2024年5月1日にカナダの外国人労働者プログラムの一時措置が変更されます

2022年のポストパンデミック経済と超低失業率および求人空白の増加に伴う需要の増加により、一時外国労働者(TFW)プログラムに新たな変更があります。これらの労働力不足を考慮し、プログラムは一連の政策変更が計画されました。 現在の労働市場状況と求人空白の減少に対処するため、政府は一時外国労働者プログラムを調整し、プログラムが規則に従い、カナダに適任な労働者がいない場合にのみ外国人労働者を雇用することを確立を目指すとしています。

2024年5月1日より適用される変更点

新しい労働市場インパクトアセスメント(LMIA)は、以前の12か月の期間と比較して6か月間のみ有効です。これは正確な労働市場のニーズを確保するためのものです。 

2022年の労働力ソリューション・ロードマップに参加したすべての雇用主は、低賃金層の一時外国労働者プログラムを通じての総労働力の削減率を30%から20%に削減しますが、医療および建設部門には例外があります。 雇用主は、カナダに有効な労働許可証を持つ庇護申請者を採用するなど、申請前に可能なすべての選択肢を検討する必要があります。 

さらに、2024年1月1日より、雇用主は一時外国労働者の賃金を年次で見直すことが義務付けられ、彼らの賃金が所属する職業と労働地域の現行レートを反映していることを確認する必要があります。

賃金の見直しにより、これらの見直しは労働者の賃金を増額する場合があります。通常、見直されない場合、賃金は変わらず、見直しによって減額することはできません。 

カナダ政府は労働市場状況を監視し、一時外国労働者プログラムが現在の経済ニーズを反映していることを確認します。カナダ人は常に仕事の機会の優先度が高く考慮されるべきであり、同時にカナダにおける一時外国労働者の権利が保護されることとなります。

出典:Government of Canada

引用:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Hide embed-excerpt
Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

2024年5月1日にカナダの外国人労働者プログラムの一時措置が変更されます

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください