バンクーバーやトロントのファーマーズマーケットへ行ってみよう

多くのカナダ人にとって、地元のファーマーズマーケットで新鮮な食品を買うことは、夏の楽しみの一つです。そこで今回は、生鮮食品とパッケージ食品の違いや、バンクーバーとトロントで開催される今年注目のファーマーズマーケットをご紹介します。

ファーマーズマーケットとは?

ファーマーズマーケットとは、農家や生産者が食材や製品を直接お客様に販売することができる、物理的な小売市場のことです。従来の食料品店やスーパーマーケットとは異なり、ファーマーズマーケットの商品は新鮮でオーガニック、そしてより健康的であると考えられていることが多いです。

ここでは、ファーマーズマーケットで買い物をすることのメリットをご紹介します。

  • 賢く買い物をすれば、お金を節約することができます
    ファーマーズマーケットは値段が高いという噂がありますが、通常、その日のうちに収穫されたものです。ですから、ファーマーズマーケットで買ったオレンジは、電車や飛行機の貨物の中で3日間眠っていた食料品店のオレンジより、ずっと長持ちします。
  • オーガニックの野菜が食べ放題です。
    地元のリンゴ園のリンゴ、地元のブルーベリー農園のブルーベリー、畑で自然に育ったワイルドラズベリーなど、数え上げたらきりがありません。ファーマーズマーケットの食品はたいてい「エコロジー」または「認定オーガニック」と表示されており、どちらの選択肢もとてもヘルシーです。
  • 農作物はより栄養価の高いものになります。
    農園で農産物や食品を育てることは、それ自体が有機的なプロセスなのです。例えば、枝から切り落としたばかりのリンゴは、2日前から棚に置かれていたリンゴよりもずっと栄養価が高いでしょう。
  • ほとんどの場合、化学的な保存料が含まれていません。
    化学物質を散布されたり、手を加えられたりする可能性は非常に低いです。生産者に、どのように作物を育てたか、どのような化学薬品を使用したか(使用した場合)、いつ収穫されたかを尋ねることはいつでも可能です。
  • 二酸化炭素排出量を減らすことで、地球の緑化に貢献します。
    地元で買い物をすることで、二酸化炭素排出量を削減することができます。あるレポートによると、輸入品はスーパーマーケットに到着するまでに何千キロも移動するそうです。また、地元産の食品は包装がほとんどないため、廃棄物もそれほど多くありません。
  • 地元の農家や地域を応援していることになります。
    地元のコミュニティから購入することで、あなたも彼らを応援していることになるのです。つまり、起業家があなたの街の経済を構築し、多様化するのを助けることになるのです。

ファーマーズマーケットは高いって聞くけど…

確かにファーマーズマーケットは、スーパーに行くより高くつくことがあります。しかし、有機農産物を栽培するのは非常に難しく、コストがかかることを覚えておいてください。例えば、肥料や種、その他の設備に驚くほどコストがかかるという事実を、多くの人は考慮していないかもしれません。さらに、農家が自分で畑の手入れをする場合、食材を育てるためのトラクターなどを購入する必要があるため、人件費も高くなります。いつもファーマーズマーケットで買い物をする必要はありませんが、時々訪れても損はないでしょう。

トロントのファーマーズマーケット

  • Evergreen’s Saturday Farmers Market.
    • トロント最大のファーマーズマーケット
    • 地元の食材や旬の食材を多彩に紹介。
    • 年中無休(5月〜11月は屋外、11月〜4月は屋内)。
    • トロントの人々と地元オンタリオ州の農家や生産者を繋ぐ。

場所: 550 Bayview Ave, Toronto, ON (M4W 3X8)

  • St. Lawrence Market (土日)
    • 200年以上前に始まった週末の屋外マーケット。
    • 午前5時開始
    • オーガニックの野菜や果物をふんだんに提供。

場所: 93 Front St. E, Toronto, ON (M5E 1C3)

バンクーバーのファーマーズマーケット

  • Downtown Farmers Market.
    • 最高品質の新鮮な野菜や果物、肉、鶏肉、焼き菓子、地元の職人によるビールなどが手に入ります。
    • 2022年6月1日から10月5日の間、毎週水曜日の午後2時から午後6時まで開館します。

場所: 750 Hornby St., Vancouver, BC (V6Z 2H7)

  • Granville Island Farmers Market.
    • 素晴らしい公設マーケットだけでなく、料理の提供や食に関する小さな贈り物で知られています。
    • 6月から9月までの毎週木曜日、午前11時から午後4時まで開催。

場所: Public Market, 1689 Johnston St., Vancouver, BC (V6H 3R9).

  • Lonsdale Quay Farmers Market.
    • 新鮮な旬の食材を海辺の景色とともに味わいたいなら、このお店がおすすめです。
    • 農産物や食品だけでなく、朝食、昼食、夕食を販売する屋台がたくさんあります。
    • ジャムの瓶から、おいしいマリナーラスパゲッティソース、ギリシャのサラダドレッシングまで、何でも買えます。

場所: 123 Carrie Cates Ct., North Vancouver, BC (V7M 2E4)

出典:Vancouver Farmers Market GuideSaturday Farmers MarketSustainable Shopping: Farmers Market Pros and Cons

元記事:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

バンクーバーやトロントのファーマーズマーケットへ行ってみよう

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next