色、検査証明を空港で提示の場合は黄色、申請不備の場合は赤色となります。赤色の画面の場合、再登録が必要です。 入国時にアプリの画面を提示してください。 よくある質問に関してはこちら 出典:外務省、ファストトラック

【最新情報】2022年カナダワーキングホリデービザ
| |

【最新情報】2022年カナダワーキングホリデービザ

2022年シーズンのワーキングホリデー受け付けが開始されてから約1か月半が経過しました。 現在の、日本国籍保有者への招待状発行状況や定員状況に関する最新情報です。 今シーズンの定員:6500人 既に発行された招待状発行数:3247 空席:4555 今シーズン招待状発行最終日:未定 現在プールに登録している申請希望者:111 上記は、3月4日時点の情報です。   ワーキングホリデーの招待状は、プールに登録している申請希望者の中から抽選にて発行されます。そのため、全ての申請希望者が招待状を受け取る確率は平等です。 また、招待状の発行は定員に達した時点で終了となります。定員に達する前に招待状発行が終了する場合もあります。 ※プールとは、ワーキングホリデービザ申請希望者が、招待状を受け取るためにプロフィールを登録する場所です。   現在の招待状を受け取れる確率は80%~99%と発表されています。 出典:カナダ移民局 上記に関する詳細や最新情報はお問い合わせください。

本日2022年2月28日より、カナダへの入国制限変更
| | |

本日2022年2月28日より、カナダへの入国制限変更

最終更新日:2022年2月28日 本日2月28日より、新しい入国制限が施行となります。概要はこちら: 入国前のPCR検査の代わりに、Rapid Antigen testでも可能 ワクチン接種していない12歳以下の子どもも、接種している親が付き添う場合、隔離は不要(陰性の場合はすぐに学校に通うことができる) カナダ国内全ての空港での国際線再開 詳細は以下の記事をご覧ください。 以下は2022年2月15日現在の情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。 カナダでは、新型コロナウイルスの感染者が減少してきており、ピークを過ぎたと考えられています。そのため、2022年2月15日付でカナダ政府が入国制限の変更を発表しました。以下が変更内容です。 2022年2月28日午前12時01分(EST)より施行 到着時のPCR検査に関して:ワクチン接種が完全に完了している渡航者の中から、ランダムに検査対象の方が選択されます。検査結果を待つ間、隔離を行う必要がなくなりました。また、12歳以下の渡航者がワクチン接種を完全完了している大人と渡航する場合、隔離は不要であり、学校・デイケア・キャンプなどに参加するまでの14日間の隔離も不要となりました。ワクチン接種を行っていない渡航者は、到着時・8日目にPCR検査及び14日間の隔離が必要であり、基本的には入国が認められていません。 入国前のPCR検査に関して:新型コロナウイルス迅速抗原検出キット(COVID-19 rapid antigen test:出発の前日または陸路・海路での国境への到着時)または分子検査(molecular test:出発の72時間以内に受けたもの、または、陸路・海路での国境への到着時)のどちらも入国前の検査条件を満たします。新型コロナウイルス迅速抗原検出キットに関してですが、購入した国で認可されており、実験室・ヘルスケア組織・遠隔医療サービスにて監視されている必要があります。 カナダ政府は旅行健康情報(Travel Health Notice)をレベル3からレベル2に変更しました。これにより、カナダ政府が必要不可欠でない渡航の停止を推奨することを終始することとなります。しかし、オミクロン株に関しては注意する必要があります。また、2022年2月28日16:00(EST)より、今までコロナにより国際便を受け入れていなかった国際空港でも、国際便の受け入れが再開となります。 出典:カナダ政府

【最新】カナダ移民局が2022-2024年度の移民人数計画を発表しました
|

【最新】カナダ移民局が2022-2024年度の移民人数計画を発表しました

前回の記事では、カナダ政府が2021年の移民人数の目標としていた401,000人を達成したことに関してまとめました。2022年2月14日付で、カナダ移民局が2022-2024年度の目標を発表したので、そちらをこの記事で紹介します。 以下の情報はカナダ移民局の発表の引用です。詳細はカナダ移民局へお問い合わせください。 カナダ移民局の発表によりますと、2022年に431,645人、2023年に447,055人、2024年に451,000人の移民を迎えることを目標としているそうです。2022年の内訳を見てみると、 経済的移民が241,850人 家族移民が105,000人 難民が76,545人 人道的支援が 8,250人です。 さらに、経済的/家族移民の詳細を見てみると、以下の通りです: 【経済的移民】 Federal High Skilled(Federal Skilled Worker Program, Federal Skilled Trades Program, and Canadian Experience Class)55,900人:これは、PGWP後など、エクスプレスエントリーを通しての移民を含みます Federal Economic Public Policies 40,000人:temporary resident to permanent resident pathwaysなどの一時的なパスウェイプログラムを含みます Federal Business 1,000人:Start-up Visa Program や the Self-employed Persons Programなど自営業者向けです。 Economic Pilots: Caregivers; Agri-Food Pilot; Rural and Northern Immigration Pilot; Economic Mobility…

