カナダでのバレンタインデーの伝統:教室の工作からその楽しみ方まで

現代においてはバレンタインデーは世界中で尊重される伝統であり、それはカナダも例外ではありません。2月14日に祝われ、多くの人々がこの特別な日を愛する人々に愛情を示すためにチョコレートをはじめ様々なプレゼントを贈り合います。

バレンタインデーの歴史

私たちが把握できる限りにおいては、バレンタインデーの起源は古代ローマと当時のキリスト教司教、聖バレンタインの伝説にさかのぼりますが、その現代の祝いは中世の愛の手紙の交換が起源であるとされており、この時期にバレンタインデーは徐々にロマンチックな愛の祝いへと変化し始めました。

カナダでは、バレンタインデーの伝統は19世紀にイギリスとフランスの習慣の影響を受け始まりました。その後、それは人々の間で広く祝われる機会となり、夫婦、パートナー、家族、友人の間でのカード、花、チョコレート、その他の愛情の印としての贈り物の交換するお祝い事として定着しました。

カナダでの祝い方

バレンタインデーを祝う他のどの国と同様に、カナダ人も多様で多文化な北米の風景を反映したさまざまな伝統と習慣で祝います。一部のカナダ人は、挨拶カードを送ったり、特別な外出を計画したりするなど、伝統的なジェスチャーを選択するかもしれませんが、他の人々は愛情を表現するより非伝統的な方法を選ぶかもしれません。冒険的な活動から居心地の良い夜まで、愛情を表現する方法は無限です。

学校でのバレンタインデー

カナダでは、子供たちは学校でバレンタインデーを学び、祝う機会がよくあります。特に多くの小学校では、子供たちがクラスメートや教師への親切や友情、感謝を表現する機会と見なしています。

カード作り

2月14日を前にする数日間、カナダで育った筆者の小学校の同級生たちはこの時期によくカードを書いていました。私たちは大きな紙、色鉛筆、アートルームの面白い形のはさみを使って、自分自身のカードをゼロから作成していました。一部の生徒はバレンタインデーのカードを購入し、クラスに持参してクラスメートに配布していました。授業中のカード作りの活動は、通常、カラフルなデザイン、楽しいメッセージ、絵を特色としており、子供たちが感情を表現する楽しく創造的な方法を提供していました。

活動や工作

私の学校での他のバレンタインデーの活動には、ピンクや赤のリボンで教室や廊下を飾ったり、クラスのパーティー用に焼いたり料理したりすることが含まれていました。私たちはよくクッキーやカップケーキを焼き、オーブンから出したらアイシングやスプリンクルで飾り付けました。さらに、手作りのバレンタインデーの工作を作成して教室の壁に貼り付けたり、テーマに沿ったゲームやパズルに参加したり、ピンクの鉛筆、ハート型の消しゴム、チョコレートなどの小さな贈り物を配ったりしました。

ただのイベントに留まらない、教訓に満ちた時間

多くの教師はバレンタインデーを友情、親切、包摂のテーマを話し合う機会と捉えています。私の学校では、教師たちは他人に感謝を示し、共感や思いやりを実践する重要性について生徒と議論することがよくありました。

年によっては、「親切チャレンジ」に参加し、クラスメートを褒めたり、友達を手伝ったり、学校のスタッフのメンバーに感謝したりするなどの親切な行為を行う活動もありました。これらの行動はホワイトボードで記録され、日の終わりには最もポイントが多い生徒には追加のクッキーまたはカップケーキが贈られました。

今年のバレンタインデーを最大限に活用する方法

2月14日が迫っていますが、計画するにはまだ時間があります。特別な人、友人、または自分自身と一緒に祝っている場合でも、記憶に残る日を作るためのいくつかのアイデアがあります:

  • サプライズを計画する: 特別な人に、彼らが望んでいるもの、または待ち望んでいる体験をサプライズで贈りましょう。朝食をベッドで召し上がってもらったり、手書きの手紙を贈ったり、突然のコンサートや高級なディナーの予約など、小さなジェスチャーでも大きなものでも構いません。
  • 創造的になる: カード、花、チョコレートに飽きてしまったとしたら、プレゼントボックスの外に思考を巡らし、DIY(自分でやる)のアプローチを選択しましょう。思い出に残る写真アルバムや、関係に意味を持つ曲のセレクションなど、個人に合ったギフトを作成しましょう。
  • 共に思い出深い時間を過ごす: これはシンプルです!この日を特別な人と過ごす大切な時間に捧げましょう。
  • 自分を労わる: 一人であろうとなかろうと、この日を自分のために費やすセルフケアの日にしましょう。スパデーを楽しんだり、好きな食べ物やアクティビティを楽しんだり、自分について最も愛し、感謝していることについて考える日にしましょう。

出典:History of Valentine’s Day

引用:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Hide embed-excerpt
Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダでのバレンタインデーの伝統:教室の工作からその楽しみ方まで

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください