【カナダの祝日】ビクトリアデーは何をする日?

ビクトリアデーとは

ビクトリアデーは、カナダの祝日で、毎年5月25日の前の月曜日に祝われます。2022年のビクトリアデーは、5月23日(月)に祝われることになります。

現在では、カナダの州のうち、ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州、オンタリオ州、ケベック州の6つの州と、3つの準州のすべてで法定休日となっています。しかし、ノバスコシア州、ニューブランズウィック州、ニューファンドランドアンドラブラドール州、プリンスエドワードアイランド州では祝日でないです。ビクトリアデーはカナダの夏のシーズンの始まりを告げるものだと考えられています。

なぜビクトリアデーという名前なの?

この祝日が「ビクトリアデー」と呼ばれるのは、もともと5月24日にあたるビクトリア女王の誕生日を記念して祝われるようになったからです。1901年、ビクトリア女王の死後、カナダでは、女王が連邦に貢献したことを理由に、毎年5月に女王を祝うことを続けています。

ビクトリアデーは何をするの?

カナダの一部の地域では、ビクトリアデーをパレードやショー、フードフェスティバルなどのイベントで祝います。家族と一緒に集まる人もいれば、友人とピクニックに出かける人もいます。場所によっては、運動会や競技会、軍隊の閲兵式、夜には花火大会が行われることもあります。何をするにしても、ビクトリアデーは楽しみが満載の祝日です。

ビクトリアデーには仕事がある?

ビクトリアデーは祝日なので、労働者は休みを取ることができます(仕事にもよる)。しかし、ビクトリアデーを祝わない州では、労働者に休みを与えない場合もあります。例えば、ノバスコシア州では5月23日は祝日ではありませんが、同州では労働者がこの日を休むことができ、多くの学校が休校となります。しかし、ニューブランズウィック州では、Days of Rest Actに基づく有給の法定休日ではないため、労働者はこの日に休みを取ることができません。

出典:CISM

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【カナダの祝日】ビクトリアデーは何をする日?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    スポンサー
    Previous
    Next
    Previous
    Next