リメンバランスデーとは?なぜ祝日なのでしょうか?

毎年11月11日午前11時、カナダ国民による黙祷が行われます。この1分間の黙祷は、戦争や紛争、平和構築活動に従事した・現在も国を守るためにカナダに尽くしている230万人以上の勇敢なカナダ人男性・女性を称え、思い出し、振り返るために行われます。今年の「リメンバランス・デー」は金曜日にあたります。

リメンバランス・デーは、第一次世界大戦が終結した日を記念して、1919年にイギリス連邦諸国の間で始まったのが最初ですが、今ではアメリカ、フランス、ベルギー、ポーランドなど、連邦諸国以外の国でも祝われるようになりました。

リメンバランス・デーは、赤いポピーを左胸の心臓の近くにつけて祝います。第一次世界大戦で命を落とした人々への追悼のシンボルとして、世界中の多くの人々がこれを身につけます。ポピーは、第一次世界大戦が終わった後の悲惨な戦場で育ったことを考え、重要なシンボルを保持しているのです。1915年12月、ポピーについて詳しく語る有名な詩が作られました。この詩は、ジョン・マクレーによって書かれた「In Flanders Fields」として知られています。この詩は、戦没者追悼記念日の式典に多く用いられ、この戦争で戦い、死んでいった人々の犠牲を象徴するものとして使われ続けています。

戦没者追悼記念日の全国的な式典は、カナダの首都オタワにある国立戦争記念館で行われます。毎年、カナダ総督が式典を主宰しています。式典には、首相をはじめ、退役軍人団体の代表者、政府関係者、外交官、高官、退役軍人、家族、一般市民など、カナダの他の人物も出席します。リメンバランス・デーは国・法定休日であるため、その日は政府機関や企業も休みとなります。

オタワにいない方は、カナダの全国ニュースネットワークで式典の様子を生中継で確認できます。Facebookでも生中継されます。

出典:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

リメンバランスデーとは?なぜ祝日なのでしょうか?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next