2022年提出用(2021年度)タックスリターン/確定申告情報
| | | |

2022年提出用(2021年度)タックスリターン/確定申告情報

以下の情報は2022年2月14日現在のカナダ税務局CRAによる情報です。最新情報や詳細はCRAにお問い合わせください。 今年もタックスリターン(確定申告)の時期がやってきました。留学生や一時的な滞在者もタックスリターンを行う必要がある場合があります。以下、今年のタックスリターン情報です。 期限は2022年4月30日(個人向け) 2022年4月30日は土曜日であるため、以下に該当する場合のみ期限通りにタックスリターンを行ったとみなされます: CRAが2022年5月2日までに受け取った場合 消印が2022年5月2日またはそれ以前であった場合 配偶者やコモンローのパートナーが自営業者である場合、期限は2022年6月15日です。 支払い期限も2022年4月30日 タックスリターンの際に未払いとなっている場合、支払い期限は2022年4月30日です。 配偶者やコモンローパートナーが自営業者である場合も、期限は2022年4月30日です。 出典:カナダ税務局CRA 詳細は過去記事をご覧ください

カナダ留学中にアメリカに旅行するなら?
| | |

カナダ留学中にアメリカに旅行するなら?

注1:以下の情報は2022年2月10日時点での情報です。最新情報はお問い合わせください。 注2:以下の情報は日本国籍保持者(日本のパスポート保持者)向けの情報です。その他の国籍の方は、アメリカ国境管理のホームページをご覧ください。 カナダ滞在中に、アメリカへ旅行に行くことがあるかもしれません。日本人がカナダからアメリカに入国する際、どのような手続きを行うべきでしょうか? Visa Waiver Program(VWP):ビザ免除プログラム ビザ免除プログラムとは、40か国の市民がアメリカにビジネスや観光目的で、ビザなしで最大90日間滞在できるプログラムです。日本はこの40か国に含まれています。 このビザ免除プログラムを利用する場合、いくつかの条件を満たす必要があります: 一部例外を除き、2011年3月11日以降に、イラン、イラク、北朝鮮、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンなどの国に渡航していないこと イラン、イラク、北朝鮮、スーダン、シリアの国籍を持っていないこと パスポートがe-passportであること 電子渡航認証システム(ESTA)により渡航認証が承認されていること 電子渡航認証システム(ESTA)とは? 電子渡航認証システム(ESTA)は、カナダでいうETAのようなものであり、ビザ免除プログラムの国の市民がアメリカに渡航する際に必要なものです。ESTAの承認が下りているから必ずアメリカに渡航できるということではありませんが、空路や海路での渡航の場合は必ず必要です。ESTAの申請料はUS$14(約CA$18)です。申請はオンラインで可能です。渡航の3日以上前に申請することがお勧めされています。 陸路でもESTAはいる? 陸路の場合、ESTAは不要ですが、I-94W formと呼ばれる書類の提出が必要です。I-94W formを利用し国境を超える際も、US$14を支払う必要があります。 詳細は、アメリカ政府のウェブサイトをご覧ください。

カナダで日本のパスポートを更新
| | |

カナダで日本のパスポートを更新

こちらの情報は2022年4月26日現在の情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。 カナダ滞在中に、日本のパスポートの期限が切れてしまうことがあるかもしれません。どのように更新できるのでしょうか? 更新はどのタイミングでできるの? 在カナダ日本大使館によりますと、残存有効期間が一年未満の期間内で、パスポート記載事項(氏名・本籍等)に変更のない方は更新(切り替え)を行うことができるようです。 どこでできるの? 日本国大使館または総領事館で行うことができます。大使館や総領事館が近くにない場合、出張領事サービスというものを行っていることもあるそうです。 【在カナダ日本国大使館】 255 Sussex Drive, Ottawa, Ontario, K1N 9E6 CANADA 【在カナダ日本国総領事館】 BC州バンクーバー:900-1177 West Hastings Street, Vancouver, BC, Canada V6E2K9 アルバータ州カルガリー:Suite 950, 517-10th Avenue SW Calgary, Alberta T2R 0A8 ケベック州モントリオール:1 Place Ville Marie, Suite 3333 Montreal, Quebec H3B 3N2 CANADA オンタリオ州トロント:Suite 3300, TD North Tower 77 King Street West Toronto, ON…

ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP/ポスグラ)保持者増加中
| | | |

ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP/ポスグラ)保持者増加中

カナダで留学をする学生は年々増えていますが、カレッジやユニバーシティ卒業後にポスグラビザ(PGWP)に申請し、カナダに残る方も増えています。 ポストグラデュエート就労ビザ(PGWP)は、カナダのユニバーシティ・カレッジ卒業後に申請することができる最大3年間分の就労ビザです。ポスグラに関しては、過去記事もご覧ください↓ どれぐらい人数が増えてるの? スタティスティックスカナダ(カナダ統計局)によりますと、2008年から2018年の間にポスグラビザ保持者は10,300人から64,700人と6倍に増えているそうです。 どんな人がポスグラビザを持っているの? 2018年のデータによりますと、ポスグラ保持者の56%は男性・44%は女性です。年齢別にみていくと、25歳未満は49%、25~34歳は46%、35歳以上は5%です。ポスグラ保持者の国籍はトップ10のみが発表されており(トップ3はインド・中国・フランス)、日本国籍者はそちらに含まれておらず、1%以下です。滞在する州に関しては、オンタリオ州が一番多く全体の56%、続いてBC州の16%、さらにケベック州の11%と続きます。 ポスグラビザの詳細や最新情報に関してはお問い合わせください。 出典:カナダ政府、CICNEWS

【永住権】Home Child Care Provider 及び Home Support Worker Pilotとは?2022年はもう締め切った?
|

【永住権】Home Child Care Provider 及び Home Support Worker Pilotとは?2022年はもう締め切った?

以下の情報はカナダ移民局の情報を引用しております。詳細や最新情報に関しては、移民局のウェブサイトをご確認ください。 Home Child Care Provider Pilot and Home Support Worker Pilot プログラムとは? カナダには現在「Home Child Care Provider Pilot and Home Support Worker Pilot」とよばれる永住権申請プログラムがあります。こちらは、Home Child Care Provider(在宅でのデイケア提供者)やHome Support Worker(在宅での介護サービス提供者)をターゲットとした特別な永住権プログラムです。2019年6月に開始されたプログラムです。 誰が申請できるの?(概要) 該当する職業でのカナダでのジョブオファーまたは就労経験がある;かつ、 教育条件や英語条件を満たしている 条件の詳細に関しては、カナダ移民局のウェブサイトをご確認ください:出典 2022年も申請可能? カナダ政府はこのプログラムにて、毎年最大5,500件の申請を受け付けています。そのうち2,750件がHome Child Care Provider Pilot、2,750件がHome Support Worker Pilotです。 2022年1月18日付では、The Home Child Care Provider Pilotは定員に達したため、2022年のこちらのプログラムへの申請は終了という形になりました。次の申請開始日は2023年1月1日とされています。 The Home Support Worker Pilotに関しては、今現在は定員に達しておりません。 出典:カナダ政府 上記内容は今後変更となる可能性もございます。最新情報はカナダ政府のウェブサイトをご確認ください。記事に関するご質問等はお問い合わせください。

2021年にカナダは40万人以上の移民を受け入れ:2022年以降の見通しは?
| | |

2021年にカナダは40万人以上の移民を受け入れ:2022年以降の見通しは?

カナダは移民大国として知られており、年々移民の数が増えております。この記事では2021年の移民の数及び、2022年以降の見通しに関して、カナダ移民局のウェブサイトをもとにご紹介します。詳細や実際の細かいデータ等に関しては、移民局のウェブサイトをご覧ください。 史上最多:401,000人の移民 カナダ移民局の発表によりますと、カナダ政府は2021年の移民人数の目標としていた401,000人を達成しました。この目標は2020年10月30日に、Supplementary Information for the 2021-2023 Immigration Levels Planとして提示されていたものです。 401,000人という記録は、前回の最高記録であった1913年の記録を抜き史上最多となりました。新型コロナウイルスの影響がある中で、記録的な結果となりました。 2022年以降の見通しは? 2020年に発表された計画によりますと、2022年には411,000人、2023年には421,000人の移民を迎えることを目標にしているそうです。どのカテゴリーの移民をどれぐらい迎えようとしているかに関しては、カナダ移民局のウェブサイトをご覧ください。但し、状況は今後変化することもありますので、最新情報はカナダ移民局へお問い合わせください。 尚、2022-2024年版の計画は2022年2月に発表予定だそうです。

