留学お役立ち情報

カナダ留学中に絶対知っておくべき情報をご紹介します。

コキットラム学区サマーキャンププログラムで言語、文化、楽しさを体験しよう

カナダの高校での1学期、1年間、または5年間の学習にコミットすることは、留学生にとっては困難なことかもしれません。留学生のための高校サマーキャンプは、長期間のコミットメントなしに学術的および文化的な豊かさを提供する手段として、ますます人気を集めています。これらの短期間のサマープログラムは、カナダの教育システムの一端を垣間見ながら、楽しく思い出深いカナダ滞在を提供します。 夏季高校クレジットコースプログラム  夏季にコースクレジットを修了することを目的としている学生には、クワイトラム学区の夏季高校クレジットコースプログラムがぴったりです。6週間かけて、1つまたは2つのコースに参加してクレジットを取得します。  夏季集中ESLおよび文化プログラム  学問的な学習を楽しくすることを望んでいる学生は、夏季集中ESLおよび文化プログラムに参加できます。BC政府認定の教師によって教えられるこのプログラムは、午前と午後に分かれています。  午前の部は、クラスベースのESL学習に焦点を当てており、読解、リスニング、スピーキング、ライティング、および語彙力のスキルを学びます。プログラム開始時に英語レベルを判断するためのアセスメントテストを受ける必要があります。プログラムの終了時には、正式な成績証明書と修了証書が発行されます。  午後の部は、午前の部の延長線上にあり、カナダの学習をさらに深める機会です。ロワーメインランド地域で行われるグループ活動に参加することができます。  午後の部の活動には以下が含まれます:  プログラム情報  *価格は変更される可能性がありますのでご注意ください。  以下のスケジュールを参照してください: 申請方法  詳細およびカスタムグループの見積もりについては、こちらにお問い合わせください。  夏季英語&文化独立学生プログラム  プログラム情報  *すべての価格には、CAD$150の申請手数料と医療保険が含まれています。  申請方法  詳細についてはこちらにお問い合わせください。  参考: Coquitlam School District – Summer Programs

4月8日開催!BC州リッチモンド学区 無料留学セミナー 2024​ in 東京/Zoom

3月29日更新:Zoomでもお繋ぎいたします!遠方の方もぜひお気軽にご参加ください! ようやく冬の寒さもやわらぎはじめ、春の訪れとともに新たな生活に期待を膨らませる方も多いのではないでしょうか? そんな中、ブリティッシュコロンビア州リッチモンド市にあるリッチモンド学区の代表者を招き、無料留学セミナーを開催することが決まりました。 今回はリッチモンド学区を中心としたセミナーであり、高校生以下の短期・長期留学をお考えの学生さんや小さなお子さんを連れての親子留学をお考えの方には特に有意義なものとなります。もちろんリッチモンド学区に限定した話でなく、広くカナダでの教育や生活を知る上でもとてもお役に立つものとなるでしょう。 もし海外留学をお考えの方は、カナダや英語圏への留学について学ぶ機会としてご活用していただけたらとおもいます。 リッチモンド学区 無料留学セミナーの特色とは? 今回開催しますリッチモンド学区 無料留学セミナーの特色としては以下のようなものがあげられます。 リッチモンド学区とは? リッチモンド学区のあるリッチモンド市はバンクーバー国際空港がある都市であり、バンクーバー・ダウンタウンから電車で30分ほどの位置にあります。BC州の中で卒業率と大学進学率が最も高い学区の一つで、高水準の教育を受けられると定評のある学区です。大きな学区であるため、留学生サポートの体制も整っており、留学生プログラムのスタッフに相談したり、ESLプログラムで英語力を伸ばしたりすることができます。多種多様なアカデミックプログラムに加え、IBプログラムや航空科学、エンジニアリングなどの専門コースも数多く提供されているため、生徒一人ひとりが興味のあるプログラムを見つけやすい環境です。また、学区内の10校の高校の校舎は近年建てられたものが多く、体育館、パソコンルームや科学室などの学校設備や施設も充実しています。 開催情報 日時:2024年 4月8日(月)12:00-14:00 場所:〒104-0061東京都中央区銀座2丁目4−1 銀楽ビル 5階(FSSカナダ留学 銀座オフィス) Zoom:https://us02web.zoom.us/j/6046208666?omn=83645682242 事前登録された方への特典 事前登録をされ、セミナーに来場されたのちに弊社を通してご留学の申し込みをされた方に以下の特典をプレゼントいたします。 詳細はこちらをご覧ください。 事前登録 事前登録はFSSカナダ 銀座オフィス

今年も夏の恒例、カナダ教育フェア2024 in 東京(7/13)・沖縄(7/15) の開催が決定しました

★★★入場無料・事前登録で特典もあり! 毎年全国各地で開催しご好評いただいております「カナダ教育フェア」を、本年は東京・沖縄の会場にて一日ずつ、計二日間に分けて開催致します。海外留学にご興味のある学生様や、お子様の海外留学をご希望されている保護者様にも、是非この機会に英語環境下での教育・留学・生活について知って頂けたらと思います。当日会場には通訳や日本人スタッフもおりますので、日頃の留学についての不安を直接カナダの学校担当者(小中高・大学など)にご質問いただけます。 ①東京会場 2023年7月13日 (土) 留学セミナー:12時半から13時 留学フェア:13時から17時 〒101-0063東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスコモンホール3F (東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅徒歩約2分・JR「御茶ノ水」駅徒歩約3分・東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅徒歩約2分) ②沖縄会場 2023年7月15日 (月・海の日) 留学セミナー:正午から12時半 留学フェア:12時半から16時半 〒903-8603 沖縄県那覇市首里石嶺町4-373-1 沖縄県総合福祉センター1Fゆいほーる (沖縄都市モノレール「石嶺」駅徒歩約9分・那覇中心部より車で約20分) ★事前登録をされた方へのプレゼント★ 事前登録をされ、フェアに来場されたのちに弊社を通してご留学の申し込みをされた方に以下の特典をプレゼントいたします。(他の方への権利の譲渡は出来ません) 参加校はフェアウェブサイトからご覧ください: https://fsscanada.co.jp/about_fairs/fair-2024/education-fair-2024-tokyo-okinawa/ 【お問い合わせ先】 FSSカナダ留学

カナダの文化的エチケット: 留学生のための「すべきこと」と「してはいけないこと」

留学生が新しい国にうまく適応するためには、文化的エチケットが重要です。この記事では、特定の国によって異なる可能性がある一般的なヒントと、カナダでのエチケットに関する具体的なヒントについて説明します。ただし、留学を始める前に、自分自身でリサーチをすることを忘れないでください。 文化的エチケットに関する一般的なヒント: カナダのエチケットに関するヒント: これらは一般的なガイドラインであり、ホスト国の特定の文化的ニュアンスに適応するためには、開かれた心を持ち、観察し、そして適応する意志が不可欠です。さらに、現地の人々との関係を築くことは、文化をより深く理解するための貴重な方法になります。最後に、積極的に常に質問することをお忘れなく! 出典: Canadian Etiquette Tips 参考:CISM

カナダ夏季短期留学のススメ:FSSカナダサマープログラム2024オンライン説明会&セミナー開催決定!

FSSカナダ サマープログラム2024オンライン説明会&セミナーが開催決定!カナダ在住30年であり、現地での子育て経験のある女性現地スタッフが親目線からカナダの教育とサマープログラムの魅力をご説明し、また、カナダ全土の各学校で催される数々のプログラムをご紹介します。 イベントのハイライト: 7歳から単独で参加可能なプログラムの案内 寮とホームステイの違いについて詳しく解説 教育委員会、私立高校、カレッジ、語学学校主催のプログラムの特徴や違いについて明確に説明 サマープログラムとは? サマープログラムは学校が主催する1~6週間ほどの短期集中コースです。その目的は多岐にわたり、英語力の向上、地元でのアクティビティ、様々な国からの参加者による異文化交流などが行われます。主催する学校も大学’から私立校、語学学校まで様々な学校により開催され、その特色や難易度も多岐にわたります。自分にぴったりのプログラムを見つけ、夏の学びと冒険の始まりを準備しましょう! 2024年のサマープログラムの詳細に関してはこちらをご覧ください。 2024年のサマープログラムでカナダの夏を有意義に体験してみませんか? セミナー開催日時: 2024年3月23日(土) 開催:午前10時から11時(日本時間) 登録期限:3月21日 2024年4月20日(土) 開催:午前10時から11時(日本時間) 登録期限:4月18日 セミナー方式: 今回はZoomを用いたオンラインセミナー形式となっています。 参加費用: 無料 参加登録: セミナー参加登録は以下のお申し込みフォームより登録ください。 ※各セミナーはZoomを用いたオンラインセミナーとなっています。登録の関係上、開催直前でのご登録は反映されない可能性があります。ご注意ください。 ※ご登録後、自動で確認メールが送信されます。メールが届いたことを確認し、万が一届かない場合はjapan@fsscanada.com

2024年のサマープログラムでカナダの夏を有意義に体験してみませんか?

二月の下旬に差し掛かり、カナダもにわかに暖かさを取り戻しはじめた気がしてきます。同時に今夏のサマープログラムの情報が各学校で発表されはじめました。 サマープログラムとは? サマープログラムは学校が主催する1~6週間ほどの短期集中コースです。その目的は多岐にわたり、英語力の向上、地元でのアクティビティ、様々な国からの参加者による異文化交流などが行われます。主催する学校も大学’から私立校、語学学校まで様々な学校により開催され、その特色や難易度も多岐にわたります。 カナダでのサマープログラムのメリット プログラムを選ぶ際のポイントは? 2024年開催予定のサマープログラムの一例 (2024年2月段階) サマープログラムは学習や異文化交流の場に留まらず、将来留学をご希望される方にとっては英語環境下での学習を体感できる貴重な場とも言えます。もしご興味のある方は是非この機会をご活用されることを強くお勧めします。 参照:FSS

カナダの最も高額な都市と最も手頃な都市 – サスカトゥーン(Saskatoon)での生活のメリットとは?

カナダは、地理だけでなく生活費に関しても多様な地域を誇っています。生活費の全体的な要因の1つは、家賃に関連する費用です。今回は、カナダでの家賃の最も高い都市と最も手頃な都市について掘り下げ、その中でもひときわ目立つサスカトゥーンでの生活のメリットに焦点を当てます。 最も生活コストが高額な都市:  ブリティッシュコロンビア州バンクーバー:  見事な自然美で知られるバンクーバーは、カナダで最もコストが高額な都市としての評判となっています。住宅への高い需要と供給の限られた性質が、高騰する賃料をもたらしています。山々と海の美しい景色は高価ですが、それがバンクーバーを賃借人にとって厳しい都市にしています。  オンタリオ州トロント:  カナダ最大の都市で経済の中心地であるトロントは、機会を求める人々の絶え間ない流入に直面しています。この住宅への高い需要が家賃を上昇させています。都市のダイナミックな文化シーンと活気のある雇用市場は魅力的な目的地ですが、借主はしばしば急激な家賃負担を抱えています。  ブリティッシュコロンビア州ビクトリア:  この州の州都であるビクトリアは、バンクーバーアイランドに位置しています。ビクトリアは魅力的な海岸の生活様式を提供し、そのため家賃が高くなっています。開発用の土地が限られていることが住宅の競争をさらに激化させています。 最も生活コストが手頃な都市:  マニトバ州ウィニペグ:  ウィニペグは、カナダで最も手頃な都市の1つとして注目を集めています。人口密度が低く、住宅供給がよりバランスが取れているため、ウィニペグでの生活費は他の大きな都市よりもかなり低いです。都市の文化的な魅力と友好的なコミュニティは、手頃な価格を求める人々にとって魅力的な選択肢です。  ケベック州ケベックシティ:  歴史とヨーロッパの魅力を持つケベックシティは、借家人にとって手頃な選択肢を提供しています。この州の州都は独自の文化を受け入れながら、費用対効果の高い生活環境を維持しています。 サスカトゥーン、サスカチュワン州:  このサスカチュワン州の中心に位置する大草原の街、サスカトゥーンは、国内で最も手頃な家賃で家を提供しています。ここでは、なぜサスカトゥーンがこのリストに載っているのか、およびその手頃な価格に貢献している要因について見ていきます。 信頼できる教育 – サスカトゥーンには、サスカチュワン大学やサスカチュワン工科大学などの信頼できる教育機関があります。これらの施設の存在は、都市の文化的および知的な活気に貢献するだけでなく、多様な人口を引き付け、手頃な生活費を維持するのに役立ちます。 自然美 – サスカトゥーンの風光明媚な周辺地域は、南サスカチュワン川とミーウァシンバレーによって特徴付けられ、日常生活に絵のような背景を提供します。都市の自然美は、生活費を押し上げることなく、その魅力を高めています。 コミュニティ – サスカトゥーンの友好的で結束したコミュニティは、その最大の資産の1つです。このコミュニティの雰囲気は、歓迎する雰囲気を育み、手頃な価格でありながら包括的な居住地を求める個人や家族にとって理想的な選択肢です。 安定した多様な経済

2024年のInternational Experience Canada(IEC)ワーキングホリデーカテゴリーの申請状況(2024年1月5日段階)

ワーキングホリデーカテゴリーを中心に2024 International Experience Canada(IEC)の最初の招待が待ち遠しくなります。現時点で希望者のプールがほぼ1か月間開かれた中、2024年1月5日現在の最新データを用いて、当カテゴリーで狙われている地域・国の数についての洞察を提供しています。 ワーキングホリデーカテゴリーの統計:  以下は、現在申請中のプール内の候補者と各参加国/地域の許容数(定員)の分析です: 国/地域 定員 現在申請中の人数 Andorra(アンドラ) 25 3 Australia(オーストラリア) 無制限 731 Austria(オーストリア) 100 62 Belgium(ベルギー) 750 341 Chile(チリ) 725 4,748 Costa

大学1年生がするべき、成功と成長のためのヒントとは?

大学生としての「冒険」の始まり カナダでも日本でも、大学生活とは、成長、学び、自己発見の機会に満ちた、あなたの可能性を変革する旅です。ただし、これは新しい教育のフェーズとして大学に入ってきたばかりの1年生にとってはやや手に余る経験でもあります。四年制大学では1/4、二年制大学では1/2に相当する貴重な1年を成功のために費やすために、大学生活を最大限に活用できるように、学業、社会、個人の側面を網羅した価値あるヒントのリストをまとめました。 大学1年目で成功するための14の必須ヒント 1. 一生モノの絆を育む: 大学生活において友達は大きな影響を与えます。成長を促進し、あなたの夢を共有する人々に囲まれてください。大学は卒業後も長続きする友情を築く絶好の機会です。さまざまな社会グループを探索して、頼りになる人脈を見つけましょう。 2. 健康状態とのバランスを保つ: 健康なライフスタイルを維持することは、学業と私生活で成功するために重要な最も根幹的な要素の一つです。十分な休息をとり、栄養価の高い食事を摂り、定期的な運動に参加してください。スケジュールを作成し、勉強、社交、セルフケアの時間を含めてバランスを取りましょう。過度に学業に取り組みすぎず、最適な生産性と健康を維持するために戦略的に休養を取ることの重要性を忘れないでください。 3. 様々なサポートを受け入れ活用する: 学業または個人的な問題について躊躇せず、助けを求めてください。学校の教授、チューター、アドバイザー、キャンパスのカウンセラーは学生であるあなたのサポートのためにここにいます。質問をすることとガイダンスを求めることは、大学の旅にとって重要な機会とつながりにつながる可能性があります。 (昨今では外部組織や学生間の詐欺行為・宗教勧誘なども問題となっています。それらに気を付け、出来るだけ学校内の公的なサポートを利用するように気を付けましょう) 4. 詳細なノートを取る: クラスで包括的なノートを取る習慣は、大学の旅全体で役立つことでしょう。OneNoteやGoogle Driveのようなデジタルツールを使用してノートを整理し、後々の参照が容易になるようにしましょう。 5. 関係とコネクションを築く: ネットワーキングは将来のキャリアにおいて強力なツールです。教授、同僚、業界のプロと対話してください。出会うすべての人があなたの成功に貢献する可能性があるため、意味のあるつながりを形成することに開かれてください。 6. ミスや失敗を学びの機会として受け入れる: 新たな挑戦をする上でミスや失敗は不可避な出来事です。しかし、それは起きて当然であり、失敗に落ち込まず、成長と改善の機会と捉えてください。できないことは受け入れる、変えられることは変える、その2つを見分ける賢さを持ちましょう。 7. 出席と参加を優先する:

「Here2Talk」をご紹介: 留学生でも手軽に受けられるカナダBC州の公共メンタルヘルスサポートとは?

今日はメンタルヘルスサポートサービス、Here2Talkについてご紹介します。学生として、新しいルーチンに適応したり、学業と社会的な活動の中で平衡を見つけるなど、さまざまな責務と感情と折り合いをつけなければいけません。その際に、Here2Talkメンタルウェルビーイング(個人の心理的な健康や幸福感)を重視しながら、高等教育の複雑な世界を歩む際の手助けとなります。Here2Talkはいつでもあなたの仲間で、学業の試練を孤独に乗り越えることがないようにサポートします。 Here2Talkとは? Here2Talkは、カナダのブリティッシュコロンビア州にある高等教育機関に在籍する学生のメンタルウェルビーイングをサポートするために設計された、プライバシー保護をされつつ手厚くサポートを受けられるサービスです。このプログラムは、アプリ、電話、またはウェブを通じてアクセス可能で、無料のシングルセッションの24時間、365日つながるメンタルヘルスサポートとコミュニティ紹介サービスを提供しています。   Here2Talkの主な特徴: 24時間、365日のサポート Here2Talkは電話やチャットを通じて、プライバシーの保護を重視されたメンタルサポートと、緊急性の高い自体には学校などへの介入も可能なサポートを提供し、必要なときにいつでもヘルプを利用できるます。 経験豊富な専門家が受入れ 学生は、学業の荒波を乗り越える上で直面する様々な課題を理解する経験豊富なカウンセラーと連絡を取ることができます。これらの専門家は、学生の経験に合わせた学業カウンセリングとサポートを提供する準備ができています。 予約が不要 Here2Talkでは、予約を待つ必要はありません。学生はアプリやウェブページを介して通話またはチャットを開始できるため、メンタルヘルスサポートがアクセス可能で即座に利用できます。 学生は無料 Here2Talkは、現在ブリティッシュコロンビアの高等教育機関(ポストセカンダリー:大学・短大など)に登録している学生に追加費用なしでプロのメンタルヘルスとウェルビーイングサポートを提供しています。   充実した言語サポート Here2Talkは、すべての学生に包括性とアクセシビリティを提供することを使命としています。このサービスは要望に応じてさまざまな言語に対応し、個々の希望する言語でサポートを提供することを目指しています。言語に特化したカウンセラーや第三者の翻訳サービスにはいくつかの制約があるものの、Here2Talkは必要に応じて提供するよう努力しています。   学生が抱えがちな『悩み』の代表例 Here2Talkでは、大きな問題でも小さな問題でも、あらゆる懸念に対処することができます。このサービスとその専門家のカウンセラーは、以下のような幅広い学生の悩みに対処するのに役立ちます。 家族、友人、または教師との関係の問題 孤独感、孤独感、またはうつ病のような感情的な問題 一般的なストレスと不安に関する悩み 学業や卒業後の計画に関する不安や不確実性 個人的な優先事項と学業のバランス コミュニケーションと時間管理のスキルの向上

カナダ政府は留学生を標的とする詐欺に対する措置を講じると発表しました

世界クラスの教育の場と多様な社会で知られるカナダは、特に詐欺行為の増加を考慮して、留学生の利益を保護するために留学生プログラムを強化しています。 マーク・ミラー移民・難民・市民権大臣は本日、カナダの留学生にとってより安全で有益な環境を作り出すことを目的とした一連の措置を発表しました。   留学生を詐欺から守る 留学生にとって好ましい留学先としてのカナダの評判は、最近増えつつあるの不正入学許可書の事件によって損なわれつつあります。 このようなケースの割合は増加しており、政府は対策を講じることとなりました。 マーク・ミラー大臣は、これらの変更の重要性を強調し、「留学生は才能があり、聡明で、カナダで学業を進める上で前向きな経験をする資格がある。我々は学生を保護し、留学生を排除することでカナダの留学生プログラムを改善し続けていく」と述べました。   導入された主な対策 検証プロセスの強化:  2023 年 12 月 1 日より、高等教育指定学習機関 (DLI) は、各申請者の合格通知をカナダ移民・難民・市民権 (IRCC) に直接検証することが義務付けられます。 この措置は、不正な合格通知を防止し、正規の書類に基づいてのみ就学許可証が発行されるようにして、入学予定の学生を保護することを目的としています。   「承認された教育機関」の枠組み:  2024 年の秋学期までに、IRCC

カナダが直面する留学生受け入れと住宅に関するジレンマとは?

近年、カナダは前例のない留学生の受け入れの急増とそれに伴う住宅の課題に直面しており、大きな分岐点に立たされています。この数年、カナダは驚異的な数の留学生を歓迎しており、この傾向は教育システムと住宅市場の両方に重要な影響を与えています。この記事では、この問題のさまざまな側面とバランスを取るために検討されている政策・措置に関して追及していきます。   留学生の急増 カナダは留学生の驚異的な流入に直面し、その数は2011年の23.9万から2021年の80.7万まで急増しました。この流入は、カナダが教育目的の目的地としての魅力的であること証明していますが、解決すべき問題も発生することとなりました。   住宅不足と上昇するコスト 留学生の受け入れの急成長に対応するだけの学生用住宅と賃貸住宅の供給量の増加はなかったため、住宅不足が普遍的な問題となり、賃料が急騰し、一部の学生は道路で寝るしかない状況となっています。   この深刻な状況により、カナダ政府は住宅危機を緩和するためのさまざまな解決策を検討しています。 1. 学生ビザの制限: 住宅大臣ショーン・フレイザーは、高等教育機関に受け入れる留学生の数に厳格な制限を設けるアイデアを提案しました。これは住宅市場に対する圧力を軽減するのに役立つかもしれませんが、それには独自の課題が伴います。   2. 「信頼される」機関への優先化: 移民大臣マーク・ミラーは、外国人学生に包括的なサポートを提供する機関に通う留学生の学習許可を迅速に進めるアプローチを提案しました。このアプローチは、手頃な価格の住宅などのリソースを提供する機関を報奨することを目指しています。   3. 労働機会の制限: カナダは2000年代中盤に留学生の労働機会に関する規則を緩和し、彼らに週に最大20時間の学外での労働を許可しました。これらの変更を逆転させることは、学生がカナダを学業の目的地として選択するのを妨げる可能性があります。   留学生への財政的依存 カナダ全土の大学とカレッジは、留学生を収益の主要な源としてますます依存しやすくなってしまいます。これらの学生は通常、国内の学生よりもはるかに高い授業料を支払い、教育機関にとって重要な財政的サポート元となっているのです。   オンタリオ州では、留学生がカレッジの運営収入の相当な割合を占め、国内学生と州政府からの資金援助を合わせた額を上回っています。留学生の受け入れを制限することは、これらの機関の財政を圧迫し、国内学生に対する授業料の上昇をもたらす可能性があります。

【CISM協賛】カナダ留学 学校個別相談会 2023 In 東京

カナダ留学や英語学習に興味がある方に朗報です! 11月に東京で「カナダ留学 学校個別相談会」を開催致します!カナダの学校担当者も集まるこのイベントでは、留学について疑問に思っていることを直接質問できます。会場には通訳もいますので、英語に自信のない方でも安心してご参加頂けます。学校担当者の他にも、カナダ現地オフィスのスタッフやカナダ政府公認の移民コンサルタントも来場予定です。入場無料ですのでぜひお気軽にご来場ください。学校個別相談に関しては、事前予約必須ですので、下記リンクよりご予約ください。 イベント詳細 日時:2023年11月4日(土)12:30 – 16:00 12:30 – 13:00 カナダ留学セミナー(自由参加・予約不要) 13:00 – 16:00 学校個別相談会(要予約・一回の相談は最長25分まで) 会場:〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目8-17-705(新槇町ビル7階) イベント詳細はこちらから 予約はこちらから 参加予定校(順不同) Capilano University キャピラノユニバーシティ:学校情報 Centennial College

カナダ留学後、帰国する前にやるべきこととは?

カナダ留学終了後、日本に帰国したり他の国に移動する場合、カナダ国内で様々な手続きを終わらせる必要があります。以下を是非ご参考にしてくださいね。 ☑住居関連 住居の解約は、退去1〜2ヶ月前に申告しないといけない場合もあるので確認 住居のデポジットの確認 清掃、鍵の返却 光熱費、ネット(Wifi)を自分で契約した場合は解約 BC州住居:https://www2.gov.bc.ca/gov/content/housing-tenancy/residential-tenancies/ending-a-tenancy/tenant-notice オンタリオ州住居:https://www.ontario.ca/page/renting-ontario-your-rights Shaw Wifi: https://support.shaw.ca/t5/billing-account-articles/how-do-i-cancel-my-shaw-services/ta-p/6256 Telus Wifi: https://www.telus.com/en/support/article/cancel-telus-home-services ☑携帯解約 基本的には電話での解約を行う必要がある場合が多い 未払い等の手続きを行う必要がある Fido: https://www.fido.ca/support/billing-payment/contact-fido-before-cancelling-your-services Telus: https://www.telus.com/en/support/article/cancelling-telus Bell: https://support.bell.ca/billing-and-accounts/i-want-to-cancel-my-bell-services PhoneBox: https://lega.gophonebox.com/en/Help/Terminating

コロンビアカレッジの在学生向け学習・生活支援プログラムとは?

現代社会において、高等教育の追求がますます重要になる中、各大学は学生の学習活動をサポートする方法を様々な観点から常に模索しています。また、近年の物価高などにより、ただでさえ高額な滞在費や学費を費やす必要のある留学生にとって、その重要度はより上がってきていると言えます。そんな中、コロンビアカレッジは在籍学生に対してaCCess Card Programや、Student Emergency Support Program、Tuition Installment Programなど、独自の生活支援プログラムを策定することで学生の経験を向上させ、経済的な健全性を促進し、貴重なリソースへの扉を開く傑出した取り組みを行っています。今回は、これらのプログラムについて解説いたします。 aCCess Card Program プログラムの概要 バンクーバーの生活費が年々上昇する中、コロンビアカレッジは、メトロバンクーバー内で公共交通機関を利用する学生のために、aCCess Card Programを提供しています。aCCess Cardを持つことで、コロンビアカレッジの学生はバス、スカイトレイン、シーバスなどの交通機関に対して事前にチャージされた金額から引き落とすことで利用することができます。こちらはマンスリーパスに適用するか、メトロバンクーバー内の交通費として使うことができます。現在大人用 Compass Card(19歳以上)を使用している学生には、既存のカードに補助金を申請することもできます。 資格条件 Concession Compass Card(未成年・高齢者・障害者向けカード)を持つ学生は、aCCess Card プログラムの対象外です。  プログラムに資格を得るためには、学生はフルタイムでの受講(9単位以上)が必要です。

明日「カナダ留学フェア」が東京で開催!お近くの方は是非!

明日7月15日と17日にカナダ留学フェアが開催されます。CISMも協賛しているこのフェアには、カナダの公立小中高教育学区や大学などの担当者も参加するため、留学に関する質問を直接聞くことが出来ます。入場無料、予約不要(登録された方はプレゼントあり)、自由に入場可能です!ぜひご来場ください。   日時・場所 東京会場 2023年 7月15日(土)11:30 – 16:00​ 〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目8−17 新槇町ビル 7F 705号室 沖縄会場 2023年 7月17日(月・海の日)11:00 – 16:00 〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4丁目3−1 沖縄コンベンションセンター会議棟2階 会議場B1   参加校 リッチモンド教育委員会(小中高) バンクーバー教育委員会(小中高)

いよいよ今週末「カナダ留学フェア」が東京&沖縄で開催!

今週末7月15日と17日にカナダ留学フェアが開催されます。CISMも協賛しているこのフェアには、カナダの公立小中高教育学区や大学などの担当者も参加するため、留学に関する質問を直接聞くことが出来ます。 日時・場所 東京会場 2023年 7月15日(土)11:30 – 16:00​ 〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目8−17 新槇町ビル 7F 705号室 沖縄会場 2023年 7月17日(月・海の日)11:00 – 16:00 〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4丁目3−1 沖縄コンベンションセンター会議棟2階 会議場B1 参加校 リッチモンド教育委員会(小中高) バンクーバー教育委員会(小中高) コキットラムカレッジ(高校・大学) フレイザーインターナショナルカレッジ(大学)

カナダの人口が移民のおかげで4,000万人を突破 留学に与える影響

カナダの人口は移民により4,000万人を超えました。カナダで留学を考えている方のために、人口増加、移民の重要性、そしてそれが留学生活に与える影響についてまとめました。   カナダの人口増加と移民 Statistics Canadaは、出生、死亡、移住データに基いて人口の変動を追跡しています。 「Population Clock」というウェブサイトにて、リアルタイムで人口の変動を見ることが出来ます。2023年6月16日に人口は4000万を超え、成長率は2.7%となり、1957年以来最高となりました。移民人口が、カナダの人口増加に大きな貢献をしており、昨年の105万人の記録的な人口増加の96%を占めています。   カナダにとっての移民の重要性 カナダは高齢化人口と低出生率といった人口統計上の課題に対処するために、移民に頼っています。移民はカナダの労働力成長のほぼ100%を占めています。経済を強化や、家族の再結集、難民の支援のために、毎年46万人以上の新しい移民を歓迎することを目標としています。   留学生の機会 カナダで学ぶ留学生は、国の成長に貢献する多様で活気あるコミュニティに加わることができます。2023年に新規永住者数を46万5,000人に増やすという目標を掲げていることからも、カナダが移民受け入れに積極的な姿勢を示していることがわかります。経済移民と家族の再結集が優先される一方、人道的移民と難民のカテゴリーも依然として重要な位置を占めています。   留学生への影響 カナダは移民を積極的に受け入れているため、留学生の受け入れ環境は良好です。多様な文化との交流は、留学生活を豊かにし、個人の成長にもつながります。カナダは経済移民に重点を置いているため、あなたの スキルや資格に見合った卒業後の就職先を見つけられるでしょう。 出典:CISM

対面授業とオンライン授業ってどちらが良いの?

