カナダの住宅事情:家賃の値上げってあるの?

カナダに滞在する場合、様々な方法があると思いますが、その一つにアパートなどを借りる方法があります。日本でも賃料が変更となったりすることがありますが、それはカナダでも同じです。日本では賃料の値上げに上限が無いようですが、カナダでは州によって異なります。

ちなみに家賃の相場は?

カナダの大都市圏は、日本と比較し多少物価が高く、家賃も高い傾向にあります。その分、賃金はカナダの方が高い傾向にあるため、メリットとデメリットを見る必要がありますね。

カナダ国内で賃料の平均金額が一番高いのはブリティッシュコロンビア州のバンクーバー市内になります。1 Bedroom(日本でいう1DKや1LDK)が平均CA$2,240(現在のレートで25万円ほど)となっています。続く2位はオンタリオ州トロント市のCA$2,000(現在のレートで22万円ほど)、3位はブリティッシュコロンビア州バーナビー市(バンクーバー市の隣)でCA$1,960(現在のレートで21万円ほど)となっています。その他のランキングは下記をご覧ください:

  • 4 – ブリティッシュコロンビア州ビクトリア市:CA$1,840
  • 5 – オンタリオ州バリー市:$1,760
  • 6 – ブリティッシュコロンビア州ケロウナ市:$1,750
  • 7 – オンタリオ州オシャワ市:$1,700
  • 8 – オンタリオ州キッチナー市:$1,590
  • 9 – オンタリオ州オタワ市:$1,580
  • 10 – オンタリオ州キングストン市:$1,520
  • 10 – オンタリオ州ハミルトン市:$1,520

出典:CTV

賃料の値上げに関して

上記のランキングでも明らかになっている通り、大都市周辺が賃料が高めとなっています。これはもちろん、土地の値段が年々上がっていることも関係します。そのため、同じ場所に住んでいるとしても、毎年家賃が上がっていくということもありえます。賃料値上げのルールは州ごとに定められており、毎年更新される場合があります。

例えば、上記のランキング上位に位置しているブリティッシュコロンビア州では、2023年に最大2%まで賃料を上げることが出来る、としています。2022年は1.5%、2021年は0%でしたが、これは新型コロナウイルスの影響もあり、2019は2.5%、2018は4.0%が上限となっていたようです。また、上記のランキングに入っているオンタリオ州も2023年は2.5%、2022年は1.2%と、ブリティッシュコロンビア州と同じような数字になっています。州によっては、上限を設けていないところもあります。例えば、アルバータ州は上限を設けていません。

出典:DailyHiveOntarioAlberta

カナダでアパート等を借りる場合、賃貸借契約書をきちんと確認し、州ごとの規則を確かめながら対応していく必要がありますね。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダの住宅事情:家賃の値上げってあるの?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください

    プラチナ・スポンサー