【入国制限】本日より、渡航者はワクチン接種を完了している必要があります
| | |

【入国制限】本日より、渡航者はワクチン接種を完了している必要があります

こちらの情報は2022年1月15日付の情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。 昨年の記事でご案内した通り、2022年1月15日以降にカナダへ入国する場合、基本的にワクチン接種を完了している必要があります。 前回の記事はこちら↓ 11月19日付の発表の通り、 出典:カナダ政府 2022年1月15日より、以下に該当する人以外は、ワクチンを完全に接種完了していない限り、入国不可となります: 農業や食品加工の就労者 船舶乗組員 人道的見地より家族への再会が必要とみなされる者 新規永住権保持者 再定住の難民 18歳未満のこどもの一部 上記の該当者でワクチン接種を完了していない場合は、検査や隔離などの入国制限に従う必要があります。上記に該当しない外国籍者で、ワクチン接種を行っていない方や一部しか行っていない方は入国禁止となっています。   上記に関するご質問等は、お問い合わせください。

【PGWP】カナダ国外でオンラインで履修した期間もポスグラ申請に含められる?
| | |

【PGWP】カナダ国外でオンラインで履修した期間もポスグラ申請に含められる?

以下の情報は変更となる可能性があります。最新情報はお問い合わせください。 ポストグラデュエート就労ビザ(ポスグラビザ/PGWP)に関する過去記事もご覧ください↓ PGWPはDLI番号のある学校から卒業後に申請できる就労ビザです。その他の条件に関しては過去の記事をご覧ください↑ 新型コロナウイルスの影響で、PGWPへの申請に、オンラインで海外で履修した期間に関しても含まれることとなっています(オンラインで履修したすべての期間)。 今までは、期間の期限が2021年12月31日までとなっておりましたが、引き続く新型コロナウイルスの影響により、この度期限が延長されました。延長後の期限は2022年8月31日です。 これにより、2020年春学期から2022年夏学期まで、カナダ国外でオンラインにて履修されたプログラムは、PGWPへの申請に利用できることとなります。こちらには、2つのプログラムを履修している場合も含まれます。*その他の条件は変更されていないので、そちらも満たす必要があります。 尚、現時点では、2022年8月31日以降に履修していた期間や学生ビザを申請する前に履修していた期間は含まれませんので、ご注意ください。 (出典:カナダ政府) 最新情報や、ポスグラ申請に関してご質問のある方はお問い合わせください。

CELPIPテストって何?カナダ永住権や市民権の申請に使える?
| | | |

CELPIPテストって何?カナダ永住権や市民権の申請に使える?

こちらの情報は2021年11月20日現在の情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。 カナダの永住権や市民権を申請するには英語力の証明が必要です。英語力の証明にはIELTSなどが有名ですが、永住権・市民権申請にはCELPIPと呼ばれるテストも使用されています。CELPIPとはどのようなテストなのでしょうか? CELPIPとは? CELPIP(Canadian English Language Proficiency Index Program)は、一般的な英語力を測る試験で、IELTSのカナダ版のようなものです。CELPIP テストは、受験者が英語で機能する能力を実証することができます。CELPIP テストは、受験者が英語で機能する能力を実証することができます。このテストでは、職場の同僚や上司とのコミュニケーション、友人との交流、ニュース番組の理解、文書資料の解釈と対応など、日常のさまざまな場面における受験者の英語能力を、明確に、正確に、そして的確に評価します。 CELPIPにはGeneralとLSの2種類の試験があります。カナダへの永住や就労を考えている方は、Generalテストを受けましょう。 なぜCELPIP? CELPIPテストは、移民や仕事のための一般英語テストとして、カナダで最も有名なテストの一つです。 1.パソコン上でのテスト 移動する必要がなく、個人用のタイマー、単語数チェック、スペルチェックなどの機能を備えています。 2.北米訛りのみ わかりやすい英語と、日常的な場面で使われる単語 3.迅速なオンラインでの結果 試験日からわずか4~5日後にオンラインで結果入手可能 4.無料学習教材あり 無料サンプルテスト、ビデオ、オンライン説明会、準備コース、ウェビナーなどがあります 「CELPIP – General」と「CELPIP – General LS」の違いは何でしょうか? CELPIPテストには、2種類あります。どちらのバージョンのテストを受ける必要があるのか、必ず確認してください。 CELPIP – General Test 英語のスピーキング、リーディング、リスニング、ライティングの能力を評価するテストで、永住権の申請などに使用されます。所要時間は約3時間で、スピーキングも同時に行うことができます。 CELPIP – General LS Test 英語のスピーキングとリスニングのスキルを評価するテストで、市民権の申請などに使用されます。所要時間は約1時間で、スピーキングを同時に受験することができます。 テストの詳しい内容や点数に関しては別の記事でご紹介します。 出典:https://www.celpip.ca/take-celpip/overview/