【体験談】体調不良だったのでカナダでビデオ診療してみた

海外で体調不良やけがをすると、どうしたらよいかわからず不安になることがあるかもしれません。この記事では、カナダでのビデオ診療の体験談をご紹介します。(ビデオ診療の宣伝ではないです。)

カナダで突然の体調不良

普段ほとんど体調を崩さないのでカナダで病院に行ったことも数えられるほどしかなかったのですが、先週急に中耳炎の状態になり痛みが引かず困ってしまいました。カナダで病院に行くと言えば、救急でない場合、ファミリードクター(かかりつけ医)のところに行くか、ウォークイン(予約なしでいきなり行くこと)を受け入れているクリニックに行くなどが基本です。コロナの影響によりウォークインを受け入れていないクリニックも多く、私自身はかかりつけ医もいなかったので、どうするべきか悩んでいました。そこで、友人に「ビデオ診療」はどうかとお勧めしてもらいました。

ビデオ診療とは?

ビデオ診療とは、直接クリニックなどに行くのではなく、ビデオ通話で医者と直接お話しし、処方箋(prescription)などを出してもらう診療のことです。新型コロナの影響もあり、多くの病院でもビデオを診療を取り入れているようです。私はその中で、TELUSのビデオ診療を行ってみました。TELUSはカナダの大手電気通信事業者であり、カナダ全土にてネットワークなど様々なサービスを提供しています。

何をしてもらえるの?

私が使用したTELUSのビデオ診療の場合、まず携帯などのデバイスにTELUS Health Mycareのアプリをダウンロードし、アカウントを作成しました。その後、すぐにビデオ診療の予約に移ることができました。昼頃にアカウント作成して予約手続きをしたのですが、翌日の早朝のビデオ診療を予約することができ、早く診断をしてもらいたい人に向いていると思いました。ビデオ診療を行う際には、お医者さんから直接ビデオ通話がかかってきて、10分弱の診療をしてもらい、30分以内には処方箋を出してもらうことができました。処方箋は自分が住んでいる近くの薬局に送ることができ、すぐにその薬局に薬を受け取りに行くことができます。

私は州の保険に加入しているので、無料で診療してもらうことができました(薬代は別途必要です)。同アプリにはヘルスチェックや症状診断などを行える機能もあり非常に便利だと思います。(尚、上記サービスは英語・フランス語のみでの対応となっているようなので、ご注意ください。)

ビデオ診療は、ファミリードクターがいない方や、週末や夜の診療を希望される方、家で診療をしてもらいたい方など、いろいろな人に向いている診療方法だと思います。この体験談が困っている人に役立ちますように!

出典:TELUS

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【体験談】体調不良だったのでカナダでビデオ診療してみた

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください