他人と効果的にコミュニケーション取るための5つのヒント

コミュニケーションの達人になることはあなたが思っている以上に難しいことです。履歴書に”優れたコミュニケーション能力”が明記されているからといって、実際にその能力を保持しているかどうかはわかりません。そこで、優れたコミュニケーターになるための5つの秘訣をこの記事ではご紹介したいと思います。この記事を読んで実行に移せば、あなたのコミュニケーション能力は向上し、誰とでも円滑に関わることができるようになるでしょう。特定の英語の力を伸ばしたい方はこちらの記事も参考にしてください。参考記事: リスニング, スピーキングライティングをご確認ください。

共感する

これは仕事であれ個人であれ、ほとんどすべての会話に当てはまります。他者に共感することは、あなたが彼らの視点を理解し、思いやりがあることを彼らに証明します。本質的に、共感的であるということは、あなたが相手の内側に入り、彼らが何を経験しているかを本当に理解することを意味します。共感性を示すことにより、相手は気分がよくなるだけではなく、あなたに心を許し、またあなたの助言もすんなりと受け入れる姿勢になります。

共感的な会話を通して両当事者は自分が理解されているように感じ、生産的な行動に出られるようになります。

話している相手について知る

話している相手を知ることは非常に重要であり、それによって会話をどのように展開するかが変わります。上司と親友との会話がそれぞれまったく異なるように、会話はあなたが話している相手によって大きく変わるのです。たとえば、専門的または学問的な環境で人々と話すときは、形式的で明確な言語を使用する方が良いでしょう。これは、職業固有の専門用語で構成されている場合もあります。たとえば、あなたが医療専門家である場合、もちろん、あなたの対話は医学用語で構成され、直接かつ明確である必要があります。しかし、友人や家族と会話するときは、標準的な言葉を使用することができますし、カジュアルな言葉を使えることもあるでしょう。

あなたが誰と話しているのかを知ることのもう一つの利点は、あなたが彼らの興味に合った会話に参加できることです。たとえば、教授と話すときは、教授の興味や研究を話題に出すようにします。教授の興味についての議論に参加し、自分で多くの解説をすることで、あなたがどれほど賢いかを教授に示すことができます。これはあなたの利益に役立つ可能性があります。教授から研究プロジェクトに参加してほしいと頼まれたり、彼らの監督の下で修士号を取得したいかどうか尋ねられるかもしれませんね。

ポジティブであること

これは非常に重要なことです!コミュニケーション中に前向きであることは素晴らしいことです。これには、笑顔、優しい話し方、さらにはフレンドリーなジェスチャーなどのの表現が含まれます。これにより、あなたが親切であるというシグナルが送信されるだけでなく、他の人があなたとさらにやり取りしたいと感じるようになります。たとえば、あなたが前向きな態度をとる人であれば、その態度は誰かが製品を購入するかどうかに影響を与えたりもするのです。ポジティブであることのもう一つの利点は、あなたに問題を処理する能力があることを雇用者に示せることです。これはどの業界でも通用することです。それは、あなたが仕事の問題に直面した際にどのように対処できるかどうかを人々は知りたいと思っているからです。

個人的な観点から言えば、前向きな人であることは、友達を作る良い機会を与えてくれます。だから、常に最高の笑顔とフレンドリーな態度でいられるよう心がけましょう!

書面でのスペルチェックをかかさずに

今日のデジタル時代では、多くの人々が携帯電話やコンピューターでコミュニケーションをとっています。これは、プロの世界でも個人の世界でも同じです。ただし、どちらの場合も、正しい文法とスペルでメッセージを送信する必要があります。これは、他の人と効果的にコミュニケーションをとるための5つのヒントのうち最も重要なものの1つです。つづりや文法上の誤りのあるメッセージを送信することは、正確性に欠ける人とみなされる可能性があります。したがって、これに対抗する最善の方法は、送信するすべてのメールを再確認することです!念のため、複数回チェックすることもあります。たくさんのエラーメッセージを送信するよりも、一つの正確なメッセージの作成により多くの時間を費やす方が適切です。

また、 Grammarlyのようなプラグインをダウンロードすることでスペルチェックや文法の訂正も効率的に行うことができるでしょう。

ボディーランゲージを効果的に使用する

もう1つのコミュニケーションは、口頭でも書面でもまったくなく、ボディーランゲージです。たとえば、ボディランゲージを使用する場合、無理をしないことが重要です。プレゼンテーション中にボディーランゲージを使いすぎたり、誰かに話しかけたりするだけでも、聞き手が興味を失ってしまう場合があるからです。ですから、人と話すときやプレゼンテーションするときは、最小限のボディーランゲージをするようにしてください。これにより、他の人があなたとあなたが伝えようとしている情報に集中できます。ボディーランゲージで役立つことができることの1つは、ポインティングです。たとえば、チャートを含むプレゼンテーションの場合、それらをポイントしながら話を進めることは聞き手にとって非常にわかりやすい説明となります。

効果的にコミュニケーションをとるための5つのヒントが得られたので、試してみてください!コミュニケーションを意識することは、人と接するうえで最適な方法です。そのため、できるだけ上記の技術を身に付け、積極的にコミュニケーション能力を高めていきましょう!

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

他人と効果的にコミュニケーション取るための5つのヒント

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください