学生の就労・新規ビザ取得に大きな進展:カナダ留学生へのIRCCの重要な改革に関する詳細ガイド

カナダで働きながら留学する学生の皆さんに向けて重要な進展がありました。12月8日、IRCCはカナダの留学生の現在と将来の経験に直接影響を与える重要な発表を行いました。カナダでの教育を希望する学生やすでに学業を進めている学生は、これらの変更についてよく理解し、カナダでの学業を成功裏に進めるために複雑な状況を乗り越える必要があります。この記事は、主要な変更を詳しく説明し、特に財政要件の調整とオフキャンパスの労働制限の延長に焦点を当てます。

留学時の財政要件の調整 

Marc Miller氏は、2024年1月1日から、留学ビザ申請者の生活費要件が引き上げられ、留学生がカナダでの生活によりよく備えられるようになると発表しました。 

生活費要件の背景

現在の留学時生活費要件は2000年代初頭から変わっておらず、現在は個々の申請者に対して10,000ドルに設定されています。 

2024年からの財政要件

2024年から、申請者は財政要件として次を示さなければなりません:

  • 20,635ドル以上の貯金

加えて、

  • 最初の年の授業料および旅行費用 

今回の変更はいつから適用されるか? 

財政要件の変更は、2024年1月1日以降に受け付けられた新しい留学ビザの申請に適用されます。

オフキャンパス(課外)の労働制限の延長 

授業が行われている間の留学生のオフキャンパスの週20時間の制限に対する免除が延長されます。 

延長期間

この延長は2024年4月30日まで有効です。 

労働時間の増加

指定された期間中、対象となる学生は通常の週20時間を超えて授業時間外で働くことが許可されます。 

現行および審査中の学生に適用 

特定の条件を満たす留学ビザ保持者と、2023年12月7日までに留学ビザの申請を提出した学生は、今回の労働制限の延長許可を得ることになります。

将来の方針検討 

将来に向けて、留学生が授業が行われている間に週30時間までオフキャンパスで働く可能性など、さまざまなオプションが検討されています。 IRCCがこれらの変革的な変更に関する詳細を提供するために追加の発表を行う可能性があるため、留学生や将来の応募者には最新情報に注意を払い、追加の更新を見逃さないようにすることをお勧めします。 

参考資料:

出典: Government of Canada

引用:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

学生の就労・新規ビザ取得に大きな進展:カナダ留学生へのIRCCの重要な改革に関する詳細ガイド

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    プラチナ・スポンサー