【最新】カナダ移民局が2022-2024年度の移民人数計画を発表しました

前回の記事では、カナダ政府が2021年の移民人数の目標としていた401,000人を達成したことに関してまとめました。2022年2月14日付で、カナダ移民局が2022-2024年度の目標を発表したので、そちらをこの記事で紹介します。

以下の情報はカナダ移民局の発表の引用です。詳細はカナダ移民局へお問い合わせください。

カナダ移民局の発表によりますと、2022年に431,645人、2023年に447,055人、2024年に451,000人の移民を迎えることを目標としているそうです。2022年の内訳を見てみると、

  • 経済的移民が241,850人
  • 家族移民が105,000人
  • 難民が76,545人
  • 人道的支援が 8,250人です。

さらに、経済的/家族移民の詳細を見てみると、以下の通りです:

【経済的移民】

  • Federal High Skilled(Federal Skilled Worker Program, Federal Skilled Trades Program, and Canadian Experience Class)55,900人:これは、PGWP後など、エクスプレスエントリーを通しての移民を含みます
  • Federal Economic Public Policies 40,000人:temporary resident to permanent resident pathwaysなどの一時的なパスウェイプログラムを含みます
  • Federal Business 1,000人:Start-up Visa Program や the Self-employed Persons Programなど自営業者向けです。
  • Economic Pilots: Caregivers; Agri-Food Pilot; Rural and Northern Immigration Pilot; Economic Mobility Pathways Project 10,250人:様々なパイロットプログラムを含みます
  • Atlantic Immigration Program 6,250人:ニューブランズウィック、ノバスコシア、プリンスエドワードアイランド、ニューファンドランド&ラブラドール州対象のプログラムです
  • Provincial Nominee Program 83,500人:通称PNP。州の経済に貢献できる人対象

【家族移民】

  • 配偶者、パートナー、子ども 80,000人
  • 親、祖父母 25,000人

出典:カナダ移民局

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ

お問い合わせの記事

【最新】カナダ移民局が2022-2024年度の移民人数計画を発表しました

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next