対面授業のメリット 1.コミュニケーション 対面で学習する場合、生徒と教師の間のコミュニケーションは簡単に行うことができます。一方、オンラインクラスでは、生徒が課題や今後のプロジェクトについて質問がある場合、教師に電子メールを送り、返事を待つ必要があったりします。先生によっては、数時間以内にすぐに返事をくれる人もいれば、数日かかる人もいます。オンラインミーティング中に先生に質問する方法もあり、これは効果的ですが、次のような問題がある可能性もあります: ネットワークの問題など Wifiの切断 Zoom、Discord、Skypeの通話中にラグが発生し、通話を聞くことができない ノートパソコンのバッテリー切れ 停電 学校のウェブサイトがクラッシュする 2.規律 以下に気を取られる可能性があります: 映画またはテレビ番組 ビデオゲーム メール ソーシャルメディア 家族 オンライン授業のメリット 1.安価 バスや車、あるいは徒歩で通学する場合でも、対面授業の場合は費用が掛かります。 ガス バスパス 駐車料金 2.レッスンやノートに簡単にアクセスできる テクノロジーの発達した今日、学校のウェブサイトから講義にアクセスすることは、かつてないほど簡単になりました。それだけでなく、次のような理由で整理しやすいです: パワーポイントで先生のノートにアクセスし、わかりやすい回答を得る

【2023年版】カナダで留学生としてアルバイトをするには?

海外留学先として人気のカナダですが、有名な大学やカナダ独特の環境で学生生活を通して様々な学びを通して、カナダ国内でのキャリアの地盤を作ことが出来るなど、長期定住をする上で現地で教育を受けるの重要性が益々高まってきていると言えます。 カナダで教育を受けることはより広い知見と経験をもたらし、無事卒業できた時の達成感は言葉に表せないものとなるでしょう。しかしながら、そこに至るまでには様々な困難やストレスと対峙することとなります。 その一つが「お金」の問題です。 留学生にとってカナダで教育を受けるのに支払う必要のある学費は皆さんが母国で支払うものと比べて膨大なものとなりますが、それ以外にも教科書、教材費、住居費、食料品、交通費、そして個人的な出費の数々など、学業を続ける上で避けがたい出費は多くあります。 幸いなことに、カナダの指定教育機関(DLI)で学ぶ留学生には、別途労働許可証を取得することなく就労する機会があります。6ヶ月を超え、最終的に専門資格を取得できる教育課程に在籍している限り、就労の資格を得ることができる場合もあります。 在学中にも働けるチャンスがある 通常、一定以上の条件を満たした留学生は学期中に週20時間までのアルバイトが認められています。また、リーディング・ウィーク(カナダ独特の学期中に設けられる1週間程度の休日期間) や夏休みなどの学業休暇中は、その間のみではあるもののフルタイムで働くことが認められています。このように、カナダの留学生は勉強しながら仕事を持つことができることも特筆すべき点といえましょう。 学校内の求人は一般的には学内のジョブボード、キャリアセンター、学生会館、キャリアフェアなど様々なルートで募集されます。学外の場合はLinkedInやIndeedのような人気のあるウェブサイトが活用されるケースが多いです。 特に以下のような求人サイトがカナダでは有名です。 Talent Egg Glassdoor Monster.ca CareerBuilder SimplyHired  Eluta Upwork 卒業後に就労ビザを得られるケースもある 留学生は一定条件下の就学プログラムを修了すると、カナダでフルタイムで働くことができるPGWP(Post-Graduation Work Permit)を取得することができます。PGWPの有効期間は留学生のプログラム期間によって異なり、最長3年間までの就労許可を得られます。PGWPは、留学生にとっては就労経験を積む貴重な機会であり、学生にとっては「永住権取得を目指す」「カナダ国内で実務経験を得る」「各分野における専門知識を習得する」「カナダ経済へ貢献する」などの機会を得ることが出来るメリットがあります。 また、就学許可証の取得は、就学プログラムが終了した後にカナダに居住し就労する資格を得るために必要であり、学生は就学許可証の有効期限が切れる前に就労許可証を取得する必要があります。加えて留学生の就学プログラムが必要な期間と認定基準を満たしている場合、カナダで学生として就労を開始する前に行う追加措置を得ることもできます。 カナダで働くには社会保険番号(SIN)が必要 カナダで留学生として働く為にはまず始めに社会保険番号(SIN)を取得する必要があります。SINとは、Service

プラチナ・スポンサー