カナダ政府が「有害な使い捨てプラスチック」の使用を禁止する公約を発表

以下、6月20日付のカナダ政府からの情報です。

環境・気候変動大臣および保健大臣が、以下を含む使い捨てプラスチックを禁止する最終規則を発表しました。

  • レジ袋
  • ナイフ・フォーク・スプーンなど
  • リサイクルしにくい問題のあるプラスチックから作られた、またはそれを含む食品サービス用食器
  • 耐摩環
  • マドラー
  • ストロー(一部例外あり)

これらの有害な使い捨てプラスチックの製造と輸入の禁止は、例外を除いて、2022年12月に施行されます。また、政府は2025年末までに6つのカテゴリーに属するプラスチックの輸出を禁止する予定であり、カナダは国際的に見ても、世界中で初めてこれを実施することになります。

今後10年間で、この世界最先端の有害な使い捨てプラスチックの禁止により、130万トン以上のリサイクルが困難なプラスチック廃棄物と2万2千トン以上のプラスチック汚染がなくなると予想され、これはゴミ袋100万個分以上のポイ捨てに相当するものです。

カナダは、プラスチック汚染を削減し、生物多様性を保護し、国内および世界中で健全な環境を促進するために、リーダーシップを発揮し、強力な行動を起こすという公約を堅持しています。

この措置は、プラスチック廃棄物と汚染に対処するためのカナダの継続的な包括的アジェンダに重要な貢献をするものです。この措置により、カナダはプラスチック汚染対策における世界のリーダーの一員となり、海洋プラスチック憲章と国連の持続可能な開発目標(SDGs)の公約を達成するのに役立つだろうと述べています。

出典:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダ政府が「有害な使い捨てプラスチック」の使用を禁止する公約を発表

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください