カナダからアメリカへの旅行時には、カナダの空港で入国審査を受ける必要があることを知っていますか?

カナダとアメリカには、どちらの国にも入国する前に入国審査を受ける必要がある独自の手続きがあります!このプロセスは、事前に必要なチェックを実施し、乗客によりスムーズで効率的な旅行体験を提供することを目的として、プレクリアランスと呼ばれています。プレクリアランスは、アメリカ行きの旅行者向けに、特定のカナダの空港や陸上国境で利用可能です。

プレクリアランスとは何ですか?

「プレクリアランス」とは、2つの国の間で行われる合意を指し、受け入れ国の税関および入国審査官が出発国に配置されるものです。この取り決めにより、受け入れ国の行き先での旅行者や貨物のクリアランスまたは入国拒否が容易になります。

1952年以来、アメリカはカナダでの航空プレクリアランスを実施しています。2002年から2019年までの間、これらのオペレーションを可能にした法的な合意は、「カナダ政府とアメリカ政府の間の航空輸送プレクリアランス協定(航空協定)および1999年のプレクリアランス法」でした。この合意は航空プレクリアランスにのみ適用されました。2015年には、カナダとアメリカが新しい協定「カナダ政府とアメリカ政府の間の陸上、鉄道、海上および航空輸送プレクリアランスに関する協定(LRMA)」に署名しました。LRMA協定は、陸上、鉄道、海上、貨物、航空輸送のプレクリアランスオペレーションを開始しました。

カナダのプレクリアランスの場所は?

現在、アメリカはカナダのこれらの航空および海上施設でプレクリアランスオペレーションを実施しています:

– カルガリー国際空港

– エドモントン国際空港

– スタンフィールド国際空港(ハリファックス)

– トルドー国際空港(モントリオール)

– マクドナルド・カルティエ国際空港(オタワ)

– ピアソン国際空港(トロント)

– バンクーバー国際空港

– ウィニペグ・ジェームズ・アームストロング・リチャードソン国際空港

– アラスカマリンハイウェイシステムフェリーターミナル(ブリティッシュコロンビア州プリンスルパート)

プレクリアランスの利点は?

プレクリアランスにはさまざまな利点があります。以下はそのいくつかです。

– プレクリアランスを受けた個人や貨物は、国境を通過する際に迅速な通過が可能です。これらのオペレーションは、潜在的な脅威を早期に取り除くことで、高いセキュリティレベルを確保し、国境を迅速かつ安全に移動します。

– プレクリアランスを受けると、カスタムおよびTSA検査ラインをバイパスできるため、接続便や最終目的地に到着するまでの待ち時間が短縮されます。

– プレクリアランスにより、より手頃な国内空港ゲート価格が実現されます。

– 空港での短い接続時間が可能となり、接続便を逃す可能性が低くなります。

– アメリカとカナダの政府間での連携と協力が向上し、地元の法執行機関や政府当局との日常的な相互作用が経験されます。

– 旅行者の増加に対応するため、人気のある目的地への新しい旅行ルートが確立されます。

– プレクリアランスのおかげで、顔認識などの革新的な技術が開発され、旅客処理を迅速化することができます。

アメリカへの入国にはESTAが必要ですか?

ビザ免除プログラムの参加国のすべての参加者は、米国のどの国境越えでも承認されたESTAを提出する必要があります。これらの個人は国境を越えるためにビザは必要ありませんが、ESTAが必要です。

ESTAはどのように取得しますか?

米国への陸路入国のESTAを取得するのは非常に簡単です。このプロセスは航空または海上旅行と同じです。訪問者はオンラインで申請し、米国入国前に有効なESTAを取得する必要があります。そのため、旅行者は出発の72時間前にESTAを申請するように促されます。

同じESTAを陸路、航空、または海路で使用できますか?

はい、米国のESTAは複数回の入国に有効であり、航空、陸路、または海路を通じて入国できます。この書類が有効期限切れでないことを確認してください。

プレクリアランスは旅行のセキュリティと国境越えをスムーズにすることを目指していますが、それでもストレスを感じることがあります!カナダからアメリカへの国境を越える際のセキュリティや旅行制限について、自分自身で調査を行うようにしてください。

この記事はアメリカとカナダのプレクリアランスに言及していますが、これらのルールはカナダ・アメリカ間に関するものであり、他の国には適用されません。ご注意ください。

出典:Preclearance in Canada & the US, Preclearance, ESTA Information, CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Hide embed-excerpt
Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダからアメリカへの旅行時には、カナダの空港で入国審査を受ける必要があることを知っていますか?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください